BTC 1.17%
$67,899.58
ETH 0.21%
$3,513.25
SOL 4.42%
$181.12
BNB 0.90%
$600.87
XRP -0.37%
$0.59
DOGE 7.44%
$0.14
SHIB 0.69%
$0.000018
PEPE 1.83%
$0.000012
PlayDoge(PLAY)
プレセール開催中
. 0 min read

DeFiとは?分散型金融について解説

私たちの金融生活を左右する中央銀行や巨大な金融機関の内部で何が起きているのか、ご存知ですか?すべての取引の履歴が記録されていて、私たちは自由に調べることができるのでしょうか?

DeFi

出典:Adobe/ Sashkin

結論から言うと私たちは、どの銀行に行っても、その銀行が行った金融取引の履歴を求めることはできません。金融機関がどのように運営されているかは、一般ユーザーにはほとんど隠されています。金融機関は中央集権的であり、金融取引を行う媒体である当局(この場合は銀行)を信頼しなければならないことを意味します。銀行のような中央集権的な機関は、すべてを一般ユーザーに開示する必要はありません。

すべての金融取引が永遠に記録され、決して変更・改ざんされることなく、誰もが全容を知ることができるということは可能なのでしょうか。可能かもしれないし、不可能かもしれません。しかし、分散型金融の急成長により、信頼性のない金融の世界というこのビジョンは、徐々に広まりつつあります。

ビットコイン:分散型金融(DeFi)のはじまり


ビットコインは厳密には仮想通貨であり、分散型金融アプリケーションではありませんが、DeFiは、ビットコインが2009年に登場した際に生まれた創業者のアイデアによって実現しました。

もし、ある国の全マネーサプライが透明な分散型ブロックチェーンで運用されていたらと想像してください。国民が納めた税金を国のインフラ、軍事、教育、科学などにどのように配分しているのか、また、経済全体がどのようにお金を使うのか、最後の1セントまで、明らかにすることができるのです。

ビットコインが発明されたのが2009年で、2007年から2008年にかけての金融危機の直後だったのは、偶然ではないかもしれません。政府、銀行、企業といった中央当局への信頼が薄れた後、彼らのお金の扱いに対する信頼も薄れました。ビットコインの生みの親であるSatoshi Nakamotoは、世界の通貨との関わり方を変える技術を求めていました。ビットコインは、中央の権威を必要としません。数学、暗号、コードからなる独自のプロトコルによって機能します。

ビットコイン

それはほんの序章に過ぎません。伝統的な金融に対する不信感は、通貨だけに根ざしているわけではありません。金融システムには、ローン、インデックスファンド、デリバティブ、保険など、分散型プロトコルの方が良いと主張するメカニズムもあります。分散型金融とは、単に資産を使って伝統的な金融の仕組みを分散化したものではありません。ビットコインが貨幣を分散化したように、DeFiは今日の金融界を構成するコンポーネントを分散化することを目指しています。

DeFiに参加する


現在の中央集権的なネットワークでは、融資を申し込む際に、あなたの個人情報がすべて公開されています。一元化された金融エコシステムに参加するために、銀行はあなたの過去の口座明細、クレジットスコア、収入、破産を申請したことがあるかどうかを考慮するかもしれません。銀行があなたの能力を判断する際に必要だと考える個人情報を利用して、特定の金融ツールにアクセスできないようにすることができます。銀行が中央権力なのです。

分散型金融では、あなたのプライバシーを解剖する中央当局がありません。エコシステムに参加する能力は、他のネットワークユーザーが使用する類似のスマートコントラクトプロトコルにのみ依存します。このように、あなたのプライバシーは保障されます。必要なのは、DeFiアプリケーション(Dapp)が必要とする資産だけです。必要な融資を処理するための仲介業者や沢山の書類は必要ありません。ブロックチェーン上で即座に認識され、時間とリソースを節約することができます。ブロックチェーン上に構築されているため、特定のDeFiプロトコルは、間違いなく銀行よりも安全です。銀行は仮想通貨を一般的なエコシステムに採用していません。もちろん、DeFiはかなり新しいので、いくつかのプロジェクトはハッカーの対象になる可能性があります。

Dappsは、プライバシーと効率という明らかな利点の他に、自分と同じような他の投資家から分散型の融資を受けることができます。中央当局が存在しないため、他の投資家は流動性プールモデルの当事者となります。例えばCompoundでは、投資家は自分のトークンをプールし、プールの借り手から利息を得ることができます。金利は需要と供給に基づいています。貸し出しプールは常に可視化されるため、借りられるだけのリソースがあるかどうかは明らかです。プールは過大担保に傾き、ローンを借りられるだけのトークンがプールに残っているようになります。

現代の金融システムの基本的な特徴として、貸し出しと借入れがあります。これらは日常生活の中心となっています。学生の教育やビジネスの立ち上げなどでは、ローンを組むことがよくあります。従来の金融では、どうしても融資が必要な場合、車を担保に入れることがありました。分散型金融では、イーサリアムのようなデジタルアセットやDaiのようなステーブルコインを使って借り入れを行うことができます。

伝統的な金融と同様に、CDP(Collateralized Debt Position)が実現しつつあります。中央集権的な世界では、緊急事態が発生した場合、車を売ることになります。しかし、仮想通貨の世界では、資金を投入すれば、担保の3分の2が戻ってきます。いざという時、手持ちの仮想通貨をすぐに清算する必要がある場合、これは非常に有効です。投入したお金の価値が持ち出した担保を下回らない限り、ポジションを放置しても清算されることはないです。

DeFiに関わるのは、意外と簡単です。中央銀行の口座を開設すると、銀行員と話をして口座を有効化し、デビットカードを郵送してもらう必要があります。そして、その際、あなたの個人情報や書類をすべて必要とするプロセスが発生します。

compound.finance

出典:compound.finance

中央銀行の口座を開設するために電話や会議をする代わりに、法定通貨で平均0.07%の金利を得ることになります。Dappsでは、すぐに口座を開設でき、分散化された空間ではるかに高い利回りのオプションを提示されます。

DeFiに参加するには、仮想通貨(通常はイーサリアム(ETH))を購入する必要があります。アプリケーションによっては、USDのような法定通貨に裏打ちされたコインであるステーブルコインを使用する方が良い場合もあります。Dappsが法定通貨に裏打ちされたコインを使用するのは直感に反すると思われますが、イーサリアムなどの仮想通貨はしばしば不安定であり、分散型アプリケーションに使用するためには安定した資産が必要です。ステーブルコインをより広く使用することで、金融の世界を映す分散型の鏡であるはずのDeFiにおいて、ボラティリティが軽減されるため、DeFiスペースは成長することができます。

DeFiのユーザーが望むべきことは、DeFiに資産を置くための保険が充実していることです。1800年代の株式市場の成長を後押ししたもののひとつに、有限責任の導入があります。有限責任であれば、株式市場に資金を投入しても、投資した会社が麻薬カルテルの秘密工作をしていることが判明しても、責任を問われることはないです。同様に、分散型金融が成長するためには、ユーザーを導くためのセーフティネットが必要です。成長し始めたばかりのスペースでは、リスクを取ることが奨励されるべきです。リスクが奨励されればされるほど、エコシステムはイノベーションに向かって突き進み、失敗が緩和されることになります。

DeFiは、プライバシーや効率、アクセスのしやすさなど、これまでアクセスできなかった金融ツールを、多くの人々が利用できるようになる可能性を秘めています。世界銀行の調査によると、世界には銀行口座を持たない人が17億人いると言われています。このように、多くの人が必要だと考える金融手段から切り離されている人たちが相当数いるのです。このことからも、DeFiは世界中の人々を救うテクノロジーになり得ることがわかります。

DeFiのリスク


エコシステムが新しいので、分散型金融は、この分野に参入したばかりの人には複雑に見えるかもしれません。気をつけないと、すぐにお金を失ってしまうかもしれません。MetamaskをDeFiアプリケーションに接続し、取引を開始するのは簡単です。もし多額の仮想通貨を保管する場合は、セキュリティに注意する必要があります。大金を預ける前に、各プロトコルのニュアンスについて知っておくとよいでしょう。

将来的にイーサリアムプロトコルが高いガス料金を修正するまでは、DeFiに投資する価値があるのかどうか疑問に思うかもしれません。結局のところ、イーサリアムは分散型アプリケーションのスマートコントラクトプラットフォームとして最も使われており、どんな取引でも100ドル以上支払わなければならないことが多いです。そこで、ステーブルコインが役立つのです。Vitalik氏と彼のチームが、普通の人がアクセスできるETHの送金方法を見つけるまで、ステーブルコインは、投機的でないタイプのDeFiに対する好奇心を満たすでしょう。

ある種のDeFiプロジェクトが、一部の個人にとって好ましくない側面として、中央集権的な金融機関と密接に関連していることが挙げられます。分散型スマートコントラクトを所有しているのは中央集権的な金融機関なのです。分散型金融と中央集権型金融を組み合わせようとするBinanceは、古いやり方を徹底的に捨て去るべきだと考える人達を狼狽させました。

分散型金融は、現在の中央集権的な世界をブロックチェーンに移行させたいと考えている人たちの興味をそそるはずです。もしかしたら、私たちの金融の未来は、デジタル台帳のネットワーク上に暗号化されるかもしれません。