Green Bitcoin(GBTC)の買い方|特徴や購入方法をまとめて解説

根津栄作
| 0 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

予想して稼ぐプロジェクトGreenBitcoin

Green Bitcoin(GBTC)は、ビットコインの魅力とイーサリアムの環境に優しいアプローチを融合させた新しい暗号資産(仮想通貨)。ゲーム化されたグリーンステーキングにより、持続可能な利益還元を可能としています。

この記事では、GBTCの買い方を徹底解説。初心者向けのステップバイステップガイドで、暗号資産(仮想通貨)GBTCの購入方法を分かりやすく紹介します。プレセールの参加方法についてもまとめました。

Green Bitcoin(GBTC)の購入方法


Green Bitcoin(GBTC)の購入方法は、以下の手順です。

  • ステップ1:仮想通貨ウォレットの準備
  • ステップ2:ETHまたはUSDTを購入
  • ステップ3:ウォレットをプレセール公式ページに接続
  • ステップ4:GBTCを購入
  • ステップ5:トークンの請求

Green Bitcoinの購入方法を紹介します。他のプレセール仮想通貨と同様、GBTCの買い方は公式サイト経由に限られていますのでご注意ください。また、購入には取引所のアカウントまたはウォレットが必須となります。

ステップ1:仮想通貨ウォレットの準備

メタマスクのホーム画面

Green Bitcoinのプレセールに参加するには、まずGreen Bitcoinのプレセールに対応したデジタルウォレットが必要です。MetaMaskは仮想通貨ウォレットの中で最も利用されているウォレット。

また、モバイルアプリとPCブラウザ拡張機能を提供しているため、ウォレットを持っていない方は、メタマスクがおすすめです。Green Bitcoinプレセール参加に最適です。MetaMaskのセットアップは、metamask.ioから行えます。

なお、Green Bitcoinプレセールは、MetaMask以外のウォレットにも対応しているため、他のウォレットを持っている方は、メタマスク以外でもOKです。

ステップ2:ETHまたはUSDTを購入

GBTCの購入には、イーサリアムまたはテザーが必須となります。OKXなどの取引所でコインを購入しましょう。取引所で購入して、ウォレットに送金することも可能です。ウォレットによっては、イーサリアムやテザーを直接購入できるため、ウォレットから購入するのも良いでしょう。

ステップ3:ウォレットをプレセール公式ページに接続

GBTCのウォレット接続画面

Green Bitcoinの販売ページに再度アクセスし、「ウォレットを接続」をクリック。ポップアップが表示されたら、接続を許可するオプションを選択しましょう。その後、手持ちのウォレットを選択し、GBTCと交換する通貨を選択します。

Green Bitcoinプレセールページにアクセスし、「ウォレットを接続」をクリックします。MetaMaskまたはその他のウォレットを選択して接続しましょう。

ステップ4:GBTCを購入

希望購入量を入力し、「GBTCトークンを購入」をクリックします。取引を承認するように求められますので、指示に従って購入を確定します。購入の際、取引手数料が発生しますので注意しましょう。

ステップ5:トークンの請求

購入したGBTCは、プレセールが終了するまでプラットフォームに保管されます。請求期間が訪れたら、公式サイトの「受け取り」をクリックしてトークンを請求しましょう。請求日に関する情報は、公式のX(旧Tewitter)アカウントから確認できます。

  • カードで直接購入:クレジットカードを使ってGreen Bitcoinプレセールに参加することもできます。
  • 購入してステーキング: より高い収益を狙うなら、GBTCトークンをステーキングするのもオススメ。しかし、多くのトークンがステーキングされるにつれて減少します。詳細は、ステーキングダッシュボードをご覧ください。

GBTCの購入方法は、公式サイトでも詳細に説明されています。その他の通貨については、仮想通貨の買い方の記事をご覧ください。

Green Bitcoin(GBTC)とは?


Green Bitcoin(GBTC)とは、人気の仮想通貨ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に触発されたプロジェクト。アルトコインの側面がある一方、エコフレンドリーで持続可能なトークンモデルが特徴です。

GBTCはGreen Bitcoinのネイティブトークンで、ゲーム化されたグリーンステーキングにより受動収入の源となります。ビットコインの価格変動を予測することで報酬を獲得できる仕組み。イーサチェーンを利用することで、エネルギー消費が低いのが売りです。

  • 環境に優しい省エネ設計
  • ゲーム化されたステーキングシステム
  • ビットコインの価格予測を行い、的中させると報酬をゲット

Green Bitcoinの最も際立った特徴は、環境への持続可能性へのコミットメントといえます。環境に優しいPoSメカニズムを採用しており、従来のエネルギー集約型のPoWモデルに依存するビットコインよりも、約1万倍も環境に優しい設計になっています。

PoWモデルから脱却することで、未来志向のプロジェクトであることをアピールする狙いも。記事の続きでは、Green Bitcoinの買い方や特徴を解説します。

Green Bitcoinとプレセール

GBTC売上100万ドル達成を伝える投稿(X)

Green Bitcoinプレセールの購入方法は、仮想通貨2種類とクレカになります。今が買い時とされているのは、将来性のあるコインが特別価格で購入できるためです。

  • 最安値で購入できる
  • プレセールは複数ステージ方式のため、価格は徐々に上昇する
  • 早期購入者は、利益を大きく取れる

プレセールは、数日間隔で価格が上昇する特別な販売形態。新規上場の仮想通貨と異なり、値下がりがないのが最大の特徴です。「GBTCは上場まで最高値を更新し続ける」と言うと分かりやすいでしょう。

トークンの累計売上は、投資判断を容易にする上で最も重要な指標です。Green Bitcoinは110万ドルを売り上げており、販売開始から2ヶ月での100万ドル突破は将来性の高さを物語っています。

GBTCの最新価格は0.492ドル。順調に値上がりを続けており、数日後には更に5%の価格上昇が予定されています。好調な販売成績を支えるのは独自のステーキングシステム。今後2年間にわたって報酬を還元し続けるため、早期購入にさらなるインセンティブを提供。

総報酬額は577.5万枚。現在の価格で270万ドル(3億円)を突破しており、今後の価格上昇によっては10億円以上の利益獲得が狙えます。上場後は購入方法、売却方法が増えるため、柔軟な投資が可能なのも魅力です。

Green Bitcoinのグリーンステーキング


gbtcについての基本説明画面

Green Bitcoinは、最大100%のトークンボーナスを獲得できる「グリーンステーキング」というシステムを導入しています。ビットコインの価格変動に基づいたステーキング報酬システムで、ユーザーはトークンをステーキングし、翌日のビットコイン価格が上昇するか下落するかを予測するというもの。

580万GBTCトークン(総供給量の27.50%)による巨額な報酬プールと、さまざまなステーキング期間に応じた追加ボーナスによって、ステーキングユーザーを集めています。

毎週ステーキングする場合は5%ボーナス、毎月ステーキングする場合は10%ボーナス、6ヶ月間ステーキングする場合は15%ボーナスが付与されるため、コミュニティに長期貢献できるインセンティブできる点がメリットです。

Green Bitcoinのステーキング報酬システムの特徴

  • 最大100%のトークンボーナスを獲得可能
  • ビットコイン価格を予測しながら、報酬を獲得
  • コミュニティに参加して、GBTCネットワークの成長に貢献できる
  • 幅広いステーキング期間に対応した報酬

Green Bitcoinのトークンエコノミクス


gbtcのトークノミクス説明画面

Green Bitcoinのホワイトペーパーによると、プラットフォームには合計2100万トークンが発行され、以下のように分配されます。

  • プレセール (40%):初期段階で大きな割合を割り当てることで、初期ホルダーと共に基盤を固める
  • ステーキング報酬 (27.50%):ステーキング活動を促進し、長期的なトークン価値を確保
  • マーケティング (17.50%):世界的な認知度を高め、知名度を維持
  • 流動性 (10%):中央集権型取引所と分散型取引所に分配し、流動性をつくる
  • コミュニティ報酬 (5%):コミュニティのエンゲージメント促進

Green Bitcoinのロードマップ


Green Bitcoinの今後を占う上で、ロードマップの精査は欠かせません。GBTCは持続可能性とエンゲージメントに焦点を当てた計画立てが特徴で、4つのフェーズからなる将来設計を示しています。

フェーズ1:Green Bitcoinプレセールの開始

仮想通貨ICOが行われる段階です。Green Bitcoinはのプレセールは、手頃な価格でGBTCトークンを提供し、プロジェクト初期の資金基盤とコミュニティ形成に欠かせない要素となります。

フェーズ2:トークンローンチ戦略

Green Bitcoinは、プレセール終了後の目標として、GBTCトークンをトップクラスの仮想通貨取引所(CEX)と分散型取引所 (DEX)に上場させることを掲げています。ここでは、市場の安定性を確保するために、一定量の供給量がロックされます。

フェーズ3:ステーキング報酬とビットコイン価格予測ゲーム

目玉機能であるグリーンステーキングが開始される段階です。ユーザーがトークンをステーキングし、ビットコインの価格変動を予測できるようにする予定。これにより、初期ユーザーの参入を促すだけでなく、コミュニティの成長にもつながります。

フェーズ4:「Predict to Earn 2.0」と今後の革新

Green Bitcoinは将来を見据え、ゲーミフィケーションとエンターテインメントを融合させた「Predict to Earn 2.0」というコンセプトで、ステーキング機能をアップデートさせる予定。ユーザーのエンゲージメントを大幅に向上させることを目的としています。

なお、最新情報について知りたい方は、Green BitcoinのTelegramグループにご参加ください。

Green Bitcoinのポテンシャル・将来性


仮想通貨の将来性を判断する際、そのトークンの特徴、市場動向など、様々な要素を考慮することが大切です。Green Bitcoinでは、以下のような要素が参考になるでしょう。

  • トークノミクスと供給制限: 総発行枚数2100万トークンと、ビットコインの供給上限と同等のGBTCは、希少性による価値上昇が期待できる。また、40%のプレセールや、ステーキング報酬・マーケティングへの割り当てなど、長期的な価値向上を後押しするように設計されている。
  • イーサリアムのPoSによる優位性: 特にPoSへの移行後のイーサリアムブロックチェーン上で動作するGBTCは、トランザクション速度、セキュリティ、そして環境配慮の面で優位性を持っている。
  • コミュニティと普及: 特にパートナーシップやステーキング報酬を通じて、Green Bitcoinがどれだけコミュニティを構築し、関与させることができるかが重要。強力で活発なコミュニティは、価格の安定につながる
  • ロードマップと将来開発: 取引所上場、Predict to Earn 2.0の導入、継続的なアップデートが鍵に
  • 外部要因: 世界経済情勢、最新テクノロジー、投資家心理の変化などの要因も関係する

以上の要素を踏まえつつ、GBTCロードマップの目標を達成できたすると、Green Bitcoinの大きな価格上昇につながる可能性をがあります。Green Bitcoinの価格予想でも、2024年末にはGBTCは1ドルに達する可能性があるとされています。以下、参考情報です。

2024年~2030年のGreen Bitcoin価格予測

  • 2024年末:BTC価格予測プラットフォームとステーキングの立ち上げ後、GBTCは1ドルに達する可能性がある
  • 2025年末:ステーキングの利点とトークンボーナスにより、価格が大幅に上昇するため、GBTCは2025年までに5ドルに達する可能性
  • 2030年末:複数のユースケースと強力なトークンエコノミクスにより、2030年までに10ドルで1000倍の仮想通貨

Green Bitcoin買い方まとめ


2024年現在、ビットコイン価格は過去最高値を更新し史上初の1000万円を突破するなど、強気相場が到来中。当然のことながら、ビットコインに連動するGreen Bitcoinも上昇の見込みが強いです。

そこで本記事では、Green Bitcoin(GBTC)の買い方やプロジェクトの特徴、将来性について解説してきました。Green Bitcoinは環境に優しいPoSメカニズム、ゲーム化されたグリーンステーキングなど、他のプロジェクトとは一線を画す独自の仕組みが目白押し。

GBTCトークンは2024年末までには1ドルに達する可能性が指摘されており、日に日に注目度が高まっています。プレセールに参加することで、リスクを抑えて手堅くリターンを得られるため、おすすめです。ぜひ、GBTCの価格予想ご覧の上、プレセール参加をご検討ください。