Rank #136
MIOTA(IOTA)

IOTA

MIOTA
$0.2287579800
1.79% /24h

IOTA currently traded at $0.2287579800 price, we update this information in real time. Over the past 24 hours it changed from $0.22 to $0.2287579800. Currently IOTA is ranked as #136 in our chart. The total supply of IOTA is 2,779,530,283.00

graph not available

Category

$Best of the best

Market cap

$635,839,729.00

Volume (24h)

$13,041,621.47

Volume/Market cap (24h)

2.05%

Circulating supply

2,779,530,283.00 MIOTA

Total supply

2,779,530,283.00 MIOTA

Max supply

2,779,530,283.00 MIOTA

Fully diluted market cap

$635,839,729.00
MIOTA to USD converter

暗号資産(仮想通貨)MIOTA(IOTA)は、モノのインターネット(IoT)を独自のプラットフォームで構築することを目的としたIOTAプラットフォームのガバナンストークン。IoTデバイス間のマシン・ツー・マシンのトランザクションを即時に処理し、スケーラビリティを向上させ、手数料を発生させないことを目的とした暗号通貨です。

iotaのサムネイル

IOTAとは?

2016年6月に発表されたIOTAプラットフォームは、「Internet of Things Application」の略語であり、その名前自体に主な目的が隠されています。the Internet of Things (IoT)とは、インターネット接続を拡張して、1つのエコシステムの中に多くの物理的なデバイスを含めることを含む概念。IoTは、スマートホームやスマートシティなどの多くのハイテクコンセプトの中核をなすもので、データを交換できる機器を接続することで、業務上の相乗効果を得ることができます。

MIOTAトークンでサポートされているIOTAプラットフォームの主な目的は、IoTネットワークの一部であるデバイス間で、その大きさに関わらず、瞬時に、かつ無条件に取引を行えるようにすることです。これに加えて、IOTAは、不変的なデータ履歴の追跡とコンピューティングリソースの共有を提供しており、最終的には、スマートシティ、エネルギーグリッド、インフラ、金融業界などの決済とデータインテグリティレイヤーとしての役割を拡大する予定。

IOTAプラットフォームは、ブロックチェーン技術に依存していません。その理由は、ブロック、中央台帳、そして実行に必要なマイナーを排除しているからです。IOTAは、ブロックチェーンの代わりに、Tangleと呼ばれる独自の分散型台帳ソリューションを採用しており、ブロックチェーンの欠点である取引手数料の上昇や処理のスケーラビリティを克服することを目指しています。このプラットフォームは、セルゲイ・イヴァンチェグロ、デビッド・ソンテスボ、セルゲイ・ポポフ、ドミニク・シエナーの共同研究で生まれました。

IOTAが実現しようとしていること

IOTAの開発者は、モノのインターネットに焦点を当てているにもかかわらず、自分たちのプラットフォームが、現世代の暗号技術のより広範な目標と一致することを望んでいます。

  • The Internet of Things は、IOTAのような暗号通貨と組み合わせることで、世界経済に利益をもたらす新たな技術。IOTAプラットフォーム上でのマシン・ツー・マシン(M2M)の取引を自動化・効率化することで、すでに世界規模で注目されているモノのインターネット技術の導入を促進します。2019年時点で260億個以上のIoTデバイスが使用されており、製造業や農業施設、輸送ライン、道路、橋、そして店舗や家庭の状況を把握するために様々なセンサーやカメラが使用されているため、日常的な使用がより顕著になっています。IOTAは、これらのデバイスがより効率的な方法でリソースを共有し、最適な配分を行うことを目的としています。

  • IOTAの新しい取引モデルは、マイクロペイメントを中心とした無料で高速な取引を約束するもので、すべてが将来の「機械ベース」の経済の基盤として機能します。IOTAのTangleシステムは、理論的には、より速く、より多くの取引をサポートすることができます。しかし、これらの取引に取引手数料が必要になった場合、the Internet of Things ワーク内のデバイスは、転送される価値よりも高い手数料を支払わなければならない状況になる可能性があります。そこで、IOTAでは、手数料の支払いを完全に排除しました。これにより、IOTAは、水道料金や電気料金などのマイクロペイメントを、年間契約モデルや中間業者に頼ることなく、個々のデバイスで即座に支払うことを約束します。このようにして、個々のユーザーとデバイスの両方が、資源が必要な時に焦点を当てるのではなく、実際に消費した分だけを支払うことになります。

  • IOTAのトランザクションシステムは、様々なブロックチェーンベースのシステムで問題となっているスケーラビリティとセキュリティの問題を解決することを約束します。IOTAネットワークのコンピューティングパワーは、そのエコシステムの一部となるデバイスの数が増えるほど大きくなるように設計されています。IoTネットワークの一部として接続されているすべてのデバイスは、光熱費、帯域幅、ストレージなどのリソースが必要になるたびに購入する必要があるため、短い間隔で行われる数十のトランザクションをサポートする必要があります。これをサポートするために、IOTAのトランザクションチェーンは相互に接続されており、トランザクションが増えれば増えるほど、ネットワークはその増加に対応できるようになっています。また、IOTAのネットワークに参加するためには、常にインターネットに接続している必要はありませんので、電気代やインターネットにかかる費用を節約することができます。Tangleで行われる膨大な量の相互検証は、IOTAを二重支出やその他のセキュリティ問題から保護するはずです

タングルの仕組みは?

IOTAは、標準的なブロックチェーン・アーキテクチャで見られるブロックやチェーンに頼るのではなく、Tangleコンセンサス作成システムの一部としてトランザクションをストリーム化し、「エンタングル」させることで、トランザクション処理を行うというユニークな手法を採用しています。

  • IOTAは、グローバルブロックチェーンの代わりに、DAG(Directed Acyclic Graph)またはTangleと呼ばれる検証方法を採用しています。これに基づき、IOTAプラットフォーム上のM2M取引は、提出された取引が他の2つの先行する取引の検証に依存するという、新しい検証モデルに依存しています

  • トランザクションはノードによって発行され、タングル・グラフと呼ばれる台帳に保存されます。このグラフは、新しいトランザクションが過去の2つのトランザクションを承認することで作られるエッジで構成されています

  • 検証者は、承認のたびに、問題となっている取引をTangleの一般的なメッシュに接続する必要があります。これは、検証のウェブに基づいてコンセンサスが得られることを意味します。時間の経過とともに、各トランザクションは、それを検証したトランザクションと、それを検証する将来のトランザクションの両方にリンクされるようになります

  • 2つのトランザクション間に直接的なエッジがない場合でも、少なくともAからBにつながる有向パスがあれば、トランザクションAはトランザクションBを間接的に承認することができます

  • ジェネシス取引は、他のすべての取引によって直接または間接的に承認されます。タングルが作成されると、ジェネシス取引の一部として作成された関連トークンを持つアドレスが参照されます。それらは他のジェネシス・アドレスに送られます。これに基づいて、IOTAは将来的に新しいトークンを作成する必要性を排除し、その動作モードからマイニングへの依存を取り除きたいと考えています

  • IOTAネットワークに参加するために必要なことは、ユーザーが以前の2つの取引を検証するために象徴的な量の計算を実行することです。その報酬として、将来的には自分の取引が、トランザクションベースの検証の一部として検証されることになります

IOTAプロジェクトは財政的に持続可能か?

トランザクション処理のユニークなfeelessシステム(コストは電気代のみ)を考慮すると、IOTAプロジェクトを長期的に自立させるにはどうすればよいかという正当な疑問があります。

まず、IOTAプラットフォームは、オープンソースの名前を冠したプロトコルで動作しており、安全かつ高度に分散化された方法でトランザクション処理とデータ転送を行うことを主な任務としています。オープンな性質を持つIOTAプロトコルは、開発者によって、現代のインターネットの中心である分散協調型情報システムのためのHTTP(Hyper-Text Transfer Protocol)に相当するものと説明されることがあります。

これにより、IOTA開発者は、自分たちのプロトコルには固有の利益モデルはなく、むしろ共通の情報を共有し、価値を移転するためのルールとして機能していると主張しました。このプロトコルの開発は、IOTA Foundationに委ねられており、IOTA Foundationは、IOTAの普及と将来の開発を担当しています。IOTAプロジェクトは、非営利団体であるため、IOTAコミュニティとそのトークンの寄付に頼らざるを得ませんでした。MIOTAの供給量は固定されているため、プロジェクトの資金は、時間の経過とともに増加するトークンの価値と、企業や個人からの助成金や寄付金に頼ることになります。

MIOTAの可用性とパートナーシップ

IOTAが多様なメーカーのデバイスに対応できるように設計されていることを考えると、このプロジェクトがパートナーシップの構築に力を入れているのも不思議ではありません。2017年にドイツ銀行などから評価を受けたIOTAチームは、2018年には日本の大手電機メーカーである富士通と戦略的パートナーシップを結ぶことに成功。このパートナーシップでは、IOTAの不変性、信頼性、サプライチェーンにおけるデータセキュリティに焦点を当てて、データストレージ媒体としてのIOTAを開発しています。

2019年、IOTAは、さらに別のグローバルプレイヤーであるジャガー・ランドローバーとのパートナーシップを締結し、ドライバーが移動中にトークンを獲得し、支払いを行うことができるサービスを共同でテストすることになりました。ドライバーは、渋滞やポットホールの位置などの道路状況を自動車がナビゲーションサービスプロバイダーや地元の交通局に自動的に報告することで、クレジットを獲得することができます。獲得したトークンは、コーヒーや通行料、駐車場料金、電気自動車の充電などの支払いに利用することができるようになります。

2019年5月現在、トークンの時価総額は8億2,300万米ドルで、2018年初頭に到達した歴史的なピーク値140億米ドルから減少しています。トークンの総供給量は25億個が上限となっています。

取得したMIOTAトークンは、開発者自身が推奨しているIOTAウォレットに保管することができますが、Trinityウォレットも依然として人気のある選択肢です。