Cryptonews https://rapi.cryptonews.com https://v2.cimg.co/p/assets/android-chrome-512x512.png https://v2.cimg.co/p/assets/android-chrome-512x512.png Cryptonews https://rapi.cryptonews.com jp Mon, 21 Dec 2020 13:40:00 +0200 <![CDATA[ビットコインとアルトコインの保有益。ライトコイン(Litecoin)が輝く]]> https://jp.cryptonews.com/news/bitcoin-and-altcoins-holding-gains-litecoin-shines-8660.htm https://jp.cryptonews.com/news/bitcoin-and-altcoins-holding-gains-litecoin-shines-8660.htm

 

Total market capitalization

出典: www.tradingview.com

ビットコインの価格

ハードルに直面する前に、ビットコインには23,000米ドル以上の上昇幅がありました。BTCは、下降修正を開始する前に、23,700米ドル付近で新たな史上最高値まで取引されました。価格は23,000ドルのサポートを破り、22,500ドルを下回りました。価格は現在、上に移動しており、23,200米ドル以上の適切な終値があれば、新たな上昇を開始する可能性があります。下降局面では、最初のサポートは22,500米ドルレベル付近にあります。

 

イーサリウムの価格

イーサリアムも650ドルの抵抗線を上抜け、675ドル付近で数ヶ月ぶりの高値を更新しました。ETHは下方修正され、650米ドルレベルの下で取引されています。下降局面では、630米ドルゾーンがまともなサポートとして機能しています。これ以上の損失が出れば、価格は620ドルに向かって上昇する可能性があります。上向きには、USD 650レベルは短期的な抵抗となっており、エーテル価格がUSD 650ピボットレベルをブレイクした場合、USD 675ゾーンを再訪する可能性があります。

 

ビットコインキャッシュ、ライトコイン 、リップル

ビットコインキャッシュは、300米ドルのピボットレベルの上に落ち着きました。BCHはUSD 330レベルの上で急上昇し、USD 310の上で利益を固めています。主なサポートは現在USD300レベル付近に形成されています。上昇側では、米ドル330レベル付近にブルのための大きなハードルが形成されています。

ライトコイン(LTC)は100.00ドル以上で決済し、110.00ドル以上に急上昇しました。現在のプライスアクションは、USD 112.00とUSD 115.00レベルの上でさらに上昇する可能性を示唆しています。

リップル(XRP)はUSD 0.600とUSD 0.620レベルの上に急上昇しました。リップルはUSD 0.600とUSD 0.620レベルの上に急上昇し、さらに急激に下方修正する前にUSD 0.650以上に急上昇しました。価格は0.600ドル以下で取引されており、0.565ドル付近に多くのサポートがあります。主なサポートはUSD 0.550レベル付近に形成されています。上昇側では、USD 0.620レベルが重要なピボットゾーンとなっています。

他のアルトコイン市場

過去数時間で、ABBC、ZEC、UNI、ZIL、CHSB、SNXを含むいくつかのアルトコインが5%以上上昇しました。逆に、REN、NANO、QNT、WAVESは弱気の兆候を示しています。

全体的に、ビットコイン価格は22,500米ドルと22,200米ドルの上で利益を固めています。もっと下降線があるかもしれませんが、短期的にはUSD20,000を超えてもブルがアクティブな状態を維持するかもしれません。


_____

クリプトカレンシーの売買に最適な価格を検索します。]]>
Mon, 21 Dec 2020 11:40:00 +0000
<![CDATA[DeFi (分権型金融)は規制されることはないのか?]]> https://jp.cryptonews.com/exclusives/分権型金融 規制.htm https://jp.cryptonews.com/exclusives/分権型金融 規制.htm

160億ドル以上がそのプロトコルにロックされているDeFi市場は、注目すべき市場の一つです。

DeFiは、支払いをより効率的にすることで、国際貿易において莫大な可能性を秘めています。DeFiは、他の銀行に代わって顧客にサービスを提供する金融機関であるコルレス銀行(通常は外国の銀行)のような仲介業者を利用する必要性をなくすことができます。DeFi はまた、金融サービスを利用する機会の可用性と平等性の向上にも貢献する可能性がある。

 説明責任がない

しかし、この市場では、技術的な障害が発生した場合、特定の個人や事業体に責任を負わせることは難しい。それは、システムがハッキングされてデジタル資産が盗まれたときのセキュリティ上の問題から、システム全体の崩壊に至るまで、何でもあります。

制裁やシャットダウンが可能な従来の銀行とは異なり、何かが失敗したときに責任を問われたり、責任を取ることができる人は誰もいません。これは、DeFi のアプリケーションが中央の場所や権限から機能や権力を分散させる分散型システム上に構築されているからです。システムに接続されている各ノード(コンピュータ、IP、サーバー)はそれぞれ独自の意思決定を行い、システムの最終的な動作は個々のノードの意思決定の集合体となります。

これは、DeFi トランザクションが一般的にグローバルに運営されているという事実によってさらに複雑になっており、ある国でこのセクターの規制基準が作成された場合、プラットフォームはより厳格ではない国に引き寄せられる可能性があります。また、各国の金融規制の発展段階が異なるため、グローバルな調整という課題もある。英国や米国などの先進国はより強固な規制枠組みを持っていますが、発展途上国のほとんどはそうではありません。

DeFiを規制することは可能なのか?

これらの要因は、分散型プラットフォームが規制され得るかどうか、あるいは世界的な反マネーロンダリングの番人である金融行動タスクフォース(FATF)が設定した暗号産業のルールが十分に堅牢であるかどうかという問題を提起しています。

FATFは、暗号通貨取引所などの集中システムまたは仮想資産サービスプロバイダーのみを対象としています。これらは、顧客がポンドスターリング、米ドル、ユーロなどの不換通貨などの他の資産との間で、暗号通貨やデジタル通貨を取引できるようにするライセンスを取得した事業者です。

このような取引所は、FATFの「顧客を知る」という要件を遵守しなければなりません。FATFの要件は、分散型システム上で発生する金融活動を対象としていません。

中央集権型プラットフォームとクリプトカレンシー取引所を規制するという考え方は、人々がDeFiプラットフォームで取引するためにクリプトを購入し、DeFiプラットフォームを規制しないままにしておくと、クリプト業界全体の規制の全体的な有効性を制限することになります。

分散型アプリケーションのソースコードに組み込まれていない限り、どのようにして規制を実現できるかは難しい。そのためには、ブロックチェーンソフトウェアの開発者との協力が必要です。しかし、開発者はいつでも規制の監視を回避するためにコードを操作することができるので、これは開発者の手に大きな力を委ねすぎているかもしれません。

規制当局はこのようなことを望んでいないかもしれない。規制当局はこのような活動を禁止しようとするかもしれません。EUと米国では、DeFiの運用を禁止する可能性のある法律が提案されています。これには、EUが提案している暗号資産市場(MiCA)規制や、2020年12月に提案されている米国の安定法案が含まれています。

分散型システムを遮断することは不可能ではありませんが、それを実現するのは非常に難しく、政府や規制当局に大きく依存する必要があります。また、IPアドレスへのアクセスを得たり、地元のインターネットサービスプロバイダーと協力したり、システムを利用している人の物理的な位置を特定したり追跡したり、警察を使ってそのようなプラットフォームや活動を効果的にシャットダウンすることも必要になるだろう。1つの管轄区域内の人物を特定して起訴するのは簡単なことではありません。

これにより、これらのサービスを利用する人々を抑止し、違法な手段で利用する人々の数を減らすことができる可能性はあるが、国際的な基準を脅かすことになるため、グローバルな規模で実現することは困難である。

はっきりしているのは、規制当局が技術的な専門知識を身につけ、ソフトウェア開発者を含むより広範なステークホルダーと積極的に関わる必要があるということである。

注目すべきは、DeFiが2017年のイニシャルコインオファリング(ICO)と同様に、主にEthereumブロックチェーン上に構築されてきたことだ。ICOは最終的には詐欺との関連性があるために、フェイズアウトしてしまいました。その将来がどうであれ、DeFiは急成長している業界であり、緊急の規制上の注意を払うに値する。

この記事は、クリエイティブ・コモンズライセンスの下、The Conversationから再掲されています。元の記事

]]>
Mon, 21 Dec 2020 10:49:00 +0000
<![CDATA[ビットコインをマイニングするには?]]> https://jp.cryptonews.com/news/how-to-mine-bitcoins-1318.htm https://jp.cryptonews.com/news/how-to-mine-bitcoins-1318.htm ソロビットコインマイニング:多額の投資を行い、自分でマイニング機器を購入する。この場合、利益のすべてが自分のものになる。マイニングプール:マイナー集団に参加し、採掘リソースを提供するクラウドマイニング:サブスクリプションモデルで、クラウドリソースを利用する

いずれの手法も、すべてのアプローチにはメリットとデメリットがあります。どの手法を選ぶべきかは、マイニングによってどれくらいの収益を、どれくらいの期間で得ようとしているのかによって大きく異なります。より詳細に考えてみましょう。

ソロビットコインマイニングの準備

ソロマイニングは、高額な専用ハードウェアを用いて行います。ハードウェアの価格が急上昇や急降下を繰り返しており、収益性が長年にわたって(ほとんどがネガティブに)変化しているため、よりリスクの高い手法だと考えられています。コストの乱高下の影響は、採掘にかかる電気代にも同じことが言えますが、地域のによっては異なる場合があります。

どのマイニングハードウェアに投資すれば、どれくらいの利益が期待できるのかを概算してくれるマイニング計算機を調べることからはじめましょう。マイニング計算機には、CryptoCompare、Crypto Mining Tools、および同様のプラットフォームがいくつかあります。
これらの計算機は、以下のパラメータを考慮しています。

ハードウェアコストハードウェア効率電気代マイニング難易度ネットワークハッシュパワーブロック報酬のビットコイン価格

購入を検討しているマイニングハードウェアのハッシュレートと消費電力レベルに関する情報を、お住まいの地域の電気代などの他の必要な情報と一緒に入力する必要があります。計算機に入力する情報が多ければ多いほど、結果の評価はより信頼性の高いものになります。国によっては、ビットコインマイニングの投資/利益率のスコアが高い国もある(中国やベネズエラなど)ので、このパラメータはハードウェアを購入する前の初期の検討材料になります。いずれにしても、中国がその安い電力に基づいて世界のマイニング市場を席巻していることを知っておくべきでしょう。

最高のマイニングリグを手に入れる

次にすべきことは、ビットコインのマイニングリグ(採掘装置)の価格の調査です。許容範囲を超えた投資は、どんなゲームにおいても悪手です。

ビットコインを得るにはマイニングするよりも暗号通貨取引所で購入するほうが合理的だとされる昨今。あえて自分でマイニングリグを構築するのなら、マイニングに必要なハードウェアの適切な種類についての広範な知識を持っておくべきです。かつてマイニングに使用されていたCPU、GPU、FPGAは、現在ではマイニング専用にカスタマイズされた集積回路として機能するASIC(Application Specific Integrated Circuit)に追い抜かれています。これらのデバイスの主要メーカーには、Cannaan、Bitmainなどがあり、製品の平均価格は1500ドルから3000ドル以上です。

独立したリグを構築するには、少なくとも以下の点を事前に考慮する必要があります。

リグを設置するのに十分なスペースがあるか?どのマザーボード、GPU、プロセッサ、RAM、ストレージデバイスが価格と性能のバランスでスイートスポットに当たるか?マイニングリグの電力需要を満たすための適切な電源装置はあるか?

これらを整理してはじめて、ビットコインのマイニングソフトウェアを探すことができます。マイニング自体はハードウェアで処理されますが、マイニングソフトウェアはビットコインネットワークとそのブロックチェーンへの橋渡し役です。ありがたいことに、ハードウェアと電源の考慮事項に比べて、ソフトウェアの選択はそれほど難しくありません。人気のある、Bitcoin Miner、BTCMiner、CGMiner、EasyMinerなどを使用しておけばまず間違いありません。

ソロマイニングのメリットとデメリット

ビットコインのマイニングを個人で行うことは、2019年には困難な見通しです。唯一の利点は、マイニングによって得られたものは何でも自分だけのものになることです。しかし、利益を維持するために必要な初期投資は、ASICのような専用のマイニング機器を何百個も購入する必要があるかもしれないことを意味します。さらには、何百ものリグに電気を供給する必要があります。競争相手は他のソロマイナーだけでなく、マイニングプールに参加している人たちも含まれ、彼らに対抗し得るだけの十分な電力を蓄える必要があります。これはより多くの電力を供給するために、換気装置や冷却装置などにも投資しなければいけないということです。

したがって、ソロマイニングを行うための最良の手段は、電気代が安価で、気候の良い地域を用意することです。工業用の冷却装置に莫大な費用がかかるような土地を選んではいけません。

マイニングプールの強み

マイニングプールに参加することは、ビットコインマイナーになろうとする人のためのもう一つの選択肢です。一般的にはソロマイニングよりも安く、よりアクセスしやすいとされています。マイニングプールは、マイナーたちのグループで、計算処理能力を持ち寄って利益を共有し合う集団です。通常、こうしたプールにメンバーとして参加するには、手数料を支払う必要がありますが、1つのブロックをマイニングするためのコストは、ソロマイニングに比べるとごくわずかで済みます。同時に、プールに参加することで、リグの採掘能力の面でも、電気量の面でも、負担はかなり小さくなります。

プールのメンバーは、採掘したビットコインを自分たちの間で共有することに同意するので、定期的にBTCを得ることがより実現しやすくなります。マイニングプールに参加するにはいくつかの条件がありますが、その中にはソロマイニングと同じような条件も含まれています。

マイニングリグへのアクセス機能的なマイニングソフトウェア冷却ファン電源ユニットビットコインウォレットインターネット接続

プールでは通常、マイニング計算機に加えて、ユーザーがプールのWebウサイト上でウォレットのアドレスを入力することで、管理しているマイニング量を確認できる専用のインターフェイスへのアクセスを提供しています。

プールに参加する際の注意点

個々人のマイニングのニーズに応じて、最適なプールを選ぶ必要があります。マイニングプールを検討する際は、次のような観点を考慮しましょう。

プールのサイズ:プールが大きいほど、採掘力が高まるため、BTC報酬を受け取るチャンスが増えます。ただし、プールのメンバーの数も多いため、受け取る報酬の額は小さく分割される傾向にあります。小さなプールの場合は逆で、報酬獲得の頻度が低くなる代わりに、報酬額は大きくなることが期待できます。

手数料:プールは、インフラを提供したり、マイニングを組織化したりするための手数料を請求します。これは通常、あなたが得る利益からカット(パーセンテージ)を取る形で、自動的に差し引かれます。通常のカットは、1%と3%の間に設定されています。短絡的に低料金のプールを選ばないようにしましょう。ゼロ手数料を約束するものについては要注意です。事前にそれらを二重にチェックしてください。

最小の支払い額:
資金引き上げできる最小量のビットコインを指します。早く収益を上げたいのであれば、最低支払額が低いプールを選択することをおすすめします。

いずれの基準においても、AntPool、スラッシュプール、BTC.com、F2Poolなどのプールは人気です。詐欺を避けるためにも、設立間もないプールに参加する際には、よく調査する必要があります。常識と照らしわせながら、よく考えて判断しましょう。

クラウドマイニング

ビットコインマイナーになるための3つめの選択肢は、クラウドベースの採掘プラットフォームの使用です。BTCをマイニングするデータセンターで処理能力を購入する手法です。採掘するために高価な機器に投資する必要がないため、初期投資が小さいのが利点です。データセンターから手数料を請求されるため利益は減りますが、投資に対するリターンは保証されています。いずれにしても、詐欺に遭わないためにも、クラウドマイニングソリューションを選ぶ前に、ユーザーの声を調査しておくことをおすすめします。

多くのユーザーは、ソロマイニングやプールでのマイニングのように自分でリグを構築する手間をかけるよりも、クラウドマイニングの方を好むかもしれません。クラウドマイニングなら、機器の故障を心配する必要も、アップグレードする必要もありません。ここまでの内容がむずかしく感じる人には、クラウドマイニングだけでも覚えておくといいでしょう。もっとも初心者向きなマイニング方法ですから。

]]>
Mon, 21 Dec 2020 10:23:00 +0000
<![CDATA[ビットコインを買うには?]]> https://jp.cryptonews.com/news/how-to-buy-bitcoin-1316.htm https://jp.cryptonews.com/news/how-to-buy-bitcoin-1316.htm 取引所の選択についてはこちらをご覧ください)では、現金、クレジットカード、PayPalなどを使ってビットコインを購入できます。また、商品やサービスを販売し、ビットコインで支払ってもらうことで手に入れることもできます。

もし現金払いでビットコインを購入したい場合は、ビットコイン専用ATMからも購入できます。ATMはまだ数が少ないですが。

ビットコインのATMマップ(出典:CoinATMradar.com)

初心者向けのビットコイン取引所を挙げると以下のようなものがあります。

eToroSwitchereCoinbaseBinanceKrakenPoloniexBC Bitcoin

取引所経由でビットコインを購入する場合、すぐにプライベートウォレットを手に入れる必要はありませんが、特に長期投資をする場合には非常におすすめです。

1,000ドル以上の価値のビットコインを購入する場合は、セキュリティにも最大限気を配りましょう。LedgerやTrezorのような安全なハードウェアウォレットを取得することを検討してください。


 

あなたの地域でビットコインを購入するには?

日本で(またはインドで、中国で、米国で等々)ビットコインを購入する方法は?という質問も、よく聞かれることの1つです。まず、あなたの国に規制があるかどうか、すなわち、ビットコインを購入することが合法かどうか、そして、上記の方法のうちどれがあなたにとって最も便利かどうかを調べる必要があります。

そのためのオンラインツールもあります:例えば、"カナダでビットコインを購入する方法 "と入力すると、あなたが利用可能な取引所を示すウェブサイトに移動します。

暗号通貨の買い方には、どれも長所と短所がありますが、取引所は最も自由度が高い方法です。ビットコインを少額分(日本円で2,000円ほど)から購入することができますし、数百万円分を一気に交換することもできます。会社や団体を通さず個人で取引できるので、匿名性の高い取引法でもあります。適用される取引手数料も勘案しながら、最適な価格で購入できる取引所を探してください(こちらのページで取引所のレートを参照してください)。

いずれにしても、BTCを購入するために特定の取引所や販売者を選ぶ前に、彼らが信頼できるかどうかを確認してください。以前のユーザーからのレビューやフィードバックを探すのも1つの手です。


 

取引所経由でビットコインを購入する手順

取引所経由でBTCを購入する流れを要約すると、次のような感じになります。

プライベートのBitcoinウォレットを作成します。お住まいの地域でBTCを購入するのに最適な取引所を見つける。取引所に登録します。入金をします(クレジットカードでの購入には高額の手数料がかかることに注意してください)。取引所の市場でビットコインを購入します。プライベートウォレットに安全に保管する。

このフローは、ビットコインを誰かから直接購入する場合でも、どこかの市場を介して購入する場合でも、またはビットコインATMを介して購入する場合でも同様です。細かなプロセスは異なるかもしれませんが、基本的には同じです。

ビットコインの購入は、新しい技術に触れることができる、とても価値ある体験といえます。銀行ほど便利ではないかもしれませんが、新しい金融パラダイムの中で取引することが何を意味するのか、その一端を感じることができるでしょう。

]]>
Mon, 21 Dec 2020 10:16:00 +0000
<![CDATA[ビットコインウォレットの選び方]]> https://jp.cryptonews.com/news/how-to-choose-a-bitcoin-wallet-1317.htm https://jp.cryptonews.com/news/how-to-choose-a-bitcoin-wallet-1317.htm ウォレットには、ハードウェアウォレット、デスクトップウォレット、モバイルウォレット、Webウォレット、ペーパーウォレットの5つの種類があります。

ハードウェアウォレット 
USBスティックのようなデバイスに秘密鍵を保存するウォレットです。ハードウェアウォレットは、ほとんどがコールドウォレットで非常に安全ですが、デバイス購入費が少しかかるのが難点です。長期間、高額(暗号資産で10万円分以上)の資産を保存するつもりの場合に使うのをおすすめします。

<人気のあるハードウェアビットコインウォレット>

LedgerTrezorKeepKeyBitLox

ハードウェアウォレット「Ledger」

デスクトップウォレット
デスクトップウォレットは、パソコンやノートパソコンにインストールされたソフトウェアウォレットです。デバイスが常にインターネットに接続されている場合、ホットデバイスに分類されます。一般的には安全だと思われていますが、様々なマルウェアやコンピュータウイルスに対して脆弱性があります。

<人気のあるデスクトップビットコインウォレット>

ElectrumJaxxExodusWasabi Wallet

モバイルウォレット
モバイルウォレットはデスクトップウォレットと同様に、ソフトウェアウォレットです。デスクトップウォレットとの違いは、モバイルウォレットはかなり小さく、機能がシンプルなことです。持ち運びに適しているため、外出先での使用に便利です。

<人気のあるモバイルビットコインウォレット>

JaxxBreadwalletExodusElectrumSamouraiWalletMyCelium

Webウォレット
オンラインウォレットと呼ばれ、他の種類のウォレットに比べて安全性が低いかわりに、利便性が高いとされています。Webウォレットには、ブラウザのプラグイン、Webサイトのウォレット、取引所のウォレットなどがあります。

<人気のあるWebビットコインウォレット>

CoinbaseGuardaGreenAddressBinanceXapoRahakott

ペーパーウォレット
ペーパーウォレットは、一般的にはコールドウォレットに分類されます。「紙の財布」という用語は、一般的に公開鍵と秘密鍵の物理コピー(デジタルデータではなく、CDなどの物理ストレージに保存したもの)や紙の印刷を指します。
他には印刷用のデジタルファイルと一緒に鍵のペアを生成するために使用されるソフトウェアを意味する場合もあります。いずれの場合も、ペーパーウォレットはセキュリティレベルが比較的高いとされています。ビットコインのための紙の財布を生成するには、ビットコインペーパーウォレットジェネレータを使用するのが一般的です。

ペーパーウォレットはこのようなものを指します

どのビットコインウォレットを選ぶべきか

以下のような条件が当てはまる方には、Webベースのオンラインビットコインウォレット(別名 "ホット")が適しています。

- 仮に無くしても大きな痛手に鳴らない程度のビットコインしか保存しない
- 便利さ重視
- 無料のウォレットを探している
- プライバシーを気にしていない
- スマホやPCからのWebアクセスを希望している
- 第三者がつくったウォレットの安全性を信頼している
- ウォレットを他の人と共有する必要がある

このような場合には、お使いのスマホにウォレットアプリ(Android用、iOS用いずれもあります)をインストールすると良いでしょう。一方、以下のような場合にはオフライン(別名”コールド”)のウォレットを検討すべきです。

- 大量のビットコインを保管する必要があり、セキュリティが最優先事項である
- 頻繁に使用したり、いつでもどこでもアクセスする必要がない
- 第三者を盲信せず、ご自身で資金を保護したい
- ハードウェアの購入に多少の予算を割いてもいい(一般的には約5,000円から数万円)
- プライバシーを大事にしたい

また、両方のタイプのウォレットを併用するのも良いでしょう。普段はコールドウォレットに保存しておき、支払いや送金に使用する際には必要な分をホットウォレットに移し変えるように運用すると、安全性と利便性を両立させられます。


 

良いビットコインウォレットの見分け方

ビットコインウォレットを適切に評価するために、以下のような点を確認してください。

- ビットコインのみをサポートしているか、他の暗号通貨も保存できるか?
- Webウォレットの場合、アドレスは HTTPS で始まるか?その方が HTTP ウォレットよりも高いセキュリティを提供します。
- 認証はどのくらい安全か?二要素認証(ユーザー名とパスワードと自分だけが持っている情報)を提供しているか?
- マルチシグネチャ機能があるか(複数の所有者がいるウォレットを使用したい場合)?
- HDウォレットかどうか? HDウォレットでは、支払いを受け取るためのビットコインアドレスが取引の度に新しく発行されるため、セキュリティを強化することができます
- ウォレットの提供者を航海しているか? 誰が開発・運営しているかの情報に透明性があるかどうかは重要な指標です
- ウォレットの運営会社は、ウォレットのコードをオープンソースにしているか?
- ウォレットは使いやすいか?
- ウォレットをバックアップする方法はあるか?
- コミュニティはウォレットについてどのような意見を持っているか?Bitcoin RedditやBitcoin Forumなどのフォーラムをチェックしてみましょう。
- ハードウェアウォレットの場合、そのデザイン、ユーザーインターフェース、メーカーの評判、価格も参考になります
- 提供されるサービスに手数料はかかるか? かかるとしたら、何にどれだけかかるか?

ハードウェアウォレット「Trezor」

本記事の情報は、あくまでも一般的な内容のものであることにご注意ください。ウォレットを選択する際には、最新の情報を入手し、慎重に検討する必要があります。

また、ビットコイン財団の公式WebサイトBitcoin.orgも参考になるかもしれません。このサイトでは、選択できるウォレットのリストを提供しています。また、ウォレットがあなたの国をサポートしているかどうかの確認もお忘れなく。

]]>
Mon, 21 Dec 2020 10:15:00 +0000