. 0 min read

NFTを購入すると具体的に何ができるのか?3人の弁護士が語る

ズラトキン・ウォンのフィンテック・知財弁護士であり、シカゴ・ケント・カレッジ・オブ・ローの非常勤教授であるオルタ・アンドニ氏、ペンシルバニア州立ディキンソン・ロー・スクールの客員正教授であり、ポッドキャスト「Tech Intersect」のホストであるトーニャ・エヴァンス氏、スカッデン・アープスの知的財産・テクノロジープラクティスの共同責任者であり、同事務所のブロックチェーン・デジタルアセットプラクティスのコーディネーターであるスチュアート・レヴィ氏が、NFTを取り巻く法的問題を解説します。司会は、Unchained PodcastのホストであるLaura Shinです。

このエピソードでは、次の内容です:

0:00 - Unchainedへようこそ。
1:25 - ノンファンジブル・トークンを法律はどう見ているか。
3:12 - NFTを所有することが、NFTを構成する原資産の権利を所有することと異なる理由。
5:09 - ブロックチェーンがクリエーターに解決する問題。
6:53 - 企業(コンテンツ仲介業者)がNFTをどのように扱っているか。
11:51 - NFTの購入が買い手に与える権利とは。
15:53 - 派生作品、フェアユース著作権法、著作者人格権、そして米国の法律がNFTをどう見ているか。
25:00 - NFTの司法権をどう判断するか。
32:37 - 芸術作品が盗まれ、NFTとして再配布された場合、アーティストはどのような法的手段を取ることができるか。
36:26 - NFTマーケットプレイス間のサービス条件の違いについて。
43:16 - なぜデジタル資産には先買権が適用されないのか。
46:12 - ブロックチェーンライセンスを購入する際に買い手が得るもの。
51:43 - NFTクリエイターはどのように自分の作品を守るべきか。
55:25 - 分割されたNFTが証券であるかどうか。
58:44 - NFTはコンテンツ制作のビジネスをどのように変えるのか。

このエピソードは2021年3月30日に公開されました。