BTC -0.25%
$64,893.90
ETH 2.24%
$3,556.02
SOL -1.42%
$135.86
BNB 2.09%
$600.26
XRP 1.83%
$0.49
DOGE 0.10%
$0.12
SHIB 0.19%
$0.000018
PEPE 7.76%
$0.000011
Sealana(SAL)
先行セール終了間近

ミームコインSponge V2の価格予想|2024年、2025年、2030年

Shunsuke S.
Shunsuke S. | 監修: Yamada
| 7 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。
spongev2-price-prediction

2023年12月に登場した暗号資産(仮想通貨)Sponge V2($SPONGEV2)は、今後数年で価格上昇が期待されるミームコインです。2023年5月に上場し、爆上がりの仮想通貨として脚光を浴びた初代スポンジボブトークン(Sponge V1/$SPONGE)の後継プロジェクトです。

本記事では、2024年注目の仮想通貨SPONGEV2について、当社CryptoNewsの暗号資産アナリストによる価格予想をお届けします。2023年、2025年、2030年と、節目ごとに詳細な洞察をお伝えしますので、ぜひブックマークした上で、投資判断の参考材料にしてください。

Sponge V2の価格予想まとめ


  • 2023年12月〜2024年:スポンジボブトークンV2(Sponge V2)の「ステーク・トゥ・ブリッジ(Stake to Bridge)」をリリース。2023年5月にローンチした初代スポンジボブトークン(SPONGE)は数日で上昇率1500%を記録し、最終的には100倍の仮想通貨に。2024年の予想価格はプレセール価格比100倍(0.0145ドル)。
  • 2025年:Sponge V2は、初代スポンジボブトークンと同じくコミュニティとマーケティング戦略を重視しており、ビットコイン(BTC)価格予想が好調な2025年も、連れ高が見込まれる。SNSを中心にムーブメントを巻き起こすことで、さらに大きな投資リターンが得られる可能性も。2025年の価格予想は現行プレセール価格と比較して、150倍(0.0217ドル)。
  • 2030年:ペペコイン($PEPE)などの有名ミームコインと同様、Sponge V2も長期視点で上昇率は頭打ちか。人気のおすすめ仮想通貨として認識され、緩やかに成長していく見込み。ビットコインの次々回半減期(2028年予定)などの動向によっては、投資すべき草コインとしての需要が見込まれる。プレセール価格比200倍強(0.029ドル)の利益がもたらされる可能性も。

Sponge V2の価格推移


Sponge V2 公式ウェブサイト

Sponge V2(SPONGEV2)は、初代スポンジボブトークン(Sponge V1/$SPONGE)をステーキングすることで得られる最新ミームコインです。上場後の価格高騰が予測されるため、現在のプレセール価格が今後10年間で最安値となる可能性も。

本稿執筆時点でSponge V1をステーキング初回受付は終了し、リンク先のSponge V2公式ページにて購入が可能です。Sponge V1をステーキングして、$SPONGEV2を報酬として受け取れる「ステーク・トゥ・ブリッジ(Stake to Bridge)」は順次リリース予定。

V1の勢いをそのままに、大幅な価格上昇が見込まれます。前述した通り、初代スポンジボブトークンがわずか数日で100倍の成長を遂げたました。短期間で大きなリターンを得たいという人にとって、Sponge V2はおすすめの仮想通貨トークンと言えるでしょう。

ミームコインは価格予想が難しく、ボラティリティ(値動き)が大きいというデメリットも。NFT・メタバースなどを含めた暗号資産市場では、人気プロジェクト第二弾は価格上昇が鈍るケースもあるため、Sponge V1のような100倍の仮想通貨とはならない可能性もあります。

しかしながら、スポンジボブV1・V2は、X(Twitter)やテレグラム、Discord(ディスコード)などのオンラインコミュニティを中心に強固な支持基盤を持ちます。このことは、初代Sponge V1を超える成功を収める可能性を示唆し、結果的に100倍の暗号通貨となる可能性も捨てきれません。

Sponge V2は、公式ホームページからイーサリアム(ETH)、テザー(USDT)、クレジットカードのいずれかを使用して購入できます。購入にはMetaMaskなどの仮想通貨ウォレットが必要となりますので、まだ持っていないという人はリンク先からダウンロード・設定してください。

Sponge V2のプレセール情報まとめ

  • 総供給量:1500億枚
  • Sponge V1をブリッジすることで取得できるステーク・トゥ・ブリッジ(Stake to Bridge)
  • 仮想通貨プレセールを公式ページ上で開催している
  • イーサリアムをブロックチェーン基盤に採用
  • Play to Earnゲーム開発中(Sponge P2E Racer)

Sponge V2の価格予想|2023年〜2024年


Sponge V2 ロードマップ

  • 予想価格:0.0145ドル(100倍)
  • 要因:トークンローンチ、SNSマーケティング、ゲーム開発

Sponge V2は2023年末に注目すべきプレセール仮想通貨です。そのため23年末から24年春にかけて急激な価格上昇が見込まれます。現時点で、$SPONGEV2はSponge V1からブリッジするか、あるいはSponge V1をステーキングすることでしか獲得できないため、希少価値が高まっています。

本稿を執筆している23年12月22日時点、1 SPONGEv2 = 0.000145ドルで取引されています。仮に初代Sponge V1と同様の価格成長を遂げたとすると、トークン価格は24年春に0.0145ドルまで上昇することとなります。

また、順次リリース予定のステーキング機能「ステーク・トゥ・ブリッジ(Stake to Bridge)」も価格を下支えする要因となります。仮想通貨ステーキングを開始した場合、報酬が請求可能となるまでにロックアップ期間があるため、$SPONGEV2の売り圧減少に貢献できます。

上場間際の仮想通貨として注目されるSponge V2ですが、中央集権型取引所(CEX)に上場するタイミングで、さらなる価格上昇が見込めます。仮想通貨ICOや、大規模なマーケティング予算(総供給量の7.5%)を用いた広告マーケティングが下支えとなるでしょう。

これらの諸要因を踏まえると、23〜24年は、長期保有を見据えた仮想通貨のブルラン(強気相場)で買うべきトークンと言えるでしょう。同部ロジェクトではプレイ・トゥ・アーン(P2E)ゲーム「Sponge P2E Race」の開発も進み、仮想通貨市場を盛り上げることが予想されます。

まとめると、Sponge V2はプレセール開始〜ローンチ前後で100倍の価格成長が見込めます。上下する可能性があるものの、話題性の高さとゲーム開発の進展により、上場後も安定した価格成長が期待できるでしょう。

Sponge V2の価格予想|2025年


Sponge V2 P2Eゲーム

  • 予想価格:0.0217ドル(150倍)
  • 要因:社会現象化、インフルエンサー・マーケティング強化、P2Eゲームのリリース

Sponge V2は2025年、成熟期を迎えているものと思われます。ロードマップにおける「ステージ2」に相当し、$SPONGEV2のトークン保有者は1万人に達すると予測されます。さらにP2Eゲームのリリースを迎え、投資家に長期保有のインセンティブを提供するほか、新しいユーティリティも提供することが期待できます。

かねてから仮想通貨上場予定一覧の注目案件と見なされていたSponge V2ですが、この頃には「時価総額1億ドル」が現実的となってきます。大手仮想通貨取引所への上場、P2Eゲームアプリのリリース、社会現象化などが主要因として挙げられます。

また、2024年に控えているビットコイン半減期やビットコインETFの米国初承認などが強気相場を牽引し、2025年も引き続き強気相場が続く可能性も高いと言えます。これらの要因は、Sponge V2の価格予想にポジティブな影響を与えるでしょう。Sponge V2コミュニティの参加者は、定期的にP2Eゲームの報酬が付与され、コミュニティ人口の拡大も見込めるでしょう。

P2Eゲームの報酬としては、総供給量の8%に相当する120億トークンが割り当てられています。2025年の予想価格に基づくと時価で約2億6000万ドルにのぼり、SNSなどを通じて報酬提供が盛んに宣伝される可能性が高いです。Sponge V2は25年、現行価格の150倍(0.0217ドル)に達すると予想します。24年の伸びには及ばないものの、25年もP2Eゲームを中心に大幅増を記録する見込みです。

Sponge V2の価格予想|2030年


Sponge V2トークノミクス

  • 予想価格:0.029ドル(200倍)
  • 主要要因:時価総額1億ドル、大手仮想通貨取引所の人気銘柄に、ゲームアプリのメタバース化

暗号通貨は価格変動が激しい金融商品であるため、10年後の価格予想は困難を伴います。これを前提とした上で、2030年のSponge V2を予測してみました。

2030年になると、SPONGEV2は上場している各大手取引所において、確固たる地位を確立するものと思われます。時価総額1億ドルはもちろんのこと、おすすめアルトコインの代名詞となることが期待できます。Sponge V2は、ミームコインというよりもユーティリティトークンとして扱われるかもしれません。ゲーム開発を継続する他、他プロジェクトとのコラボやブランド化も期待できます。

また、スポンジボブのプロジェクトが巨大化することで、メタバースに進出する可能性も。ゲームは主流メディアと好相性であり、実現すれば動画配信者などによるマーケティングが加速するでしょう。日本を含む世界各国の仮想通貨規制が緩和していく場合、Sponge V2にとっても追い風となりそうです。

上記のことから、SPONGEV2の価格は25〜30年の5年間で数十倍、上昇するでしょう。23〜25年までの上昇幅(150倍)には及びませんが、ゲーム開発や有名インフルエンサーとのコラボを通して、有力コインとしての地位を固めるものと思われます。上記の要因を考慮し、Sponge V2は30年、0.029ドルに達すると予測します。初期プレセール価格から200倍の成長を遂げ、単なるミーム通貨から人気のメタバース銘柄へと進化する見込みです。

Sponge V2価格予想一覧|強気シナリオ・弱気シナリオ別


Sponge V2 マーケティング

Sponge V2の価格予想を、強気シナリオ・弱気シナリオ別にまとめました。初期プレセール価格(2023年12月22日時点)は0.00145ドルです。

強気シナリオ 弱気シナリオ 上昇幅
2023〜2024 0.0145ドル 0.005ドル 100倍(約3.5倍)
2025 0.0217ドル 0.008ドル 150倍(約5倍)
2030 0.029ドル 0.0145ドル 200倍(約10倍)

まとめ


Sponge V2は、これからの躍進に期待できる注目ミームコインです。23年末、仮想通貨市場が盛り上がる中で登場した話題の案件であり、人気を下支えするコミュニティとP2Eゲーム開発による可能性を併せ持った、唯一無二のプロジェクトと言えます。

今回の記事では、$SPOUNGEV2トークンを今後1年で最大100倍に成長し、10年単位で最大200倍の成長が見込める仮想通貨と結論付けました。ビットコインをはじめとする暗号通貨マーケットが、強気相場に入りつつあることも追い風となりそうです。

ただし、運営体制やマーケット動向によっては暴落が起きる可能性もあります。Sponge V2の価格は、本記事で予測した弱気シナリオを下回る可能性もありますので、ご注意ください。

Sponge V2トークンの買い方が知りたいという方は、リンク先の記事をご参照ください。$SPONGEV2プレセールは現在、好評開催中です。興味のある方は、本記事を読んでメリット・デメリットを検討した上で、下記リンクからSponge V2プレセールに参加しましょう。