Zcash、プライバシーコインの設定プロセスの最終メンバーとしてEdward Snowden(エドワード・スノーデン)を発表

エドワード・スノーデン  出典:動画のスクリーンショット、Youtube/Zcash Media

 

プライバシーコインZcash(ZEC)は、米国家安全保障局(NSA)の内部告発者であるEdward Snowden(エドワード・スノーデン)氏が、コインの信頼設定プロセスにおける最後の仮名の参加者であるJohn Dobbertinであることを明らかにしました。

この発表は、映画制作会社37 Lainesの一部門であるZcash Mediaが、「The End of Zcash's Trusted Setup:Who is John Dobbertin?」に収録されているスノーデン氏のインタビューの中で発表されたものです。

Zcashの運営主体であるElectric Coin CompanyのCEO、Zooko Wilcox(ズーコ・ウィルコックス)氏は、「2016年にZcashを始めたとき、強力な暗号化でプライバシーを確保しつつ、偽造を防止するための科学的選択肢は、信頼できる設定プロセスだけでした。」と述べました。

「私は、誠実に行動することを信じられる人を募り、そのために、Edward Snowdenに連絡を取り、オリジナルのセレモニーの6人のメンバーの一人になってもらった。」と語りました。これでようやく、「オリジナルのセレモニーからの最後の秘密、John Dobbertinの正体を明らかにすることができる。」と述べました。

Snowden氏は、ビデオの中で「私がそうしたのは、信頼できる学術的な暗号学者たちが取り組んでいるのを見て、非常に興味深いプロジェクトだと思ったからだ。」と、自らの役割を明かしています。

Snowden氏は、中央情報局(CIA)と国防情報局(DIA)に勤務した元諜報員で、その後、政府の請負業者として働いていました。現在、Freedom of the Press財団の会長であり、暗号の愛好家でもあります。昨年、内部告発者はNFTの売却を通じて、同団体のために約2,224イーサリアムの資金を調達しました。

2013年、連邦検察は、米国の監視プログラムに関する機密情報を漏洩したことに関連して、Snowden氏を3つの重罪で起訴した。同年、連邦裁判所は、Snowden氏が暴露したプログラムは違法であるとの判決を下しました。2013年以降、彼はロシアに居住しています。

10:23(協定世界時)、CoinGeckoで時価総額62位のZECは、151米ドルで取引され、1日で2%上昇しました。1ヶ月で22%、1年で37%下落しています。

____

_____
詳しくはこちら: 
- Zcash Extends Rally After Proof-of-Stake Plan, Twitter Shills
- Binance Regional Head Agreed to Hand Client Data to Russia After Meeting – Reuters

- Privacy-Focused Brave Browser Aims to 'Cut Out' Google With De-AMP
- Central Banks Struggle With Privacy-Related CBDC Headaches