BTC -0.74%
$64,810.92
ETH 2.10%
$3,549.80
SOL -1.84%
$135.14
BNB 1.83%
$599.93
XRP 0.89%
$0.49
DOGE 0.22%
$0.12
SHIB -0.33%
$0.000018
PEPE 6.26%
$0.000011
Sealana(SAL)
先行セール終了間近

YouTubeの暗号通貨チャンネル、個人投資家にとって重要な情報源となる可能性:Delphi Digital社

adobestock

画像引用先:AdobeStock/MR

YouTubeの暗号通貨チャンネルや他のソーシャルメディアプラットフォームは、情報の拡散や個人投資家のセンチメント形成において重要な役割を果たしています。

暗号研究会社Delphi Digital社の最近の分析によると、YouTubeの暗号通貨チャンネルは個人投資家にとって重要な情報源です。

同社が追跡したデータによると、これらのチャンネルの人気や視聴者数は、センチメントインジケーターとして機能し、主要な市場の天井や底を予測する可能性があります。

水曜日のクライアント向けのメモで、Delphi社の研究アナリストであるPriyansh Patel氏は、これらの指標が完璧ではないものの、市場のトレンドと小売参加の影響について貴重な洞察を提供すると認めました。

「人気のある暗号関連YouTubeチャンネルの平均週間視聴数や加入者の増減の関係を分析することで、小売参加に関してさらに詳しい情報が得られるはずです」とPatel氏は述べています。

“完璧とは言えませんが、これらの代替指標を使用することは、市場のトレンドと小売参加の影響に関するいくつかの貴重な洞察を提供します。”

個人投資家、情報入手のためにYouTubeやブログに大きく依存


個人投資家は、多くの場合、最後に市場に参入または市場から撤退するため、投資を決定する前にYouTubeやブログなどの無料で入手できる情報源に大きく依存しています。

したがって、YouTubeチャンネルの視聴者数の増加は、Googleの検索トレンドや投資家のセンチメント調査と同様の逆指標と見なすことができるでしょう。

経験豊富なトレーダーやプロのマネージャーは、個人投資家に焦点を当てたセンチメント指標を、逆説的なアプローチとして利用します。

彼らは、個人センチメントが過度に悲観的なときに買い、過度に楽観的になったときに売る傾向があります。

Delphi Digital社のデータ追跡によると、The Moon、BitBoy Crypto、DataDash、EllioTrades Crypto、Ivan on Techなどの人気チャンネルの週間視聴数と加入者数の変化と、暗号市場のブームとバストのサイクルとの間に歴史的な相関関係が明らかになっています。

例えば、2021年初頭に60,000ドルを初めて大きく超えた際には、「The Moon」と「Ivan on Tech」の両方が加入者数と視聴数で急増しました。

しかし、ビットコインが急速に30,000ドルまで下落すると、これらのチャンネルの指標も同様に下落しました。

個人トレーダーは依然として躊躇


興味深いことに、ビットコインが今年に入ってから70%以上の利益を上げているにもかかわらず、これらのチャンネルはまだ加入者や視聴数で大きな増加を経験していません。

これは、一般の大多数が昨年の厳しいベアマーケットの影響が残っているために、依然として慎重で躊躇していることを示しています。

Delphi Digital社は、Twitterアカウント、SubReddits、ブログ、ポッドキャストなどの人気のあるソーシャルメディアプラットフォームを分析することで、同様の洞察が得られることを示唆しています。

これらの傾向は、さまざまなプラットフォーム全体で集合的に、小売センチメントの包括的な理解を提供し、市場の動きを予測するのに役立つ可能性があります。

また、ソーシャルメディアプラットフォームが偽のプロジェクトを宣伝する詐欺師にとって魅力的な選択肢になっていることも指摘する価値があります。

今年初め、European Consumer Organization (BEUC)は、Instagram、TikTok、Twitter、YouTubeを含む主要なソーシャルメディアプラットフォームがデジタル資産に関連する詐欺を容易にしていると非難する報告書を公表しました。