XRP2.0の価格は31,000%上昇、新しいPepeトークンBEBEは36,000%上昇、しかしサウスパークコインBurn Kennyは1時間足らずで25万ドル上昇、Evil Pepeは次の1,000倍トークン

Yamada
| 3 min read

XRP2.0

新しい仮想通貨$XRP2.0は31,000%上昇し、Pepeブームの最新トークンである$BEBEコインは36,000%上昇しましたが、Burn Kenny CoinとEvil Pepe Coinは次に素晴らしいリターンの機会を提供する可能性があります。

昨日ローンチされたXRP2.0は、個人投資家に販売されたXRPは有価証券ではないというSECの判事の判決を受け、XRPの価格上昇を利用したものです。

現在DexToolsでトレンドになっているXRP2.0コインは、名前以外はXRPに似ていません。

巨大な強気相場が続く可能性は低いが、ボラティリティが高いため、今日の高値から下げてもトレーダーを引きつけることができるかもしれません。

XRP2.0の主なセールスポイントは、テキストから画像へ変換するAIボットです

XRP2.0

$BEBEコインが新しいPepeをもたらす


一方、BEBEコインはストレートなミームコインで、「Pepeコインの最新作」と自称しています。

$BEBEコインの魅力は他にあまり見あたらないこと、あるいはマーケティング費用や手腕のなさを物語っているのかもしれません。黄色を基調としたウェブページにはティッカーと連絡先が掲載されていますが、それだけです。

しかし、トークノミクスは健全に見えます。DexToolsによれば、このコントラクトには取引税やブラックリスト機能はなく、DEXTスコアは99/99、コミュニティ・スコアは80/20です。

両仮想通貨の最初の成功が示しているのは、2.0バージョンとPepeの両方のテーマで、新しいコインのローンチに対する市場の意欲がまだまだ高いということです。

BEBEは現在DexToolsで注目のペアです

BEBE/WETHチャート

7月21日に買うべきベスト仮想通貨 – Burn Kenny ($KENNY)コインとEvil Pepeコイン ($EVILPEPE)


トレーダーが特に興味を持つであろう、もう2つの新しいコインは、Burn Kenny($KENNY)とEvil Pepeコイン($EVILPEPE)です。

この2つのコインはXRP2.0やBEBEよりも長持ちする可能性があるため、長期投資家も興味をそそられるかもしれません。

まず、サウスパークにインスパイアされたBurn Kennyはミームコインです。そのプレセールは、1時間足らずで250ドルを調達した後、今日完売し、1、2時間でハードキャップの目標である50万ドルに達するでしょう。

本稿執筆時点で、$KENNYは377,000ドルを調達しています。

Burn Kenny

仮想通貨ミームコインの最新トレンドになる可能性のあるものに参加するための時間は多くありません。しかし、プレセールを逃したとしても、このコインは本日中に分散型取引所Uniswapに上場する可能性が高いです。

Burn Kennyは、上場開始から24時間後に、3日間に供給されるトークンの30%が燃やされるように設計されています。

仮想通貨の専門家たちは、$KENNYが上場すればすぐに高騰すると予想しています。ウォレットに資金を準備し、接続できるようにしておきましょう。

記事はFinboldCointelegraphCryptoPotatoCoingape、Cision newswireに掲載され、さらに多くのウェブサイトがこのトークンを取り上げています。

ある仮想通貨専門家は、KENNY購入者にはかなりの投資収益があると予測しています。

Burn Kennyコインのサイトへ行く

$EVILPEPEがPEPE2.0を打ち負かす


次に高いリターンを期待できるのは、Pepeコインブームに新たに加わったEvil Pepe Coinです。

多くのPepeの模造品がある中で、このようなアプローチをとる仮想通貨は他にないです。

PEPEコインは仮想通貨業界にその名を刻み、今や6億ドルを超える時価総額を誇っています。しかし、PEPE2.0も波を起こしています。下のチャートが示すように、6月下旬のローンチ以来、514,000%も急上昇しています。

PEPE2.0/USDチャート

$EVILPEPEも同様のリターンに向かっています。Evi Pepe Coinはハードキャップの目標額$1,996,002のうち$175,453を24時間以内に調達しているため、このコインの購入希望者にとっては時間が最も重要です。

このコインは、$SPONGEと同じチームから生まれたと考えられており、また、プレセールでこれまでに1600万ドルという素晴らしい資金を調達したWall Street Memes($WSM)ミームコインにも関連しています。

ミームコインはブランドとマーケティングが全てであり、このチームは成功に必要な要素を全て備えているように見えます。

このコインはすでにCryptoPotatoCoinGapeTechopediaFinbold、The Financial Expressなどで紹介されています。

Evil Pepe Coinのサイトへ行く

免責事項:仮想通貨はリスクの高い資産クラスです。本記事は情報提供を目的としたものであり、投資アドバイスではありません。資本を失うリスクを忘れないようにしましょう。