人気トレーダーがビットコインをアウトパフォームしそうだというXRPの価格予測

Simon Chandler
| 3 min read

XRPの価格チャート

出典:TradingView

仮想通貨市場全体が1%下落しましたが、XRPの価格は過去24時間で2%上昇し、0.536380ドルまで上昇しました。

リップル社のSECとの法廷闘争への期待が高まる中、XRPは過去1週間で11%上昇し、過去30日間では15.5%の上昇を記録しました。

また、年初からすでに57%値上がりしており、アナリストの間では、今年はビットコイン(BTC)や他の主要仮想通貨を上回る成績を収める可能性があるとする見方が強まっています。

もちろん、リップル社が前述の裁判で肯定的な判決を得るかどうかによりますが、もしそうなれば、XRPは2023年にトップ100の仮想通貨の中で最高の成績を出すことは間違いないでしょう。

人気トレーダーがビットコインをアウトパフォームしそうだというXRPの価格予測


当然のことながら、XRPのチャートは、コインの取引量が今日14億ドルを超えて上昇し(昨日の6億ドルから上昇)、今、強さと勢いがあるコインであることを示しています。

XRPの価格チャート

出典:TradingView

XRPの相対力指数(紫)は、昨日の80から低下したものの、50以上を維持しており、引き続き買い需要を保持していることがわかります。

同様に、アルトコインの30日移動平均線(黄色)も200日平均線(青色)を上回って上昇を続けており、これも勢いが持続していることを示しています。

つまり、XRPの現在の上昇はまだしばらく続く可能性があり、サポートレベル(緑色)も、これまで以上に高いレベルを中心に固まり続けていることを明らかにしています。

しかし、XRPが期待されているのは短期的な部分だけではありません。リップル社は、今後数ヶ月でSECとの裁判に終止符が打たれることを期待しています。

実際、リップル社のCEOであるBrad Garlinghouse氏は、最近のインタビューで、この裁判は数週間で終結するのではないかと述べており、ここ数日、数週間でXRPが好調である一つの理由です。

先週は、リップル社を提訴する前に、SECがXRPは証券ではないという旨の法的見解を得ていたことを示す文書が共有されたことも、XRPのパフォーマンスを説明する材料となっています。

このような情報は規制当局の訴えをさらに弱め、一部のコメンテーターは、XRPがリップル社から最初にアルトコインを購入したときに利益を得るという合理的な考えを持っていたという主張を含む、多くの重要な主張を証明できていないと指摘しています。

こうした動きを受けて、一部のアナリストは、XRPは今年最もパフォーマンスの高い主要仮想通貨の1つになると予想しています。

Twitterで「@CryptoKaleo」のハンドルネームで知られるアナリストの一人は、XRPが、すでに今年最も上昇した主要コインの一つであるBTCを上回るだろうとさえ示唆しています。

もしリップル社が本当に有利な略式判決や和解を獲得した場合、XRPは裁判の終結後の数週間で1ドル以上に上昇する可能性があることは間違いないでしょう。

そこから、年末までに2ドルまで上昇し、2024年にさらに高い水準に達し、強気相場になる可能性があります。

XRPを購入する

もう一つのポテンシャルの高いアルトコイン


現在、XRPを取り巻く環境はポジティブですが、リップル社がSECとの裁判に勝利することは、まだ未確定です。

このため、トレーダーによっては、他の有望なアルトコインに分散投資してヘッジすることを好む場合もあります。

これにはプレセールトークンも含まれ、中には取引所への上場後に大化けする可能性のあるものもあります。

例えば、ecoterraはEthereumベースのrecycle-to-earnプラットフォームで、ネイティブECOTERRAトークンのプレセールで460万ドル以上を調達しています。

Ecoterraのプラットフォームは、今年後半にローンチされる予定で、ユーザーは、参加するリサイクルポイントで家庭ゴミをリサイクルすると、ECOTERRAやNFTといった報酬を受け取ることができます。

さらに、ecoterraは、再生可能エネルギーの利用を証明することでユーザーに報酬を与え、カーボンオフセットマーケットプレイスを組み込み、カーボンクレジットをNFTとして取引を促進しようとしています。

このようなユニークな特徴により、多くの投資家がecoterraのプリセールに参加しています。現在第8ステージで、1 ECOTERRAを0.00925ドルで販売しています。

これは23日後に0.01ドルまで上昇するため、トレーダーがECOTERRAを安い価格で購入することができる時間は限られています。

しかし、そのプラットフォームがいかに有望であるかを考えると、今後数週間のうちに取引所に上場すれば、さらに高騰する可能性もあります。

ecoterraへ行く