モンテネグロ中央銀行がリップルとのCBDC整備を計画する中でのXRP価格予測

Yamada
| 3 min read

XRPの価格予測

時価総額260億ドルの世界第6位の仮想通貨であるXRPは、24時間で3.3%下落し、0.50ドルで強いサポートを求めています。

3月に0.5853ドルのレベルで拒否されたばかりで、現在は0.50ドルより少し上で取引されています。

今、XRPはどこに向かっているのかに注目です。

XRPの価格は1ドルを目指す


XRPは、2つの結果があり得る岐路に立っています。

0.50ドルのサポートをそのまま維持すれば、強気派が有利になり、0.55ドル、0.65ドル、0.85ドルの供給ゾーンに再び大規模な攻撃を計画できるようになる可能性が高いです。

発行元のリップル社と米国証券取引委員会(SEC)との訴訟の略式判決が間近に迫る中、投資家がポジションを予約したため、3月のXRP価格は例外的に好調に推移しました。

リップル社は裁判の過程でかなりの数の動議を獲得しており、5月6日までに予想される略式判決を前に、投資家の間で楽観論が急上昇していることを示唆しているのかもしれません。

リップル社の勝利はXRPの勝利であり、特に米国からの規制圧力の高まりに直面している、仮想通貨業界にとっても勝利となる可能性があります。

そのため、略式判決を受け、XRP価格は上昇することが予想されます。

ISECが勝訴した場合、法律の専門家によると、リップル社は判決を不服として、長い法廷闘争になる可能性があるといいます。

XRPの価格予測

XRP/USDデイリーチャート

一方、日足チャートでは綱引きが激化しており、前述のように0.50ドルがサポートされ、XRPの1ドルへの上昇トレンドが維持される可能性が高いです。

XRPの0.5ドルでの最近の休止は、1ドルを目指す動きを続ける前に流動性を回収する兆候かもしれません。これは、100日指数平滑移動平均線(EMA)がより長期の200日指数平滑移動平均線(EMA)を上回ったときにゴールデンクロスを形成したことでより確信に近づいています。

XRPはまた、50日EMAを含むすべての適用された移動平均線の上で快適に取引されています。

しかし、売りシグナルが目立つ移動平均収束線(MACD)が示すように、XRPの価格が0.50ドルの需要領域を下回った場合、潜在的な下降リスクが存在します。

モメンタム指標が0.00の平均線に近づくにつれて、大幅な価格調整の可能性が高まります。

XRPの次の重要なサポートレベルは0.45ドルで、これは50日EMAとも重なります。

モンテネグロ中央銀行、デジタル通貨でリップル社と組む


モンテネグロ中央銀行(CBCG)は、ブロックチェーンスタートアップのリップル社と、同国初のデジタル通貨の開発・試験運用に向けた戦略を策定する契約を締結しました。

モンテネグロは、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を持つことは、金融の包括性とアクセシビリティの未来を支えることはもちろん、国民にとっても経済のデジタル化に向けた大きな一歩になると考えています。

「モンテネグロ中央銀行は、金融インフラに次のレベルのデジタル変革をもたらし、金融包摂を含む世界最大の金融課題に取り組んでいます。」と CBCGは声明で述べています。

CBDCは、一国の中央銀行によって発行され、裏付けされたデジタル通貨の一種です。決済システムを近代化・デジタル化し、現金の印刷や効率化、コスト削減を実現できる可能性があります。

CBDCやsovereignステーブルコインの現実的な有用性を見極めることから始まり、モニター環境下での流通や利用をシミュレートする仕組みを考案するなど、さまざまなフェーズを経てプロジェクトを進めていきます。

XRPを購入する

XRPの代わり


XRPに加え、将来性の高い仮想通貨プロジェクトをお探しの方のために、Cryptonews Industry Talkチームは2023年のトップ15仮想通貨を分析し、リストアップしました。

このリストは毎週更新され、新しいアルトコインやICOプロジェクトが含まれています。

免責事項:Industry Talkのセクションは、仮想通貨業界のプレーヤーによる洞察を掲載しており、Cryptonews.comの編集内容の一部ではありません。