10億ドルの取引量に入ったXRPの価格予測:訴訟結審を前にクジラが蓄えている?

Yamada
| 3 min read

XRPの価格チャート

出典:TradingView

仮想通貨市場全体が0.5%下落する中、XRP価格は過去24時間に1%上昇し、0.490659ドルにまで上昇しました。

リップル社のSECとの長年の法廷闘争に関する期待が高まる中、XRPは1週間で5%下落しましたが、過去30日で5%、過去12ヶ月で61%上昇しています。

この期待感は、XRPの24時間取引量にも表れており、週末は5億ドルに迫る勢いでしたが、本日は10億ドルにまで増加しています。

また、今後数週間以内に予想される、XRPの価格を急上昇させる可能性のある事件の決議に先立ち、一部のクジラがXRPを蓄えている可能性があるとの兆候もあります。

10億ドルの取引量に入ったXRPの価格予測:訴訟結審を前にクジラが蓄えている?


XRPのチャートは、その指標が売られ過ぎの状態から持ち直すのが近いことから、間もなくより大幅な回復を迎える可能性があることを示唆しています。

XRPの価格チャート

出典:TradingView

相対力指数(紫色)は、先週末は30に近い値で推移していましたが、50まで上昇し、徐々に勢いを取り戻していることがうかがえます。

同時に、XRPの30日移動平均線(黄色)は数日前に200日平均線(青色)を下回り、そろそろ再上昇の準備が整うかもしれない位置まで落ちました。

このポジティブな見通しを支えているのは、サポートレベル(緑)が上昇していることで、XRPがこの難しい時期に下がるだけ下がって、回復する準備が整っていることを示唆しているという事実です。

リップル社がSECとの裁判の終結を間近に控えているので、このような見通しはXRPのファンダメンタルズによって確実に補強されています。

さらに重要なことは、最近の動向は、仮想通貨の事業継続とXRPの取引所への上場を可能にするという点で、同社にとって有利な結果を目撃する可能性が高いということです。

特に、最近公開されたヒンマイン文書(2018年に行われたWilliam Hinman氏の有名な「ETH-is-not-a-security」スピーチ)により、SECの職員でさえ、仮想通貨や暗号資産に関する規制当局の指針や発表が混乱していると考えていたことが明らかになりました。

そのため、これらのメールの公開は、証券規制当局から公正な通知を受けなかったというリップル社の主張を裏付けるものであり、XRP投資家が利益に対する合理的な期待を抱いていたことが証明されていないとも主張しています。

このような出来事から、リップル社の状況はかなり有望であり、もし同社が望むような結果を得ることができれば、XRPは確実に上昇するでしょう。

クジラがこの仮定に基づいて行動していることを示すいくつかの兆候があり、最近の1億XRPの転送がそれを示唆しています。
もしリップル社が勝利した場合、XRPは簡単に1ドルに戻り、今年の後半に強気な状況に戻ることで、2ドルへの移行も可能かもしれません。

ファンダメンタルズで高いポテンシャルを持つアルトコイン


リップル社にとって現状は有望と思われるが、まだ数ヶ月は訴訟が終わらない可能性があり、また、良い結果が出る保証もありません。

そのため、リスクを避けるトレーダーは、他の新しいアルトコインにも興味があるかもしれません。今年は、堅実なファンダメンタルズを持つ新規プロジェクトが豊富な年でした。

そのようなプロジェクトの最も顕著な例は、先月プレセールを開始して以来、ネイティブなECOTERRAトークンを510万ドル以上売り上げるという結果を残した、Recycle-to-Earnのプラットフォームであるecoterraでしょう。

Ethereum上で動作するecoterraのプラットフォームは、より持続可能な生活を奨励するための分散型かつ仮想通貨ベースのエコシステムを提供することを目的としています。

これは主に、ECOTERRAのユーザーが参加するリサイクルポイントで家庭ゴミをリサイクルした場合に報酬を得ることで達成されます。

また、同プラットフォームでは、グリーンエネルギーを発電するユーザーに対してNFTベースのカーボンオフセットを提供し、そのクレジットは同プラットフォームのNFTマーケットプレイスで取引できるようにします。

このような特徴から、ecoterraはすぐにエコシステムを構築できる可能性が高く、すでにプレセールに参加した投資家もこの考えを共有しています。

投資家は、ecoterraの公式サイトにアクセスし、ソフトウェアウォレットを接続することでそのプレセールに参加することができ、現在1 ECOTERRAの価格は0.00925ドルとなっています。

この価格は、わずか9日余りで0.01ドルまで上昇しますが、ファンダメンタルズに基づけば、取引所に上場すれば、この価格を上回る可能性は非常に高いです。

ecoterraへ行く

免責事項:Industry Talkセクションは、仮想通貨業界のプレーヤーによる洞察を掲載しており、Cryptonews.comの編集内容の一部ではありません。