06 10月 2021 · 0 min read

WiVテクノロジー、来るべきWiVX DeFiファンドのリードインベスターとなる

免責事項:以下の文章は、Cryptonews.comが作成したものではないプレスリリースです。

Image source: WiV Technology

トークン化されたワイン取引のためのプラットフォームであるWiV Technologyは、WiVAトークンによって統治される1,000万米ドルのDeFiファンドであるWiVXの立ち上げを発表しました。このローンチに伴い、ワイントレーダーは、担保付きの資金調達の機会にさらにアクセスできるようになります。

分散型資金調達ソリューションでヴィンヤードをサポート

International Organization of Vine and Wineによると、2022年までにワインの総販売量は2億8,100万ケース、329億米ドルになると予想されており、年平均成長率は約3%となっています。しかし、従来の市場でのワインの取引は、複雑なプロセスであり、膨大な紙の痕跡、官僚主義、ブローカーなどで曇り、全体的なコストを増加させています。そこで、WiVテクノロジーが登場し、高級ワイン投資のための史上初のブロックチェーンベースのアプローチを提供します。

WiVテクノロジーは、ワインとその関連資産のトークン化という概念を導入することで、ブドウ園、ワイン商、消費者、投資家の間のギャップを埋め、急成長するワイン業界への投資をより早く、簡単に、安価に実現します。ブドウ園所有者、ワイン生産者、ワイン販売者をさらに強化するために、WiVは1000万米ドルのDeFiファンドであるWiVXの立ち上げを発表しました。WiVXは、ネイティブなWiVAトークンによるコミュニティガバナンスを特徴としています。WiVXは、実世界の資産に完全に裏付けられた最初のDeFiファンドの1つとして注目されており、ブロックチェーンや暗号通貨の最良の特徴と、ワイン業界の数十年に及ぶ堅実な業績を組み合わせています。

WiVX DeFiファンドは、WiV Technology社をリードインベスターとして迎えます。このファンドは完全なコミュニティファンドであり、誰もがWiVAトークンを賭けてファンドに参加し、パッシブリターンを得たり、ガバナンス活動に参加したりすることができます。WiVテクノロジーが開発した独自のアルゴリズムは、気象衛星データの分析、過去のトレンドの統計的分析、ワイン業界の専門家による洞察などの要素に基づいて、ファンドに組み入れるのに適したワインを特定し、業界の指標を上回るパフォーマンスを実現します。

WiVテクノロジーの共同設立者であるホーコン・ハーバーグは、「他の市場で認知される前に卓越したワインを特定することが、ワイン投資におけるデータに焦点を当てた我々の先進的なアプローチの動機となります。当社のデータ分析手法と独自の洞察力により、このファンドはリターンを最大化し、他の業界インデックスから独立した存在となるでしょう。また、現物資産をベースにしたDeFiファンドとして開発することで、効率的で透明性が高く、比較的低コストで参加できるようになります。これは、我々のエコシステムであるWIVAに価値を生み出し、この種の投資をはるかに多くの人々に開放するという目標に向けた重要な次のステップです」と述べています。

ブロックチェーン技術でワインファイナンスをシンプルに

ガバナンストークンとユーティリティトークンであるWiVAを搭載したWiV Technologyは、分散型金融(DeFi)商品の世界を取り入れることで、従来のワイン業界を近代化し、新たな投資機会を創出します。

2018年にTommy Nordam JensenとHåkon Harbergによって設立されたWiVプラットフォームは、Polygonブロックチェーンを使用して、ブドウ園で生産された物理的なワインのケースをトークン化しています。それぞれのワインボトルが独自のNFTを受け取るため、誰でも簡単に物理的資産の真偽と所有権を確認することができます。

WiVのユーザーは、改ざん防止のためのIDマーカーの作成やERC-721トークン規格など、ブロックチェーンのユニークな機能を活用することで、ワインの現物を受け取ることなく、投資目的で購入したワインの所有権や出所を特定・保証するためにNFTを使用することができます。