仮想通貨で次に爆発するのは?強気相場が期待される2つのトークンを紹介

Yamada
| 3 min read

仮想通貨で次に爆発するのは

仮想通貨の熱狂が戻ってきました。

Bitcoin現物ETFの承認に対する期待が市場のポジティブな勢いを取り戻している中、Bitcoinは50,000ドルに照準を合わせています。

Bitcoinは現在、優れた投資です。しかし、時価総額の高いこの仮想通貨は、eTukTuk(TUK)やMemecoin($MEME)のような、低時価総額で宝石のようなコインの今シーズンの価格動向には匹敵しないでしょう。

これらのプロジェクトにもっと近い目を向けて、なぜそれらがチャートでトップになる可能性があるのかを見ていきましょう。

1. eTukTuk – AIを活用した発展途上国向けEVエコシステム


仮想通貨のほとんどは、市場での関連性や実際の実装に苦労しています。したがって、実質的なビジョンと高い市場関連性に裏打ちされた仮想通貨に出会うことは困難です。

eTukTukのプリセールへのトラフィックが増加しているのもそのためです。このブロックチェーンのイニシアチブは、5年間にわたる厳格な研究開発の後、市場に参入。そして、発展途上国の公共交通システムをより良いものに変えるという、具体的な現実のミッションに裏打ちされています。

eTukTukが発展途上国の公共交通セクターを重視する理由は複数あります。まず第一に、現在の電気自動車(EV)市場は、発展途上国に住む多くの個人はアクセスできません。

この課題に対応するため、eTukTukは公共交通システムに焦点を絞り、eTukTuksまたは電動トゥクトゥクを通じて対応しようとしています。

eTukTuk

この環境に優しい交通ソリューションは、化石燃料の代わりに電気に依存しています。しかし、その意義は持続可能性だけでなく、コスト効率や安全性にも及んでいます。

前述の通り、eTukTuksの開発には5年の歳月を費やしてきました。この間に行われた広範な研究の結果、eTukTuksは綿密な設計がなされ、必要な部品数の最適化を実現。

また、現地生産を可能にする合理的な設計により、スピード、安全性、全体的な効率を高める仕組みとなっています。加えて、ロールケージ、LFPバッテリー、AIによる誘導システムなど、さまざまな安全機能も統合されています。

これまでにない包括的なアプローチとして、このプロジェクトはブロックチェーン技術を活用した決済システムや、EV専用の充電ステーションのネットワークも導入しています。

eTukTukは、Capital Maharajaという大企業グループや仮想通貨コミュニティのAsiaTokenFundといった業界リーダーとのパートナーシップを組むことで、その存在感を拡大。これによりプロジェクトの足場を広げるだけでなく、仮想通貨ユーザーや投資家の間で、その価値提案に対する認識を高めることも目指しています。

プラットフォームを通じて収入を得る方法は複数あります。ローカルの人々は、eTukTukのドライバーやテリトリーパートナー(充電ステーションの設置や管理を担当)としてネットワークに参加することが可能です。

AIを活用した発展途上国向け

一方で、投資家は長期および短期にわたって、トークンの価値上昇から収益を得ることができます。また、トークン価値の上昇可能性に加えて、魅力的な年利回り(APY)を提供するトークン・ステーキングまたはパワー・ステーキングのオプションもあります。

現在開催中のプレセールでは、個人投資家は低コストで$TUKトークンを取得・保有する機会があります。

2. Memecoin ($MEME) – さらなる成長余地を秘めた爆発的なミームコイン

$MEMEは、今シーズン最もセンセーショナルな仮想通貨の一つです。

その名前はいかにもシンプルで、価値提案はよくて平均的ですが、$MEMEは引き続き投機的な投資家からの注目を集めています。

$MEMEの市場価値は、今月初めに史上最高の2億5,300万ドルに到達。これに先立ち、Binance、OKX、Bitget、Kucoinなどの主要取引所に上場しました。$MEMEの上場に先立つプライベートセールでは、わずか28時間で800万ドルという巨額の資金が集まりました。BinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏によって共有された、$MEMEのためのBinanceのLaunchpoolもまた、プロジェクトの認知度を広げました。

Memecoin ($MEME)

このコインは数日の間に価値と時価総額を失いましたが、まだ将来性を示しています。プロジェクトは、7日間のウィンドウで22.75%下落した後、勢いを再確立中です。

$MEMEの最近の反発は、Bitcoinが40,000ドルに向かって上昇しようとしていることに起因しています。このトークンは強気な熱狂に乗っており、ミームコインのカテゴリーの最前線にいます。

$MEMEはCoinMarketCapのトップミームコインのリストで、Dogecoin、Shiba Inu、Pepe、Floki Inuに次ぐ5位にランク。さらに、このミームコインは、一般ランキングでは168位という称賛に値する位置を保持しています。最近市場に参入したことを考慮すると、この実績は長期的な市場での妥当性を示しています。

Memecoinの公式ウェブサイトでは、このトークンはユーティリティや金銭的なコミットメントを伴わない純粋なミームベースであると明示されています、農業に焦点を当てたユーティリティ面を活用しています。さらに、Memeland Groupとの連携が、その価格ダイナミクスに大きな影響を与えています。

さらなる成長余地を秘めた爆発的

Memecoinの1年間の価格推移、CoinMarketCap

それでも、ホワイトペーパーは約束から遠ざかっています。それは、$MEMEがMemeland Groupの参下でも商業取引用に設計されていないと述べています。

$MEMEは、そのエコシステムのビジョンを強固で市場に関連するものへと拡大することに成功すれば、数カ月で10億ドルの評価に達する可能性を秘めています。しかし、短期的な値動きは市場のボラティリティの影響を受けやすいです。

このコインがチャートを飛び越える可能性があるように、突然の下落のリスクも持っています。