Web3ゲーム、弱気市場にも関わらず投資家の注目を集め続けている – 最新情報はこちら

Web3ゲーム、弱気市場にも関わらず投資家の

画像引用先:AdobeStock/JulMay

最近の2023年第3四半期におけるWeb3ゲーミングの資金調達額は、前の四半期に見られたものより確実に低いですが、全体的な状況はそれほど悪くありません – 投資家の関心はまだ存在しています。

暗号通貨データ会社のDappRadar社によると、今年の第3四半期は「表面上は穏やかに見えたかもしれませんが、ブロックチェーン業界の下流では感じられるほど活発だった」とのことです。

レポートには以下のように記載されています。

“注目すべき傾向は、Web2の巨人たちがWeb3の領域に断固たる足跡を残している熱心な動きでした。”

DappRadar社が発見したところによると、Web3ゲーミングプロジェクトは2023年第3四半期に6億ドルを確保し、したがって2023年の総投資額は23億ドルに達しました。

Web3ゲーム、弱気市場に

画像引用先:dappradar.com

しかし、実際には、この数字は2022年に見られた資金の30%に過ぎないという事実があります。それにもかかわらず、DappRadar社は、今年増加している独特の市場動向を念頭に置く必要があると主張しています。

レポートでは以下のように述べています。

“関係者がこの分野に大きな潜在能力を見ていることは明らかです。しかし、これが昨年の資金調達活動の30%しか表していないという事実は、外部市場の状況を考慮する重要性を強調しています。”

主要な技術重視のVCファームであるA16zとそのSpeedrunアクセラレーターは、Q3のハイライトとして言及され、ゲーミングと最新技術を融合させたプレシードスタートアップに最大7500万ドルを投資することを目指しています。

DappRadar社はさらに、今年の資金調達トレンドが投資会社に向けて「大きな割り当て」を示しており、1億2500万ドル(20.8%)を受け取り、ゲーム/メタバースが2億1300万ドル(35.5%)、インフラが2億6200万ドル(43.6%)を獲得したと指摘しています。

レポートでは、以下のように主張しています。

“これは、VCがこのドメインの未来に対して持っている信頼とコミットメントを強調しており、彼らが今後のWeb3ゲーミングセンセーションをバックアップする準備ができていることを示しています。”

レポートによると、ブロックチェーンゲーミングセクターは、勢いに陰りが見えながらも、第3四半期において分散型アプリケーション(dapp)の階層でトップの位置を維持しました。

良くはないが、悪くもない


しかし、600万ドルという数字は具体的に何を意味するのでしょうか? 高いのでしょうか? それとも低いのでしょうか? これは、TechCrunch Equity Mondayポッドキャストの10月16日版で尋ねられた質問です。

一般的に、「ゲーミングと暗号通貨は別物である」と、TechCrunch+の編集長であるホストのAlex Wilhelm氏は主張しました。

多くの企業がこれまでの年月でゲーミングに暗号通貨を持ち込むために大金を調達してきましたが、大衆に届くことはほとんどありませんでした – しかし、Axie Infinityのような例外もあります。

では、数字は何を示しているのでしょうか?

DappRadar社の画像が示すように、第3四半期の6億ドルは、今年の第2四半期にWeb3プロジェクトが調達した9億7300万ドルから減少していますが、2022年第4四半期に見られた6億5400万ドルにはまだ近いです。

それほど素晴らしいわけではないが、以前の合計と比較して狂ったほど低いわけではない。したがって、投資家たちはゲーミングとWeb3の交差点に賭け続けている」とWilhelm氏はコメントしました。

結論として、Web3ゲーミング企業は第3四半期に減少を見たものの、全体的に弱気の状況ではないと言えるでしょう。