Voyagerの債権者は、貸し手の従業員への「Retention」ボーナスに「No」を突きつける

Ruholamin Haqshanas
| 2 min read
Source: AdobeStock / Rafael Henrique

 

問題を抱えた暗号資産貸し手Voyager Digitalの債権者は、従業員に「保持賞」を支払うという同社の申し立てに異議を唱え、代わりにコストを減らすために「人員」を減らすべきだと述べました。

Voyagerの顧客で構成される無担保債権者公式委員会は、最近の法的提出書類で次のように述べています。

「債務者の欠陥ビジネスモデルのために何千人もの債権者が基本的な個人支出の支払いに苦労しているときに、債務者は今、すでに十分な報酬を得ている従業員にボーナスを支払おうとしています。」と述べました。

債権者はまた、いくつかの著名な暗号資産会社は、現在の「暗号資産の冬」を生き残るために入札で従業員のどこか20%から30%を解雇したことを指摘し、人数を減らし、費用を削減するための措置を講じていないVoyagerを批判しました。

「明確にするために、前述の企業は、債務者のプラットフォームは、過去7週間のために全くまたは最小限の操作で本質的に凍結されている一方で、通常のビジネスの過程でまだ動作しています。」と債権者は述べました。

8月2日に提出された書類によると、Voyagerは連邦判事に対し、「債務者にとって不可欠な会計、現金およびデジタル資産管理、ITインフラ、法務、その他の重要な機能」を担っているとする38人の従業員に対するボーナス、つまり「重要従業員維持計画」(KERP)用に190万米ドルを承認するよう求めた後に、この申請が行われたといいます。

しかし、債権者側は、ボイジャーは38人の従業員が必要であることを証明する証拠を提供しておらず、彼らは退職の危機に瀕していると述べています。

債権者側は「そのような証拠が存在しないからだ。訴願日以降、債務者の約350人の従業員のうち、自発的に退職したのは12人だけです。」と主張しています。

報告されているように、Voyagerは、暗号資産ヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)の失敗と広範な暗号資産メルトダウンから大規模な損失を被った後、7月に破産保護を申請しました。貸し手はそれ以来、暗号資産取引所FTXとその親会社Alameda Researchから「以前のオファーを超える資産のための複数の入札」を受けています

今月初め、暗号資産貸し手は、8月11日までに米ドルでの現金預金への「アクセスを回復」する予定であると述べました。それは、口座に現金があるクライアントは、24時間以内に最大10万米ドルを引き出すことができるだろうと述べました

一方、同じく破綻した暗号資産金融機関であるCelsius (CEL)は先週、同社が顧客に対する暗号資産債務が約28億米ドル不足していることを示す報告書を発表しました。また、この報告書では、他の費用とともにリストラの過程で1ヶ月あたり平均4600万米ドルのコストがかかっていることが示されています。

____

詳しくはこちら: 
Big Week for Voyager Digital Clients as Cash Withdrawals About to Begin
Voyager Digital Can Repay Customers with USD 270M MCB Holdings, Judge Rules

US Government Bodies Blast Voyager’s ‘False and Misleading Statements’ On Deposit Insurance
FTX Acquisition of Voyager Is ‘Not Necessarily Dead’, Sam Bankman-Fried Says

Why Celsius and Voyager Were More Like Uninsured, Quasi-Banks
How to Spot the Next Celsius Before It’s Too Late