NYSDFSの仮想通貨担当者が民間企業でのキャリアを追求するため退職

Yamada
| 2 min read

自由の女神

画像出典:Pixabay

ニューヨーク州金融サービス局(NYSDFS)の仮想通貨担当副管理官Peter Marton氏が今月末で退任します。

FOX Businessが見た社内メモによると、Marton氏は民間企業での機会を求めて9月29日に職を離れるようです。

メモの中で、NYSDFSのAdrienne Harris監督は、「全米で最大かつ最も有能な仮想通貨規制当局のチーム」を構築したMarton氏の役割を称賛しました。

NYSDFSに入社する前は、IBMの金融子会社でデジタル資産担当ディレクターを務めていました。

約2年間、仮想通貨担当の副管理人を務め、デジタル資産とブロックチェーン技術に関連する主要な政策決定を監督してきました。

Marton氏の職務はBitLicensesのマネージャーだった


NYSDFSは、特に個人投資家の間で1兆ドル規模の仮想通貨市場の人気が高まって以来、国内で最も強力な仮想通貨規制当局の1つとして知られています。

ニューヨーク州で営業するすべての仮想通貨企業は、NYSDFSが発行する仮想通貨プロバイダーの許可証である「BitLicense」の取得が義務付けられています。

Marton氏の職務は、BitLicenseの申請プロセスの管理、試験の実施、BitLicenseの継続的な監督でした。

NYSDFSが過去1年間に承認したBitLicensesはわずか6件しかありません。

同局はまた、マネーロンダリング防止法に違反したとして、CoinbaseRobinhoodを含むいくつかの仮想通貨企業に対して強制措置を取っています。

Coinbaseは1月に同局と和解して1億ドルの罰金を支払い、Robinhoodは2022年8月に3000万ドルの罰金を支払いました。

Marton氏の退任を受け、NYSDFSは後任を探し始めています。

このポジションは現在NYSDFSのウェブサイトで募集されており、応募締め切りは10月9日です。年俸162,868ドルから201,711ドルのフルタイム職です。

「金融サービス省(DFS)は、研究・革新部門の仮想通貨担当副管理官の募集を行っています。」と告知されています。

ニューヨーク証券取引所(NYSDFS)が仮想通貨関連企業に対するさらなる規則を導入


NYSDFSは、仮想通貨取引所FTXの破綻で注目を浴びて以来、いくつかの新規則を導入しています。

今年初め、規制当局は新たなガイダンスを発表し、企業は自社の暗号資産と顧客の暗号資産を分離するよう義務付けました。

この動きは、現在倒産している仮想通貨取引所FTXとその取引部門であるAlameda Researchの間で資金の混同があった事件の後に起きました。

NYSDFSは4月、BitLicenseを保有する企業に対し、保険会社や銀行と同様の評価手数料の支払いを義務付ける新法も可決しました

この法案によって、デジタル資産会社は保険会社や銀行と同じ扱いを受けることになりました。