USDT発行者TetherがPaolo Ardoino氏を新CEOに任命 – 何が起きているのか?

USDT発行者TetherがPaolo Ardoino氏を新CEOに任命 - 何が起きているのか?

画像引用先:AdobeStock/piter2121

市場評価で最大のステーブルコインを運営している会社であるTetherは、新しい業務計画を立てる中で、Paolo Ardoino氏をそのリーダーとして任命しました。

Ardoino氏は、2017年から同社の最高技術責任者(CTO)として活動しており、2023年12月に新しいCEOとしてJean-Louis van der Velde氏の後任となります。

10月13日のプレスリリースによれば、同社はArdoino氏の決定を発表し、彼が広範な暗号資産エコシステムに対して果たしてきた貢献と、彼のビジョナリーなリーダーシップを引き合いに出しています。

また、Tetherによれば、この移行は同社がリーディングステーブルコインプロバイダーとしての地位を保ちながら、グローバルファイナンスにおける新しいフロンティアを押し進める戦略の一環とのことです。

USDTは830億ドル以上の時価総額を持っており、その成功の一部はAntonio氏のビジョンに帰せられると、会社は述べています。しかし、シーンに登場した新参者たちが、USDTの市場シェアを一部取る計画を明らかにしています。

一方で、Van der Velde氏は、新しいリーダーシップチームがビジネスを多様化する中で、経験と専門知識の面で全面的なサポートを提供するため、同社内でアドバイザーの役割に移行します。彼はまた、BitfinexのCEOとしての地位を保持することになります。

相乗効果を発揮する2人の経営者


両方の、退任するCEOと新しいCEOは、拡張と新興市場への進出へのコミットメントを繰り返し、発表に楽観的な見方を表現しています。

そして、Jean-Louis van der Velde氏は、Ardoino氏が会社を新しい時代に導くのに適していると述べています。

“私はTetherが急速な成長を続ける位置にあり、新興市場と変革的な技術に引き続き焦点を当てると信じています。私は、私たちがPaolo氏のリーダーシップを熱望していると言うとき、会社全体を代弁していると思います。彼がTetherを、金融に境界がない未来に導くことを。”

Ardoino氏は、彼のこれまでの成長を強調しながら、チームをデジタルアセットファイナンスの再構築に導く計画とともに、会社に感謝の意を表しました。

彼は次のように付け加えました。「私たちのコミュニティと共に、私たちは自由への障壁を取り払う未来を築くことができます。私たちは透明性、セキュリティに対してコミットし続けており、デジタルアセットをグローバルな金融エコシステム、そしてそれを超えてシームレスに統合するための不止まる力となることを目指しています。」

Tetherは新たなフロンティアに目を向ける


会社は、peer-to-peerのコミュニケーション、ビットコイン(BTC)マイニング、再生可能エネルギー、およびデータストレージへと展開することを計画しています。

「この戦略的な移行は、Tetherの長期戦略とシームレスに整合するように慎重に計画されています。それは、膨大なリソースを背にし、新しい領域への拡大を目指しているTetherの地位を、暗号業界における主要なリーダーとして再確認します。この移行はまた、Tetherが暗号業界の将来の成長と革新の強力な協力者であり続けるというコミットメントを強調しています。」

先月、TetherがNorthern Data Group、ドイツベースのデジタルアセットマイナーに投資したと報じられました。これは、人工知能(AI)、データソリューション、およびpeer-to-peerのコミュニケーションをサポートするものでした。