米財務省、マネーロンダリング対策で仮想通貨ミキサーを標的に

adobestock-vladimir-kazak

画像引用先:AdobeStock/Vladimir Kazakov

バイデン政権は、暗号通貨の「ミキサー」を主要なマネーロンダリングのハブと指定しました。

木曜日の通知で、アメリカ合衆国財務省金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)は、暗号通貨ミキサーに関連する取引について、国内の金融機関および機関に「特定の記録保持および報告要件」の実施を求める提案を行いました。

委員会は、「CVCミキサーによって処理されたCVC(換金可能なバーチャル通貨)取引の割合が、おそらく不正なソースからのものが増加している」と評価しました。

米国財務省のこの提案は、通常外国の銀行や管轄区域に対して使用される法律を利用し、暗号通貨エコシステムの将来を形作るための広範な努力の一環です。

この提案は、特に10月7日のハマスによるイスラエルへの攻撃を受けて、暗号通貨が過激派グループの資金調達に果たしている役割に関して、キャピトル・ヒルからの圧力が高まっていることに影響されています。

「今日の行動は、国家に関連するサイバー主体、サイバー犯罪者、およびテロリストグループを含む、幅広い違法な行為者による換金可能なバーチャル通貨の混合の悪用と闘うための財務省のコミットメントを強調しています」とウォーリー・アディエモ財務次官は述べています。

提案された規制は、潜在的な採用前に90日間の公開コメント期間を経る予定です。

また、この提案は対象となるエンティティが是正措置を講じることを可能にし、それによって制裁からの解放につながる可能性があります。

財務省は、過去にいくつかの対象が彼らの実践を改革し、マネーロンダリングリスクを軽減するための重要な措置を実施したことを指摘。特別な措置を実施する最終規則を追求しないという決定につながったと述べています。

なお、ミキサーは、比較的匿名の交換を容易にする暗号通貨プラットフォームです。

これらのプラットフォームは、近月において規制当局の厳しい監視を受けており、米国の規制当局は制裁を科し、その創設者たちを起訴しています。

金融機関はミキサーに関する情報収集を義務化


提案されたルールにより、米国の金融機関と機関は、個人および取引の詳細を含む、国際的なミキサートランザクションに関連する特定の情報を識別、収集、報告することが求められます。

ミキサーを主要なマネーロンダリングの懸念事項として公式に分類することは、米国市場からのターゲットの切断能力を含む、広範な制裁権限を財務省に付与する可能性があります。

財務省は、2001年9月11日の同時多発テロ後に創設された、しばしば “死を告げる制裁 “と呼ばれる、めったに使われない権限を活用することを提案。

これらの権限により、国家安全保障上の脅威と見なされる外国の銀行やその他の金融機関を閉鎖することが可能になります。

ミキサーは暗号通貨市場の一部分に過ぎないものの、提案された規制は他の暗号通貨プラットフォームに警告を送っています。

財務省の職員は、国際的な交換可能な仮想通貨のミキシング活動に関連する深刻なマネーロンダリングおよび国家安全保障上のリスクを強調することによって、彼らの行動を正当化しました。

このドメインにおける透明性を高めることは、不正な行為者が米国およびグローバルな金融システムにアクセスすることを拒否するために不可欠です、と財務省は述べています。

専門家たちは、FinCENの提案が、テロ資金調達およびマネーロンダリングに関連することによって特定の暗号通貨活動に冷ややかな影響を与える可能性があると示唆しています。

しかしながら、これはミキサーに対して最近米国当局によって採られた行動を考えると驚くにはあたりません。

近年、米国財務省および司法省は、匿名サービスを提供する暗号通貨プラットフォームや、悪意のある行為者が自分たちの作戦に資金提供することを可能にする、弱いコンプライアンスシステムを持つプラットフォームをターゲットにすることを優先しています。

いくつかの暗号通貨プラットフォームが、マネーロンダリングを容易にするための制裁と起訴に直面しています。