Sam Bankman-Fried氏の未公開ツイート、彼のメンタルヘルスへの洞察を提供

Yamada
| 2 min read

Sam Bankman-Fried氏の未公開ツイート

FTX創設者Sam Bankman-Fried氏の一連の未公開ツイートから、彼のメンタルヘルスと処方薬に関する洞察が明らかになりました。

CoinDeskが入手した未投稿のツイートは、同氏が少なくとも12月以来、軽度のうつ病や快楽を感じられない無快感症など、精神的健康上の悩みについて話し合っていたことを示しています。

Bankman-Fried氏は昨年、詐欺と共謀罪で逮捕される前に「物事はスペクトラムだ」と書いていました。

“おそらく、私は大きなうつ病性障害ではありません。しかし、気分変調症(軽度の長期うつ病の一種)と快感消失症(快感を感じられなくなること)の検査結果は概ね陽性です。私の最低血圧は異常に低いわけではありません。 でも、普段はハイになることはないのです。”

先週、ニューヨーク・タイムズ紙は、ソーシャルメディアのパーソナリティーでありBankman-Fried氏の腹心のTiffany Fong氏が漏洩した、ツイートの下書き250ページのハイライトを掲載しました。

Bankman-Fried氏のツイートによると、彼が自分の精神的健康上の問題に初めて気づいたのは高校時代。幸福感の欠如とその概念を理解できないことを説明していました。

彼は過去10年間、精神的な健康を管理する助けとして抗うつ薬EmSamを処方されていたことが明らかに。

司法省の弁護士によると、彼はEmSamの支持者であり、会社のコーチとして精神科医を雇い、彼はFTXの従業員に処方箋を惜しみなく交付していたとされています。

また、ブルックリンのメトロポリタン拘置センターに拘留されている間、Bankman-Fried氏の弁護士は、彼が処方薬へのアクセスに関する懸念を表明し、彼がAdderallを受け取っていないと主張し、EmSamが切れることを心配していたといいます。

加えて、彼のビーガンの食事制限は考慮されておらず、主にパン、水、ピーナッツバターからなる限られた食事になりました。

Bankman-Fried氏の未公開ツイートには、物質的な所有物からの無関心と、それが自分に幸福をもたらすという信念の欠如が描かれています。

「私は決して派手なものには興味がありませんでした。 それは利己的だからだと思いたいのですが、正直なところ、どうせ派手なものは私を幸せにしないからです。 何も起こらないからだ」と彼は記載していました。

同氏はまた、未公開ツイートで起こったことについて反省の意を表明し、FTXの顧客に価値を提供することを約束しました。

司法省、SBFが精神疾患の防御を示さないように試みる


司法省は、期限までに適切な通知がなかったとして、Bankman-Fried氏の弁護士が精神疾患の弁護人を出してくるのを阻止しようとしています。

同庁は先月、効果的な利他主義に関する質問は不必要であるだけでなく、被告が世界を改善するために富を蓄えていると示唆する、弁護側の物語を形成する試みでもあると主張。

彼らはまた、Bankman-Fried氏のADHDと関連する投薬に関する質問は無関係かつ不利益なものとみなし、裁判所が課した期限内に精神疾患や状態弁護についての通知が提供されなかったことを強調しました。

同氏と司法省はいずれも、陪審員候補の中にこの事件、特に暗号通貨や効果的な利他主義に精通している人がいるかどうかを特定することを目的とした、極めて悲惨な質問を提出しました。

提案された質問の1つは、「仮想通貨業界や金融業界に携わる企業が失敗した場合、責任はその企業の所有者だけだと思いますか?」というものでした。