Uniswapが2023年の分散型取引所をリード、取引量は過去最高に達する

adobestock

画像引用先:Yury, Adobe Stock

主要な分散型取引所(DEX)であるUniswapは、10月に1,000億ドルを超える史上最高の取引高を記録しました。このマイルストーンは、プラットフォームが成長を維持するだけでなく、Coinbaseのような確立された中央集権型取引所をも上回るという大きなトレンドの一部です。

このデータはまた、UniswapがDEX分野内での大きな市場シェアを強調し、セクター全体の取引量に大きく貢献していることを浮き彫りにしています。

Uniswap:DEXセクターの支配的なプレーヤー


Uniswapは、特に10月に、1000億ドルを超える史上最高の取引高を記録することで、新たな高い基準を設定しました。

Uniswapのパフォーマンスは、より広い傾向の一部であり、中央集権的な取引所よりも分散型取引所へのユーザーの好みの高まりを浮き彫りにしています。

2023年第2四半期だけで、UniswapはDEX間の総スポット取引量の66.1%を占めました。このような圧倒的な存在感は、同じ四半期に合計取引量1,890億ドルを記録したDEX市場を引き上げるUniswapの主導的役割を示しています。

Uniswap、中央集権的な大企業Coinbaseを上回る


UniswapとCoinbaseの比較は、変化するダイナミクスをさらに示しています。2023年を通じて、Uniswapのパフォーマンスは確立された中央集権的取引所であるCoinbaseを上回っています。

2023年の第2四半期に、Uniswapは約1100億ドル相当の取引を仲介し、一方でCoinbaseはほぼ900億ドルで後れを取りました。前の四半期でさえも、Uniswapは1,550億ドルでリードし、Coinbaseは1,450億ドルでした。

新機能とコミュニティの反応


取引量以外にも、Uniswapはそのプラットフォームを強化し続けています。間もなく導入されるUniswapの第4バージョンでは、「フック」という機能が導入され、流動性プールのカスタマイズをより大幅に行うことができるように設計されています。また、プロトコルはガスの使用を最適化するために、すべてのプールを単一の契約内に統合しています。

さらに、UniswapはそのウォレットのクローズドベータAndroidバージョンを立ち上げ、オープンソースコードが間もなくリリースされる予定です。

しかし、全てが順調だったわけではありません。Uniswapは最近、スワップ手数料を0.15%に調整し、コミュニティ内で賛否両論を引き起こしました。一部のユーザーは不満を表明し、これがUNIトークンの最近の価格暴落を引き起こす主要な要因と見なされました。

DEXの取引量と普及率が上昇している理由


UniswapのようなDEXが地盤を固め続ける中で、規制当局の監視強化、ユーザーエクスペリエンスの向上、個人資金のコントロールに関する機能など、この変化に貢献しているいくつかの要因があります。

DEX上のユーザーエクスペリエンスも特に改善されており、特に資産のスワップに関してはその傾向が顕著です。クロスチェーン技術の成熟に伴い、これらの分散型プラットフォームはより安全で、透明性があり、ユーザーフレンドリーになっています。そしてもちろん、中央集権的なエンティティの関与なしにトランザクションを行うことができるという特徴は、分散化の精神と響き合っています。

同様に、BinanceやCoinbaseなどのプラットフォームに対してSECが最近取った行動からも明らかなように、CEXに対する規制環境も強化されています。 こうした規制の進展を受けて、DEXの取引量は急増しました。 ユーザーは分散型取引プラットフォームに移行しており、一般に規制措置の影響を受けにくいと考えられています。

DEXの取引量と普及率が増加するもう1つの理由は、イノベーションに重点が置かれていることです。 分散型取引所は、ユーザー中心の機能の中でも特に、より良い価格設定とより低いガス料金の提供に注力しています。 流動性、ユーザーエクスペリエンス、市場の細分化に関する課題に対処することで、DEXはトレーダーや投資家にとってますます魅力的な選択肢になりつつあります。

DEXがCEXに比べて持つ他の大きな利点は、DEXがユーザーに自分の資金に対するコントロールを提供できることです。 ブロックチェーンテクノロジーの基本原則の1つは分散化であり、DEXはこの特性を完全に体現しています。 集中型プラットフォームの保管上の性質とは異なり、ユーザーは第三者に資産を委託することなく資産を管理できます。

つまり、取引量の急増とUniswapのような分散型取引所のユーザー採用は、複数の要因が重なった結果であると考えられます。

集中型取引所が時代遅れになるわけではありませんが、現在の傾向は、DEXの役割がますます重要になっているダイナミックで進化する仮想通貨取引環境を示唆しています。