14 6月 2022 · 0 min read

ウクライナの暗号通貨取引所がFCバルセロナのスリーブスポンサー契約に近いと報じられる

Source: Adobe/charnsitr

 

ウクライナの暗号通貨取引所WhiteBITは、ブロックチェーン技術分野で初めてFC Barcelonaのシャツにその名を刻む可能性があり、袖のスポンサー契約は完了間近と報じられています。

報道されているように、Barcelonaは新シーズン(2022-2023年)に向けてクラブのメインスポンサーになることを望んでいた主要暗号通貨取引所のFTXBinanceからのアプローチを敬遠したと言われています。クラブは、この動きを断った理由として、規制上の懸念を挙げたと報じられています。

BinanceはイタリアのNapoliのメインスポンサーになりましたが、BarcelonaのようなAリスト欧州サッカー界の巨人のシャツスポンサーに飛躍することができた暗号通貨関連企業は存在しません。大手暗号通貨取引所からのシャツスポンサーシップオファーは、イングランドプレミアリーグのLiverpool FCでまだ検討中であることが知られています。Liverpoolの最大のライバルであるManchester Unitedは、tezos(XTZ)とパートナーシップ契約を結んでいます。

しかし、WhiteBITとBarcelonaの契約と同様に、Tezosの契約は小規模なもの(約2430万米ドル相当)で、Red DevilsはTezosブランドの服装でトレーニングを行っています。

Mundo Deportivoは、同紙のクラブ関係者の話として、WhiteBITの契約は早ければ今週中にもまとまるだろうと報じています

同クラブのマッチデージャージには、左袖にスポンサーが付いています。このスペースは以前、電子製品プロバイダーのBekoが占めていましたが、2021年にBekoとカタルーニャのクラブとの間で結ばれた新しい契約では、シャツのスポンサー権が除外されています。

そのため、空いたスペースは 「激しい」「商業活動」の対象になっています。しかし、2022年のユーロビジョン・ソング・コンテストで優勝したウクライナのポップ・アクトが獲得したトロフィーを購入し(その後オークションで売却)、最近話題になったウクライナの取引所は、Barçaに「ここ数日で素晴らしいオファーを出した」といいます。その同じオファーが今、クラブのブランディング部門から「許可を得た」とMundo Deportivoは続けました。

この後、「最高レベルの交渉」が行われるといいますが、両者は「合意に近づいている」と伝えられており、週明けには「確定」する可能性があるといいます。

この報道では、クラブはすでにpolkadot(DOT)プロトコルの運営会社からのアプローチを、「国際的な規制がない」という理由で断っていると付け加えています。OneFootballというサッカーニュースサービスからのライバル提案は、WhiteBITにとって後半の障害となる可能性があり、トルコ航空もオファーを出したと報じられています--ただし後者は、すでに交渉で「後手に回った」そうです。
____
詳しくはこちら: 
- Brazilian Football Powerhouse São Paulo FC Lets Fans Buy Tickets Using Bitcoin, Crypto
- Chelsea Secures First Crypto Shirt Sponsor in USD 24M Deal

- The Rise of Football Fan Tokens: What Are They & Do We Really Need Them?
- Bitso Going All-in on Football Crypto Transfers, Sponsorships in LATM as World Cup Approaches