ウクライナ、ビットコイン&暗号資産の合法化で立場強化、ここが変わる

Tim Alper
| 1 min read
Source: Adobe/fotofabrika

 

ウクライナ大統領Volodymyr Zelenskyyは、暗号資産を法的傘下に置き、国の市場規制当局がこの分野を取り締まることを可能にする新法に署名しました。これにより、ウクライナは暗号通貨への課税を開始することができます。

戦争の勃発前、ウクライナはこの分野を規制することを望んでおり、その国営電力事業者は、暗号資産採掘者がその原子力エネルギー資源によりアクセスできるようにする計画に取り組んでいました。

この法律に関する作業は主にデジタル変革省が行っていましたが、財務省やZelenskyy氏自身も、政策形成機関の設立や、どの政府機関がこの産業を取り締まるかを決定するなど、重要な修正を行うことに熱心であったといいます。

財務省のTelegramチャンネルによると、またデジタル変革省からのリリースによると、この法律では次のようなことが行われる予定です。

  • 外国およびウクライナの暗号資産取引所に対して、国内で合法的に運営する機会を付与する
  • 国内銀行が暗号資産関連企業に口座を提供できるようにする
  • ウクライナ国民に「仮想資産で貯蓄を保護する」能力を付与する
  • 暗号資産とその保有者に法的な承認と権利を提供する

中央銀行であるウクライナ国立銀行は共同規制の役割を果たしますが、国の市場規制機関である国家証券・株式市場委員会が、この分野の規制を担当することになります。

同委員会は、中央銀行と連携して暗号資産関連政策を「策定・実施」するよう指示されています。さらに、さらに、委員会は暗号資産の「流通」の「順序を決定する」ことになります。

そして、他の多くの国々と同様に、規制当局はいわゆる仮想資産サービスプロバイダー(VASP)、つまり金融活動作業部会(FATF)の定義に従った暗号資産取引所やウォレットオペレーターに運営許可証を発行する予定です。そのため、同機関はVASPを監督し、「金融モニタリング」を実施する権限を持つことになります。

各省庁は以前、昨年初めて策定されたこの法律は、政府が暗号資産セクターの成長に照準を合わせていたため、過度に制限的でないことを強調してきました。しかし、プロビジネスの感情はまた、マネーロンダリングのリスクと投資家保護に関する通常の政府の懸念で和らげられました。

財務省はこう書いています。

「これは暗号資産セクターを影から取り除き、ウクライナの仮想資産のための法的市場を立ち上げるためのもう一つの重要なステップです。」

おそらくウクライナの国庫にとって極めて重要なのは、この法律が、国がトレーダー(そしておそらくマイナー)にその利益に対して課税することを可能にする課税の枠組みを作り始めるための道を開くであろうことを、省庁が示したことです。

戦争を背景に、この法律はさらに反響を呼んでいます。ウクライナは紛争中に国際社会から多額の暗号資産寄付を受け、政府は寄付のために多くの暗号資産ウォレットを設置しました。このような法律のタイミングは、これらの資金を使用しようとするZelenskyyの政府にさらなる正当性を与える可能性が高いです。
____
詳しくはこちら:
– 金担保トークンの時価総額が10億米ドルを突破、ウクライナ戦争で金属が輝きを増す
– Elliptic社、ロシアの暗号資産制裁回避者の捜索でブレークスルーを主張

– ウクライナ、寄付が伸び悩む中、FTXで暗号資金調達サイトを立ち上げ
– ロシアには独自の暗号資産インフラを構築するために「必要なすべてのリソース」があると国会議員が主張

– ロシアの侵略に対抗するウクライナのNFTプロジェクトをチェック
– 戦争が始まると、ウクライナ、暗号資産導入指数(Crypto Adoption Index)でロシアを上回る