ウクライナの軍と市民を支援する「NFT戦争博物館」を立ち上げ

A fragment of an NFT bu Serhii Holtvianskyi. Source: metahistory.gallery

 

本日、ウクライナは「NFT博物館」-Meta Historyを開設しました。ロシアから攻撃を受けている自国軍と民間人を支援するための追加資金を調達するためです。NFTの販売は4日後に開始される予定です。

デジタル変換省は同プロジェクトのウェブサイトで、「当時の実際の出来事の記憶を保存し、真実の情報を世界中のデジタルコミュニティーに広め、ウクライナ支援のための寄付を集める」ことを使命としていると述べています。

それによると、これらのNFTは、個人の考察を伴った事実です。

「各NFTの公式は明確でシンプルです。各トークンは、公式ソースからの実際のニュース記事と、ウクライナと海外のアーティストによるイラストです」と同省は述べています。

NFTは時系列で作成され、「アーティストは、主権国家ウクライナの平和な住民が戦争をどう受け止めているかを、その全面的な勃発からウクライナの勝利を祝う瞬間まで描く」と、ウェブサイトは述べています。

NFTは1枚あたり0.15ETH(468米ドル)で販売される予定です。

既報の通り、ウクライナは同国に暗号資産を寄付した人々への話題の「エアドロップ」を中止し、NFTプロジェクトの立ち上げを決定しました。

____

以前報告したように、(暗号資産であれ不換紙幣であれ)寄付を希望する人は、ますます多くの選択肢から選ぶことができます(ただ、詐欺の数も増えているので注意が必要です)。

_____
詳しくはこちら: 
- Ukraine Now Accepts Donations in 14 Cryptoassets 
- How to Responsibly Donate to Ukrainian Causes
___
(Updated at 16:45 UTC with additional details and a tweet.)