英国で「ビットコインを買う」Google検索が826%急増

英国で「ビットコインを買う」

画像引用先:AdobeStock/Nuthawut

英国では「ビットコインを買う」に関するGoogle検索が、1週間で800%以上増加。また、Googleトレンドによると、この四半期だけでも世界中で関心が複数回急増していることがわかります。

先週、世界中でビットコインへの関心が大幅に上昇しましたが、この傾向は英国が顕著に主導していました。 この国では、この短期間でビットコイン購入の検索数が826%増加しました。 これは、コインテレグラフが報じたCryptogambling.tvのデータによるものです。

Cryptogambling.tvの広報担当者は、「英国での『ビットコインを買う』検索の顕著な急増は、仮想通貨の復活と相まって、デジタル資産の世界への伝統的な金融機関の関与の関心の高まりと潜在的な影響を浮き彫りにしている」と述べています。

Googleトレンドのデータによると、今日「ビットコインを買う」の値はさらに100に達しました。これは、特定の期間におけるこの用語の人気のピークとなります。 さらにズームしてみると、先週末から検索数の急増が目立っています。

しかし注目すべきは、これは孤立した出来事ではないということです。 英国では先月だけでもいくつかの重大な急増がありました。 90日の範囲にズームアウトして、より多くのデータをグラフに取り込むと、8月下旬と9月中旬にさらに高いスパイクが見られます。

90日間の英国での「ビットコインを買う」チャート

90日間の英国での「ビットコインを買う」チャート

画像引用先:trends.google.com

ただし、同じ用語の世界的な検索を観察すると、状況は少し異なります。 まず、7日間の範囲に焦点を当てましょう。英国は今日最高値を記録しましたが、世界的には過去2日間で傾向が下降し、今日はわずか29にとどまりました。この期間での、最高人気である100を記録したのは火曜日でした。

30日間にズームアウトすると、状況はかなり「トゲトゲしさ」が少なくなり、この期間全体では比較的安定しています。10月20日と23日は、この期間に世界中の人々が「ビットコインを買う」と最も検索した日で、それぞれ100と99の値を記録。最も低かったのは、興味深いことに10月22日で、値は72でした。

90日間で、世界中の人々がこの検索キーワードに最も関心を示したのは 8 月下旬で、次に英国と同様に9月上旬が続きましたが、9月下旬と10月上旬は、最も関心がありませんでした。

90日間のワールドワイドでの「ビットコインを買う」チャート

画像引用先:trends.google.com

「今ビットコインを買うべきか」の検索数は先週、世界中で急増し、10月25日に最高値に達しました。ズームアウトして昨年全体を観察すると、この急増は2022年11月中旬に示された関心の、3分の1に過ぎません。この最新の増加は、前週と比較して大幅な増加であり、文字通り0から100に跳ね上がったという事実を無視できません。

「ビットコイン」自体は、上記の2つの用語よりもはるかに多く検索されています。 今週の「ビットコイン」の検索数は、7日間と30日間の両方で最高でした。

過去90日間で、今週の「ビットコイン」の検索数は8月中旬に次いで2番目に多く、12 か月間では2022年11月が最高の座を維持しました。

90日間のワールドワイドでの「ビットコイン」(青)、「ビットコインを買う」(赤)、「ビットコインを買うべきか」(黄)チャート

90日間のワールドワイドでの「ビットコイン」(青)

画像引用先:trends.google.com

暗号通貨とBTC購入への新たな関心が世界的に急上昇したこの最新の動きは、当然のことながら最新の上昇相場と一致しています。

この記事の執筆時点である金曜日の朝(9:40 UTC)、BTCは34,125ドルで取引されており、1日で1%下落。1週間で15%上昇し、先月はその2倍の30%上昇しました。

また、CoinGeckoによると、先週末に上昇が始まり、水曜日には3万5000ドルをわずかに下回る水準に達しました。

BTCの7日間価格チャート:

BTCの7日間価格チャート

画像引用先:coingecko.com

最近の上昇のもう一つの要因は、ビットコインスポット上場投資信託(ETF)と、それが世界初の仮想通貨に与える潜在的なプラスの影響をめぐる議論が続いていることです。