英国議会委員会、サッカークラブのファントークンに警告

英国議会委員会

画像引用先:iStock/oversnap

英国下院の文化・メディア・スポーツ委員会は、サッカークラブに対しファントークンの使用に対して警告する報告書を発表しました。

委員会は30ページの報告書で、芸術分野とスポーツ分野の両方で非代替トークン(NFT)によってもたらされる複雑さと課題を調査。

ファントークンは、トークン所有者がアスリートの入場音楽に投票したり、チームのジャージを選択したりできる機能など、スポーツチームや音楽グループのファンにメリットを提供するように設計された暗号通貨です。

しかしながら、報告書はファントークンに対する批判を強調し、ファンとの関わりの約束を果たしていないと述べています。

同委員会は、価格の変動やファングループ間の留保にもかかわらず、クラブがファンとの関わりの適切な形態としてファントークンを宣伝し続ける可能性があることに懸念を表明。

「価格の変動やファングループ間の留保にもかかわらず、クラブが将来ファンエンゲージメントの適切な形としてファントークンを提示する可能性があることを我々は懸念している」と報告書は述べています。

その結果、委員会は今後のフットボールの規制を含め、スポーツへのファンの関与を測定する際には、ファントークンの使用を明示的に除外することを勧告しました。

この報告書はまた、スポーツクラブに関連したNFTについての懸念を提起し、ギャンブルとの類似性を強調。

同委員会は以前、裏付けのない暗号資産の小売取引はギャンブルに類するとみなすべきだと提案していました。

英国は最近、NFTを巡る規制に取り組んでいます。

今週初めには、同国の超党派委員会は政府に対し、著作権侵害と闘うためにNFTマーケットプレイスと協力するよう要求。

委員会は勧告の概要を説明し、その中にはクリエイターを保護する行動規範を確立するという提案も含まれていました。

各国はスポーツ・プラットフォームに対する規制を実施中


国際的には、多くの国がWeb3スポーツ・プラットフォームに対する規制を導入しています。

例えばフランスは、デジタルセキュリティを強化し、NFTや仮想通貨などの新興テクノロジーに対する国の積極的な姿勢を示すことを目的としたSREN法案を導入しています。

この法案は「Sorare法」とも呼ばれ、現在国会で審議中です。

無料カードやNFTを利用したファンタジースポーツゲームで知られるフランス企業Sorareは、昨年に賭博としての分類を避けるため、国立賭博庁(国立賭博局)と合意に達しました。

また、この法案には、NFTおよび暗号通貨技術に基づくゲームに特化した条項が含まれています。

これは、経済的関与や運の要素、潜在的な金銭的利益という3つの重要な要素に基づいて、Web3ゲームを従来のギャンブルと区別しています。