英国議員、違法目的で使用された仮想通貨を押収する法案を提出

英国議員、違法目的

画像引用先:FCA

英国議会は、不正行為に関連する暗号通貨を法執行機関が押収できるようにする法案を可決しました。

これには、投資詐欺、ハッキング、テロ資金調達、マネーロンダリング、および麻薬取引が含まれます。

また、公式ウェブサイトの発表によると、新しい法案である「経済犯罪および企業透明性法」は、サイバー犯罪に関連するデジタル資産を取り締まり、回収するための地元の法執行機関の権限を拡大するとのことです。

違法目的で使用された仮想通貨を押

画像引用先: the UK’s Parliament Bill

経済犯罪と企業の透明性法案は10月25日に可決され、10月26日に正式承認(王室の同意)を獲得しました。

法案の条項の1つは、有罪判決なしに違法活動に関連するデジタル資産を押収することです。さらに、この法律は、テロリズムに資金提供するための暗号通貨の使用を防ぐことを目的としています。

これは、パレスチナの軍事部門であるハマスとの継続中のイスラエル戦争後、アメリカ合衆国が直面している問題です。

過去には、英国の法執行機関はデジタル資産を押収する前に、成功した起訴を待たなければなりませんでした。

しかし、新しい立法は、地元の執行ユニットが暗号回収アクションを処理するためのはるかに迅速な解決策を提供します。

この法案は元々2022年9月に導入されましたが、現在ではテロリズム関連の犯罪を包括し、取引の追跡を支援するために改訂されています。

英国は仮想通貨業界の支援と促進に努めているにもかかわらず、厳格な法律を整備し、仮想通貨犯罪を軽減する取り組みを強化しています。

英国の経済犯罪計画、限界に直面


議会が法律の制定を進める一方、金融行動監視機構(FCA)は新たな規制に違反する仮想通貨企業を規制するという困難に直面しています。

最近、世界的な取引所Binanceは、FCAがRebuildingSocietyを停止したため、英国での新規顧客の登録を停止しなければなりませんでした。

FCAの10月25日の声明によると、仮想通貨企業は最大221回もマーケティング規則に違反したとのことです。

英国の規制当局の最新の発表は、そのプロモーション規則の違反により、10月9日に146のアラートを発行したと報告した後、24時間以内に施行されました。

取引プラットフォームは、提供される資産に関連するリスクについての標準的な情報を提供するのではなく、安全性、セキュリティ、暗号通貨取引の容易さについての主張を続けています。

この最新のルール違反の前に、英国の金融監督当局は10月8日に厳格な金融プロモーションの枠組みを統合し、取引所に対して、住民を引き付けるための偽の取引投資スキームの宣伝を停止するよう要求しました。

新しい規則には、暗号通貨関連の広告はFCAが承認した企業によってのみ宣伝または承認されること、そしてこれは英国に拠点を持たない企業にも適用されることが記載されています。

プロモーションには、資産および取引リスクに関する詳細な情報が含まれていなければならず、紹介ボーナスやミームなどのインセンティブを使用して取引を誘引することはできません。

正確なマーケティング情報をトレーダーに提供しないことには、罰金や潜在的な禁錮刑などのペナルティが含まれます。

さらに、違反者は、Huobi、KuCoin、および他の143の取引所を含む規制当局の警告リストに追加される可能性があります。

FCAが暗号通貨プラットフォームをチェックする手段を欠いている一方で、アプリストア、ソーシャルメディアプラットフォーム、ドメイン名レジストリ、および検索エンジンとの協力が進行中で、禁止されたプラットフォームの運営を停止するための動きがあります。