イギリス政府、NFT著作権侵害への対応を要請 – 最新情報はこちら

adobestock-iakov-kalinin-1

画像引用先:AdobeStock/Iakov Kalinin

イギリスの超党派委員会は、著作権侵害と戦うために、政府に非可換性トークン(NFT)マーケットプレイスと協力するよう呼びかけました。

水曜日に発表された報告書では、創作者を保護する行動規範を確立する提案も含まれています。

著作権侵害は、オリジナルの創作者および所有者から許可を得ずに創作物からNFTが生成されると発生。このようなケースは、イギリスとアメリカの両国で法的紛争を引き起こしています。

文化・メディア・スポーツ委員会の議長であるCaroline Dinenage氏は、アーティストの作品が無許可で使用および宣伝されることに懸念を表明しました。

「アーティストは、自分たちの厳しい作業の成果が許可なく宣伝されるリスクにさらされています。また、投資家にとっては、欺瞞的で誤解を招く広告が既に固有のリスキーなビジネスへの追加のリスクをもたらします」とDinenage氏は述べました。

委員会は、増加しているNFT現象を詳しく調査するため、11月にNFTに関する調査を開始しました。

報告書では、著作権侵害問題に加えて、イギリスのサッカークラブによるトークンのリリースに関する懸念も提起されています。

これらのトークンは、クラブの意思決定に対する投票権、商品へのアクセス、ユニークな経験など、メンバーに独占的な特典を提供します。

委員会は、スポーツベースの暗号資産への投資に関連するファンの潜在的な金融リスクを強調し、これがサポーターやサッカークラブの評判を損なう可能性があると指摘。

「スポーツの世界では、クラブは揺れる暗号資産スキームを宣伝して、忠実なサポーターから追加のお金を引き出しています。これには、実現しない特権と特典の約束が含まれていることが多いです」とDinenage氏は述べました。

さらに、委員会は、NFTを宣伝する関係者に消費者保護の責任を果たすよう促しました。

この説明責任を求める呼びかけは、この新興市場と関わる個人を保護する重要性を強調しています。

イギリスの新しい規制が発効


イギリスの金融行動監視機関(FCA)は新しい規則を実施しました。これにより、暗号通貨関連企業は金融監督機関に登録し、そのマーケティング資料をFCA認定企業により承認してもらう必要があります。

主要な更新点としては、取引所が顧客に対して暗号通貨投資に関連するリスクについての明確な警告を提供することが含まれています。

マーケティング資料は公平で透明であり、誤解を招くことはありません。加えて、新規顧客に対して24時間のクーリングオフ期間が必要です。

FCAはクーリングオフ期間のような技術的に挑戦的な機能の実施期限を2024年1月まで延長しましたが、企業は10月8日から「基本ルール」を順守することが期待されています。

報告によれば、主要な暗号通貨取引所であるCoinbase、Revolut、およびBinanceは、新規制に準拠するために、それぞれのモバイルアプリとウェブアプリを更新しました。

CoinbaseとRevolutは、暗号通貨取引に対する「リスク免責事項」の追加を含む変更について、顧客に電子メールで通知しました。また、ユーザーにモバイルアプリをそれに応じて更新するよう求めました。

一方でBinanceは、イギリスの顧客専用の専用ウェブページを立ち上げました。

取引所は一時的にモバイルアプリを通じた業務を停止しましたが、後に再開し、新規制に準拠していることを英国のユーザーに保証しました。