英国の金融監視機関、仮想通貨マーケティングにおける「よくある」失敗に警告

英国の金融監視機関、仮想通貨マーケテ

画像引用先:FCA

金融行動規制機構(FCA)は、10月8日の新規制の実施後、暗号資産のマーケティングにおいていくつかの反復的な問題を特定しました。

水曜日のブログ投稿で、FCAは安全性とセキュリティに関する誤解を招く主張、リスク警告の不十分さ、製品固有のリスクを強調しないことの3つの主要な問題を強調しました。

FCAによると、新しいルールの導入以来、暗号資産を違法に宣伝している疑いのある企業に対して200件以上の警告を出しています。

“この制度が始まって以来、私たちは221の警告を発行しました。このリストは、暗号資産のプロモーションを違法に通知している可能性のある企業を特定し、私たちと建設的に関わろうとしない企業が見つかるたびに更新されます。”

さらに、当局は、必要な基準に満たない暗号プロモーションを承認した認可された1つの企業に制限を課しました。

FCAは、暗号企業と協力するだけでなく、ソーシャルメディアプラットフォーム、アプリストア、支払いプロバイダーなど、さまざまな第三者と協力して、不正なプロモーションと消費者の被曝を軽減するための対策を講じています。

FCAは、これらのエンティティに公表した警告を見直し、英国の消費者を保護するための積極的な役割を果たすよう求めました。

FCA、暗号資産は依然としてリスクの高い投資であると発言


FCAは、新しい規制にもかかわらず、暗号資産は非常にリスキーな投資のままであり、規制の対象とはなっていないと強調しました。

「何か問題が発生した場合、消費者保護を利用できる可能性は低いため、すべてのお金を失う覚悟が必要です」と規制当局は述べています。

今年初めに実施された新しいFCAのルールでは、暗号企業が金融規制当局に登録し、マーケティング資料をFCAが承認した企業によって承認されるよう要求しています。

主な更新には、取引所が顧客に対して、暗号投資に関連するリスクについての明確な警告を提供することが含まれます。

マーケティング資料は公正で透明であり、誤解を招かないものでなければなりません。さらに、新規顧客に対する24時間のクーリングオフ期間が必要です。

FCAは、クーリングオフ期間など技術的に難しい機能の実装期限を2024年1月まで延長しましたが、企業は10月8日から「基本ルール」を遵守することが期待されています。

また、FCAは遵守しない場合に、英国で事業を行う国内外の取引所に対して、無制限の罰金や最大2年の懲役を含む刑事訴訟が起こされる可能性があると警告しています。

英国は、昨年のいくつかの注目すべき破産に続いて、規制努力を強化している国々の中の1つです。

今年初め、英国はブレグジット後のより広範な金融規制改革の一環として、暗号通貨とステーブルコインを規制するための正式な法律を通過させました。

金融サービスおよび市場法案と呼ばれるこの法律は、規制当局にデジタルアセットセクターのための特別な枠組みを確立する権限を付与し、英国での暗号の「安全な採用」をサポートします。