注目の暗号資産訴訟2件:MetaとCoinbaseが新たな法廷闘争に突入

| 0 min read
Source: AdobeStock / Valeriya Zankovych

 

最近提起された2つの訴訟は、暗号資産業界に影響を与える可能性があります。訴える側は、暗号資産関連の詐欺広告と無認可の証券販売に対抗するためにより決定的な措置を取る気がないとして、それぞれFacebookのオーナーMetaと大手暗号取引所Coinbaseを狙い撃ちします。

最初の訴訟では、オーストラリア競争消費者委員会(ACCC)は、Meta Platforms, Inc.Meta Platforms Ireland Limitedに対して連邦裁判所の手続きを開始し、彼らが運営するソーシャルメディアプラットフォームでオーストラリアの著名な公人を取り上げた詐欺暗号資産関連広告の発行を許可することによって、虚偽、誤解を招く、または詐欺的な行為を行っていると主張しています。

ACCCは、暗号資産への投資や金儲けのスキームを宣伝するFacebook広告が、起業家のDick Smith、テレビ司会者のDavid Koch、オーストラリアのニューサウスウェールズ州の前首相Mike Bairdといった著名なオーストラリア人と関連性があると、プラットフォームのユーザーに誤解を与える可能性があると主張しています。広告に登場する人物は、その広告を承認したこともなければ、支持したこともなかったといいます。

「我々の事件の本質は、Metaがそのプラットフォームで公開するこれらの広告に責任があるということです。」ロッド・シムズ、オーストラリアの監視委員会の議長は、声明の中で、次のように述べました:

「広告主がFacebookのアルゴリズムを用いて、広告内のリンクをクリックして広告のランディングページを訪れる可能性が最も高いユーザーをターゲットにできるようにすることは、Metaのビジネスの重要な部分です。広告からランディングページへのこれらの訪問は、Facebookに大きな収益をもたらします。」

2件目の訴訟では、Coinbaseを対象とした集団訴訟で、取引所が証券を販売するライセンスを持っていないにもかかわらず、顧客に証券を販売したことを非難しています。

このため、米国カリフォルニア州、ニュージャージー州、フロリダ州の住民である3人の原告は、自分たちだけでなく、Coinbase経由でdogecoin(DOGE)および他の78のコインを購入した他のすべての顧客に代わり、500万米ドルを要求しています。

この訴訟の公式サイトには、原告側がCoinbaseが販売されたトークンが事実上証券であることを開示していないと考えているとする裁判資料が掲載されており、以下のように述べられています。

取引所は、「これらの有価証券の登録届出書が有効でないにもかかわらず、また、Coinbaseが証券取引所としてもブローカーディーラーとしても登録を拒否しているにもかかわらず、これらの有価証券を販売している」といいます。

米国ニューヨーク州南部地区に提訴しました。

____

詳しくはこちら: 
Facebook Faces Legal Fight with Australian Billionaire over Crypto Scam Ads
NFTs Coming to Instagram in ‘Several Months’ as Metaverse is ‘Next Chapter of the Internet’ – Zuckerberg

Block, Coinbase Release Positive Q4 Results Amid Growing Market Uncertainty
Brian Armstrong Reveals Behind the Scenes of Coinbase’s Super Bowl Ad

Crypto Entrepreneurs Sue Google, Facebook, Twitter, Have 4 Demands
UK Advertising Watchdog Bans Floki Inu London Ad Campaign

Indian Advertising Watchdog Releases New Guidelines For Crypto Ads
Polish Competition Watchdog Targets Scamcoin, Not All Crypto Ads