Twitter創業者Jack Dorsey氏、新たな分散型「Social Protocol(ソーシャル・プロトコル)」のロードマップを公開

Fredrik Vold
| 1 min read
Jack Dorsey. Source: video screenshot, YouTube, WIRED

Twitterの創設者で前CEOのJack Dorsey氏が率いるBlueskyが、オープンで分散型の「ソーシャルプロトコル」のロードマップと新しいウェブサイトを公開し、プロジェクトの名称を「AT Protocol」に変更したことが明らかになりました。

Jack Dorsey氏がオープンなソーシャルプロトコルを研究・構築するために設立した組織、Blueskyが火曜日にTwitterで公開した新しいウェブサイトにより、AT Protocolは現在、チームが自分たちの仕事についてより詳細を安心して共有できるほど「安定」していることが明らかになりました。

Jack Dorsey氏自身も、Blueskyのツイートをシェアし、新しいプロトコルを「基礎的なもの」と呼んでいます。

Blueskyによると、現在の次のステップはソーシャルアプリのリリースで、現在、準備でき次第通知され、初期のユーザーになりたい人のためのウェイティングリストが公開されているとのことです。さらに、Blueskyのウェブサイトでウェイティングリストに登録すれば、プロトコルのプライベートベータテストに参加できることも本日発表されました。

ATプロトコルは、「Authenticated Transfer Protocol」の略で、ユーザーのソーシャルメディアアカウントを、あるソーシャルメディアプロバイダーから別のソーシャルメディアプロバイダーへ転送することを可能にするプロトコルであることを表しています。

ATプロトコルの現在のバージョンは、今年5月にADXという名前でリリースされた最初の実験的バージョンからのアップデートであり、「X」は「実験」を意味するとBlueskyはツイートで述べています。

Blueskyは、ATプロトコルが従来のソーシャルメディアプラットフォームとは異なる特別なものであることを説明し、ユーザーは使用したいプロバイダーを選択でき、ソーシャルメディアアカウントをあるプロバイダーから別のプロバイダーに簡単に移行できると述べています。

「人のオンライン・アイデンティティは、ユーザーへの説明責任を持たない企業に所有されるべきではありません。ATプロトコルを使えば、データやソーシャルグラフを失うことなく、あるプロバイダーから別のプロバイダーへアカウントを移行することができます」と、チームはツイートに書いています。

Jack Dorsey氏は過去に、Twitterが中央集権的な企業に発展し、ユーザーが自分のコンテンツを所有せず、検閲されたり、プラットフォームが解除されたりする危険性があることに後悔の念を示しています。この感情は、Dorsey氏が2021年11月に正式にTwitterのCEOを辞める前の2019年末にBlueskyが誕生した理由の一部と考えられています。