トルコ、来年までに仮想通貨税の最終決定を計画

来年までに仮想通貨税の最終決定を計画

画像引用先:Pixabay

トルコ政府は、2024年からこれらのデジタル資産に課税する計画を含む、暗号資産に対する規制枠組みを設立する意向です。

この規制措置は、水曜日に発表された政府の2024年度大統領年次計画の一環として登場しました。翻訳された文書は、トルコで憶測の対象となっている暗号通貨に対する政府のアプローチに光を当てています。

“デジタル仮想資産の課税について、これらの資産をトルコ法制度で定義するための調査が完了する予定です。”

トルコは、高インフレに苦しむ国として、8月に暗号投資家が流入しました。KuCoin社の調査によれば、トルコの人口の半数以上がインフレに対する安全策として暗号通貨に頼っています。

規制計画は、公式広報紙の補足号で公表され、長らく放置されていた問題が再び注目を集めています。

トルコの法律は以前、地元通貨であるトルコリラを保護するために暗号通貨の使用を制限していました。一方でこれは、国内の暗号コミュニティから強い挑戦を受け、結果的に草の根活動が政府に効果的なプレッシャーをかけました。

大統領令では、「政策と措置」第400.5項において、仮想通貨関連プロジェクトについて具体的に言及されています。

重要なポイントは、トルコの法的範囲内でデジタル資産の明確な法的定義を確立するという目標を示しているということです。 さらに、2024 年のプログラムでは、仮想通貨交換プラットフォームに対する新しい規制基準を導入するという政府の計画も強調されています。 しかし、差し迫った規制の詳細は依然として不明です。

復活する暗号通貨への注目


暗号通貨に課税し規制するというトルコ政府の動きは、デジタル資産投資家にとってより透明で安全な環境を構築するための前向きな一歩とみなされています。

トルコはこれまでにも、課税に重点を置いて仮想通貨と関連取引所を監督する法案の起草を試みたことがあります。 しかし、この国はこの点で、何の実質的な進展も見せませんでした。

特に、トルコの著名な仮想通貨取引所Thodexが2021年4月に突然業務を停止した後は、政府の監督が必要に。 そして、Thodexの大きな失敗により、40万人を超えるユーザーが総額 20億ドルの預金を失い、トルコ全土に衝撃が走りました。