22 4月 2022 · 0 min read

トロンの創設者ジャスティン・サン氏が「最も分散化されたステーブルコイン」をローンチ、ビットコインはここでも役割を果たす可能性

ジャスティン・サン 出典: Twitter, @justinsuntron

 

トロン(TRX)の創設者であるジャスティン・サンは、"人類史上最も分散化されたステーブルコイン "になるとして、USDDという新しいアルゴリズムによるステーブルコインを発表しています。

サン氏のツイートによると、このプロジェクトは 「ブロックチェーンの世界で最も中央集権的な領域を分散化する試み 」であり、正式名称がDecentralized USDという新しいステーブルコインは、 「ステーブルコイン3.0時代」の幕開けとなるとのことです。

サン氏は、BitTorrentチェーン(BTTC)のクロスチェーン相互運用技術により、トロンに加え、イーサリアム(ETH)BNBチェーンでもステーブルコインを利用できるようになると述べています。

「分散型ステーブルコインUSDDは、保有者を中央当局の恣意的な押し付けから解放し、すべての参入障壁をなくします。ユーザーの資金を自由に凍結・没収できる中央集権的な機関とは異なり、分散型ステーブルコインは私有財産権を効果的に保護します。」と、サン氏は個人サイトに掲載した文の中で書いています。

トロンの創設者はさらに、この新しいステーブルコインが"分散型の適切なアルゴリズム"によって、"市場の変動にかかわらず"ドルペッグを維持することができると約束しました。

サン氏は、新しいステーブルコインを支える資産を特定しませんでしたが、ビットコイン(BTC)がその役割を果たす可能性を示唆し、"ブロックチェーン業界のイニシエーターから集められた100億米ドル相当の流動性の高い資産 "になるとしています。

サン氏によると、新しいステーブルコインは今年5月5日からトロンで発行され、他の2つのブロックチェーンでの発行はそれに続くものであるとのことです。

世界貿易機関(WTO)の外交官としてのキャリアを追求するためにトロンを去ったジャスティン・サンのニュースは、暗号資産のコミュニティの他のメンバーによってすぐに取り上げられ、彼のプロジェクトが"テラを真似している"ように見えますが、より高い利回りであると指摘する人もいました。

テラ(LUNA)は今年3月、同社のステーブルコインUSTの一部をバックアップするためにビットコインを購入する計画であり、長期的には約100億米ドル相当のビットコインを蓄積することを目標としていると述べました。偶然ではないのかもしれませんが、これはジャスティン・サンの新しいステーブルコインの購入計画と同じ額です。

また、このニュースについて、テラの創業者であるドン・クォン氏は「分散型経済は分散型貨幣に値する 。」と述べるとともに、「すべてのブロックチェーンはまもなく分散型(ステーブルコイン)で稼働する 。」と述べています
____
詳しくはこちら: 
- Stablecoins See Growth With Crypto Market Stuck in ‘Bearish Lull’
- Financial Giant BlackRock Becomes 'Strategic Investor' in USDC Issuer Circle

- Terra’s USD 10B Bitcoin Bet May be Both a Curse and a Blessing
- His Excellency Ambassador Justin Sun Is Going to Space in 2022

- Tron's JustLink Said to be a Chainlink 'Copy-Paste'; Tron Mainnet Attacked
- Justin Sun Says Only These People Question Him