Triple-A、従来の金融とブロックチェーン決済の間のギャップを埋めるため、シリーズAで1000万ドルを調達

pexels-karolina-grabowska

画像引用先:Pexels

シンガポールに拠点を置くデジタル通貨決済会社のTriple-Aは、シリーズAの資金調達ラウンドで1000万ドルを調達しました。

TechCrunchの報告によると、このラウンドは、Sequoia India andSoutheast Asiaとして知られていたPeak XVによって主導され、MENA地域に焦点を当てたベンチャー企業であるShorooq Partnersの戦略的サポートを受けました。

また、この資金調達はTriple-Aのシードラウンドから約1年後に行われ、会社がこれまでに調達した総資本を1,400万ドルに引き上げました。

国際決済プラットフォームThunesの立役者であるEric Barbier氏によって設立されたTriple-Aは、従来の金融とブロックチェーンベースの支払いの交差点を革命化することを目指しています。

同社は、ビジネス向けにホワイトラベルソリューションを提供し、暗号通貨の支払いをシームレスに統合し、翌日には自分の銀行口座に法定通貨を受け取ることができるようにしています。

Triple-A、主要地域での事業拡大へ


新たに獲得した資金を使って、Triple-Aは中東、北アメリカ、南アメリカなどの主要地域での事業展開を拡大する予定です。

さらに、同社は暗号通貨ソリューションの範囲を拡大し、暗号通貨の支払いおよび支払い製品をさらに進歩させることを目指しています。

現在、Triple-AはBitcoin、Lightning、Ether、Tether、USD Coinなど、さまざまな暗号通貨をサポート。

そして、Triple-Aの革新的な支払いソリューションは、既に20,000を超えるビジネスがそのサービスを利用するなど、大きな注目を集めています。

主要なクライアントには、iStudioFarfetchCharles and KeithSingapore Red CrossRazerReapなど、数多くの大企業が含まれます。

さらに、KYCプロセスの完了とAPIまたはノーコード統合を通じた統合を含む同社の合理化されたオンボーディングプロセスは、コンプライアンス、規制、ライセンスを求める企業にとって魅力的なオプションとなっています。

Triple-AのCEOであるEric Barbier氏は、ステーブルコインが支払い業界でゲームチェンジャーであると信じています。

ステーブルコインはリアルタイムの決済を提供し、SWIFT送金のような従来の支払い方法に比べてより高速で効率的な代替手段を提供します。

「多くのビジネスはSWIFT送金がクリアされるのを2〜3日待つ余裕がなく、そのスピードと効率のニーズが私にTriple-Aを構築するよう促しました」とBarbier氏は述べています。

“ステーブルコインにより、新興国でさえも、世界中の個人やビジネスがUSD建ての通貨を簡単に所有し、使用することができます。”

Triple-A、世界中の規制当局からライセンスを確保


Triple-Aは、シンガポール金融管理局(MAS)やフランス中央銀行など、世界中の規制当局からライセンスを取得しています。

また、同社はアメリカ合衆国金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)に登録されており、世界的に規制フレームワークを拡大する計画です。

一方、Triple-Aは、B2BinPayCryptoProcessing by CoinsPaidなど、他の暗号通貨決済ソリューションを提供する企業と競合しています。

しかし、同社はコンプライアンスとライセンスを優先し、世界で最も規制されたデジタル通貨の支払い機関としての地位を確立することを目指しています。

「コンプライアンスは私たちにとっての礎であり、世界で最も規制されたデジタル通貨の支払い機関になることを目指しています。これは、コンプライアンスを重視し、それ以外の場合は暗号通貨の支払いを有効にしなかったビジネスを取り込む上で不可欠です」とBarbier氏は述べています。