今日の暗号通貨ニュース:Yield Protocolがサービスを終了、WirexがDeFiとTradFiを接続するアプリチェーンを発表、モントリオール取引所がBTC先物契約を発表

 

adobestock-supamotion-1

画像引用先:AdobeStock/supamotion

DeFiニュース

  • 分散型金融(DeFi)融資プロジェクトのYield Protocolは、プラットフォームにおける固定金利借入の需要不足、米国の現行規制環境、及び欧州と英国の増加する規制要件を理由に、年末までにサービスを終了すると発表しました。発表によれば、借入と貸出は2023年12月シリーズに制限され、3月〜9月の戦略の流動性提供者はこれ以上手数料を得ることはありません。12月29日には、残りのシリーズも満期となり、Yield Protocol上の全ての借入と貸出が終了します。

決済ニュース

  • 暗号決済プラットフォームWirexは、分散アプリケーション(dapps)、非保管ウォレット、および従来の決済インフラとを結ぶZero-Knowledge(ZK)駆動のアプリチェーン、W-Payを発表しました。W-Payはdappsと非保管ウォレットが非保管型暗号デビットカードを発行できるようにします。プレスリリースによれば、「Wirexは、定義済みの限度までカード取引を促進し、dappsと非保管ウォレットを従来の決済レールに統合する一方で、資金へのアクセスを維持することを可能にします」と述べています。

取引所ニュース

  • カナダの大手取引所TMX Groupは、その派生取引プラットフォームがBitcoin(BTC)先物契約を導入すると発表しました。発表によれば、「Montréal Exchange(MX)はデジタル暗号通貨アセットクラスに対する市場の増加する需要を満たすため、Bitcoin Price Index Futuresを立ち上げる」と述べています。この製品はCoinDesk Bitcoin Price Index(XBX)のBTC価値の動きに対する露出を提供し、現金決済の先物契約はアメリカドルで取引および決済され、Montréal Exchangeの完全子会社であるCanadian Derivatives Clearing Corporation(CDCC)で清算されると説明しています。

規制ニュース

  • 欧州委員会は、プレスリリースによれば、EUの経済安全保障のために重要な4つの技術領域でのメンバー国との共同リスク評価を開始しました。十個の重要な技術領域のうち、委員会は技術セキュリティと流出に関連する最も敏感で直接的なリスクが非常に高いと考えられる四つを特定しました:高度な半導体、人工知能(AI)、量子技術、およびバイオテクノロジーです。
  • 国際決済銀行(BIS)は、Deutsche BundesbankDe Nederlandsche Bank欧州中央銀行(ECB)、およびBank of Franceと共に、暗号取引所および公開ブロックチェーンからのオンチェーンおよびオフチェーン取引を追跡するシステムの概念実証(PoC)を開発しました。これはProject Atlasと呼ばれ、「Project Atlasは、暗号資産市場と分散型金融(DeFi)のマクロ経済的関連性を明らかにするデータプラットフォームを作成する」という報告によれば述べられています。

犯罪ニュース

  • アメリカ司法省(DOJ)は、fentanyl、methamphetamine、合成opioidsの製造および配布に関連して、いくつかの中国企業とその従業員を訴追したと発表しました。発表によれば、これらの企業は暗号通貨取引を使用して、身元や資金の位置と移動を隠しました。いくつかの中国国籍を持つ人物が、fentanyl前駆体およびopioids添加物の販売のための支払いを受け入れた16の暗号ウォレットを操作していたとされています。