今日の仮想通貨:Swarmがトークン化された証券のためのEU準拠のKYCソリューションをローンチ、CoinListが米国投資家がクリプトをステークするためのファンドを発表

Yamada
| 2 min read

今日の仮想通貨:Swarmがトークン化された証券のためのEU準拠のKYCソリューションをローンチ、CoinListが米国投資家がクリプトをステークするためのファンドを発表

画像引用先:AdobeStock/Gorodenkoff

規制ニュース

  • 規制されたDeFiプラットフォームSwarmは、オンボーディングのアプリケーションプログラミングインターフェース(API)をローンチしました。これにより、ノウ・ユア・カスタマー(KYC)およびアンチマネーロンダリング(AML)プロバイダーを持っていない機関や企業が、ドイツ法の下で規制に準拠したトークン化された証券と取引をユーザーに提供することが可能となります。プレスリリースによれば、このオンボーディングAPIは、自身のKYCプロバイダーを持っていないパートナーにサービスを提供することを目的としています。一方、KYCプロバイダーを持っているパートナーに対しては、プラットフォームは近くKYC共有APIを提供する予定です。APIは、ユーザーの身元や資金の出所を確認し、これは通常、証券を取引するための株式ブローカーアカウントへのオンボーディングに典型的です、と追加されています。

取引所ニュース

  • CoinListは、米国の認定投資家がデジタル資産をステーキングする戦略を持つファンドへの投資を通じて報酬を得ることができる、業界初のステーキングファンドのファミリーをローンチしたとプレスリリースで述べています。ローンチ時には、Ethereum (ETH) とNear (NEAR) のステーキングをサポートし、将来的にはFlow (FLOW)、Mina (MINA)、Casper (CSPR)、Agoric (BLD)、Threshold (T)、Sui (SUI)、Oasis (ROSE) などの他のデジタル資産のサポートが追加される予定です。このクリプトローンチパッドおよび取引所は、各デジタル資産が同様の資産と共有され、プロトコルの要件に従ってステーキングされ、投資家の報酬は、最初にファンドの利益を購入したネイティブトークンまたはプロトコルのルールに従って発行されると述べています。

ゲーミングニュース

  • 間もなくローンチされるバトルロイヤルシューターゲームStrayShotの開発者であるiBLOXX Studiosは、NBAのLaMelo、Lonzo Ball、およびBig Baller Brandファミリー全体とのコラボレーションを発表しました。ゲームのオープンベータは、トップのNBA選手2人をプレイアブルキャラクター(NFT)としてローンチします。プレスリリースによれば、Web3ゲームプレイはiBLOXX StudiosからのUXデザインと、SKALE Networkのガスフリーで高速なパフォーマンスによって可能になっています。iBLOXX Studiosは、OpenSeaを含むすべての主要なマーケットプレイスで取引可能な独占的なNFTとして、Ball NFTコレクションもリリースする予定です。StrayShotはまた、プレイヤーがゲーム内NFTを購入できるデジタルゲーム資産のマーケットプレイスの構築も進めていると追加されています。

ブロックチェーンニュース

  • Worldcoinの開発者たちが最近、プロジェクトのステートブリッジを更新し、ガスを節約し、誰でもEthereum Virtual Machine(EVM)と互換性のあるチェーンのブリッジを作成できる新しいアーキテクチャを使用するようにしました。ステートブリッジは、OpWorldIDが証明を適切に検証できるように、最新のMerkle rootをOptimismにブリッジするために使用されます。発表によれば、チームは現在、World IDを自分たちの選好するブロックチェーンとアプリケーションに統合するために、許可なしで自分たち自身のステートブリッジを開発し、運営できるようになりました。Worldcoinは、「この強化は、シビル抵抗可能で、人物の証明の原始的なものの新しいアプリケーションを解放する可能性があります」と述べています。
  • 仮想通貨スタートアップのAlchemyは、スマートアカウントをソーシャルログイン、ガスの抽象化、バッチトランザクションなどでアプリに組み込むための完全なツールキットとして説明されているAccount Kitをローンチしました。「アカウント抽象化(ERC-4337)によって駆動されるAccount Kitは、web2のように感じるが、フードの下で完全にweb3である製品を構築することが可能です」とブログ投稿にあります。UXの観点から、エンドユーザーは、メールでのサインアップ、ソーシャルログイン、またはネイティブWeb3ユーザーのためのシードフレーズを含む、おなじみのユーザーエクスペリエンスを期待できます。また、ユーザーが無料でアプリを試すことができ、ETHは必要ありません。さらに、自分のチェックアウトフローをデザインし、バックグラウンドでトランザクションに署名する能力も提供します。
  • シンガポールを拠点とするブロックチェーン分析会社Nansen.aiは、Nansenのエンタープライズ対応ブロックチェーンデータプラットフォームであるQueryを介してアクセス可能なオンチェーンデータのポートフォリオにLayer 1ブロックチェーンNEARを追加したと発表しました。投資家、開発者、コミュニティメンバーには、NEARエコシステム内のブロックチェーンアクティビティ、ユーザービヘイビア、市場動向に対する重要な洞察へのアクセスが提供されます、と発表にあります。Nansen Queryダッシュボードは、ユーザーが投資を最大化するのを助けるためにリアルタイムデータポイントへのプログラムアクセスをユーザーに提供します。「これらの高度な分析へのアクセスを持つことで、ユーザーはブロックチェーンエコシステム内の全体的な成長とイノベーションに貢献する力を持っています」と、会社は付け加えています。