今日の暗号通貨:DCGは2022年末以降に5億7500万ドルの債務を返済、Q3で117件の侵害で7億2000万ドルが盗まれる

DCGは2022年末以降に5億7500万ドルの債務を返済

画像引用先:AdobeStock/zimmytws

投資ニュース

  • The Wall Street Journalの報告によると、金融ベテランのBarry Silbert氏によって設立された暗号通貨企業であるDigital Currency Group(DCG)は、2022年末以来、約5億7500万ドルの債務を返済したと、DCGの第3四半期の株主への手紙で述べられています。同社は、破産した貸付子会社のGenesisにドルとビットコインで約2億2500万ドルを支払ったと述べています。一方で、DCGはまだGenesisに約5000万ドルを支払う必要があります。さらに、DCGは3月に持株会社のEldridgeに3億5000万ドルのローンを返済したと述べています。

セキュリティニュース

  • Web3セキュリティ監査会社Hackenの最新レポートによると、2023年第3四半期のわずか3ヶ月間で117件の大規模な侵害を通じて7億2000万ドルが盗まれ、より厳格なセキュリティ対策の緊急性が強調されています。比較すると、第2四半期には131件のハッキングがあり、盗まれた金額は3億2700万ドルでした。プレスリリースによると、個々の金融的影響が小さいにも関わらず、投資家の取り残される恐怖(FOMO)を利用し、ハイプを悪用する投資詐欺が驚くほど頻繁に発生しています。調査された78件の投資詐欺のうち、監査を受けたと報告したのはわずか12件だけでした。「チームからの迅速な対応は、重要な成否のシナリオとなることがあります。私たちのTrust Armyのデータによると、本物のチームは通常、ハッキングから24時間以内に反応し、適切なコミュニケーションが行われれば、ほとんどの資金が回収される可能性がある」とレポートは述べています。

マイニングニュース

  • ビットコインマイニング会社のCathedra Bitcoin社は、ビットコインマイニングマシン用のアフターマーケットソフトウェア製品CathedraOSのローンチを発表しました。プレスリリースによると、CathedraOSは、エンドユーザー契約の条件に同意するすべてのビットコインマイナーに対して、同社のウェブサイトで無料でダウンロードできます。Cathedra社は、ファームウェアの各エンドユーザーによって生成されるハッシュレートの一部を開発者料として受け取り、これにより同社のcapex(資本支出)およびopex(運用経費)のフリーなハッシュレートの拡張が実現されるとしています。

ギャンブルニュース

  • ギャンブルソフトウェア開発会社のSoftswissによる分析によれば、暗号通貨セグメントは、iGaming業界全体に比べて成長が鈍化しています。2023年の最初の3四半期において、iGaming市場は着実に成長しました。総ベット金額は前年同期比で36.6%増加し、ベットの数はほぼ50%の成長を見せました。2023年の最初の9ヶ月と前年同期での暗号通貨によるベットについては、金銭的な成長として18.7%の増加が見られる一方、暗号通貨によるベットの数は2022年以降66.4%急増しています。トータルベット額の中の暗号通貨のシェアは、わずか4.3ポイント減少し、最終的には28.5%に落ち着いたとレポートは述べています。

取引所ニュース

  • CoinExは、ブロックチェーンセキュリティプロバイダーのSlowMistとの新たな戦略的提携を発表し、プラットフォームのセキュリティインフラと保護を強化します。プレスリリースによると、CoinExとSlowMistは現時点では反マネーロンダリング(AML)に焦点を当てるとのことです。この提携により、CoinExはトレース、資産追跡、知識共有の分野で業界をリードする能力を活用し、セキュリティ対策を強化することができると取引所は述べています。
  • Bitgetは、暗号通貨セクターのトップマーケットメーカーと協力することを目的としたインセンティブプログラムの開始を発表しました。このプログラムは、Bitgetスポットマーケットの流動性に貢献するパートナーに対して、取引手数料のキャッシュバックや毎月の報酬などのインセンティブを提供するとプレスリリースで述べています。取引所は、プログラムの最初の月に参加することを選択したマーケットメーカーに対して、最大0.015%のリベートを提供しており、ティア1のリベートレートの特典を受け取ることになります。Bitgetのマーケットメーカーインセンティブプログラムは、3つのティアに分けられているとのことです。