13 4月 2021 · 0 min read

メディアにとって暗号は「ターンキー・ソリューション」であるとして、TimeがまたBTCを動かす

アメリカの「タイム」誌では、ビットコイン(BTC)とノンファンジブル・トークン(NFT)の導入をテーマにした記事が掲載されていますが、主要メディアの少なくとも1社は、ついに暗号化に取り組むことになったようです。

出典: superrare.co

Time社はGrayscale社と契約を結び、同誌が暗号に関する一連の教育ビデオを作成し、その報酬をBTCで受け取ることになった。

以前のTeslaのように、Timeはその報酬をフィアットに変換することには興味がないと言っています。Grayscale社のCEOであるMichael Sonnenshein氏はTwitterで、「今年の夏に公開される」シリーズでTime社と提携できることに「感激している」と述べています。しかし、同様に重要なこととして、Time社はBTCを自社のバランスシート上に保有することになり、"当社のメディアパートナーシップとしては初めてのこと "だと述べています。

Time社のKeith Grossman社長は、この動きを明らかにする前にも、Yahoo Financeの取材に応じ、暗号空間について饒舌に語っています
タイム社の長期的な目標は、暗号とNFTの提供を出版・メディア業界向けの「ターンキー・エンタープライズ・ソリューション」に発展させることだと述べています。
 

しかし、出版社が新たに見出した暗号化への熱意は、さらに深いものであるようだ。既報のとおり、同社は現在、新しい最高財務責任者(CFO)を募集しており、LinkedInに掲載されている募集要項には、「ビットコインと暗号通貨に精通していること」が望ましい候補者として明記されています。

Time社は、Salesforce社のオーナーでもあるMarc Benioff氏が所有しています。重要なことに、ベニオフ氏の投資部門であるタイム・ベンチャーズは、急成長しているブロックチェーン分析プロバイダーであるChainalysisの投資家の1人です。既報の通り、Time Venturesは先月、この分野への参入を決定し、1億米ドルのシリーズD資金調達ラウンドに参加し、同社の価値を20億米ドルに引き上げました。

グロスマンは、出版業界にはまだためらいがあるかもしれないと認めていますが、Time社は、象徴的な表紙のNFTセットをオークションに出品しました。"その中には、「フィアットは死んだのか?

CEOはこう言った。

"メディア業界の多くの人々は、コレクターズアイテムを超えてこの分野に参入することを非常にためらうと思います。私たちは、この分野のトレンドラインを非常によく理解しています。ですから、私たちの目標は、最初にそこに到達し、速く到達することです。そして、それを他の人にも開放できるようにすることです。”

また、暗号メディアとの親密な関係は、純粋にアメリカだけの現象ではありません。今月初め、Kraytnブロックチェーンプロトコルのガバナンス評議会のメンバーである韓国の主流金融新聞Hanguk Kyungjaeは、印刷版とオンライン版の購読者、およびスマートフォンアプリをダウンロードした読者に暗号トークンを配布すると発表しました。
___
詳しくはこちらをご覧ください: 
-テスラがビットコイン決済の受付を開始 - フィアットへの変換はしないとのこと
-このブルランで変化しているのはビットコイン価格だけではない
-教育を受けるべき時」。モルガン・スタンレー、リッチな顧客にBTCファンドを紹介
-MLBのオークランドA's、フルシーズンのスイートルームをビットコインで販売
-2014年以降、1,000人以上のクライアントがビットコインで支払い - airBaltic
-Bakkt、スターバックスなどと提携したビットコインウォレットを発売