06 10月 2021 · 0 min read

Evergrandeの債務危機とCrypto Tradingへの影響について

免責事項:「Industry Talk」セクションは、暗号業界のプレイヤーによる見識を紹介するものであり、Cryptonews.comの編集内容の一部ではありません。

暗号市場は、非常にボラティリティが高いことで広く知られており、わずかな衝撃でも著名な暗号通貨の価格が高騰したり、暴落したりするほどです。そのため、中国の大手不動産会社の流動性危機に伴う最近の「フラッシュ・クラッシュ」は、多くの人にとって驚きではないはずです。

世界の株式市場は、中国の不動産大手であるEvergrandeが今週初めに重要な試練に直面したとき、すでに破滅的なクライマックスに備えていました。メディアの速報によると、Evergrandeが3,000億米ドル相当の債務不履行に陥る可能性が高く、それが株式市場にも波及して売りが広がっていました。

市場の不確実性の新たなサイクル

世界で最も負債の多い不動産会社である同社は、国内債の3,590万米ドルの利払いに合意したものの、海外債についてはさらに8,350万米ドルの債務を抱えています。同社は、170以上の銀行とさらに121の金融会社に対する債務を支払うための資金が不足しており、世界市場全体に影を落とし、不確実性を前面に押し出しています。

伝統的な株式市場や、暗号通貨などのデジタル資産は、進行中のリスク源の波及効果を感じ始めました。Evergrande社のデフォルトを懸念してアジアの株式市場が急落する一方で、英国ではエネルギー価格が高騰し、エネルギー供給会社が倒産のリスクにさらされました。同時に、ウォール街では、20日(月)にS&P500が1.70%下落し、2021年5月以来の最悪の日となり、自らの下落を経験しました。

エバーグランデの苦境は、北京にとって大きな試練であるとの見方が強まっており、中国独自の「リーマン・ブラザーズ・モーメント」を誘発するのではないかと懸念する声もあります。Evergrande社の危機が同様の波及効果をもたらすという保証はありませんが、世界の市場に衝撃を与えています。

クリプト市場への影響

Evergrandeが再びデフォルトの危機に瀕したことで、暗号通貨の市場価値は1.7兆米ドルまで低下しました。中国の大手不動産会社と暗号市場との間に直接的な関係はありませんが、このニュースがきっかけとなって、ビットコイン、イーサリアム、カルダノ、ソラナなどの著名なコインが急落し、48時間以内に3,500億米ドル以上が失われました。

Coindeskによると、今回のEvergrandeの騒動は、主にTether社の中国の債務を保有していることから、暗号のエコシステム全体に影響を与えています。ビットコインやその他の暗号通貨が短期的な影響に直面しているかもしれませんが、安定したコイン、特にテザー(USDT)について心配する必要があります。テザーの米ドルに対する比率は1対1ですが、テザーはどのようなフィアット・カレンシーにも直接裏付けられておらず、代わりにコマーシャル・ペーパー(多くは中国の企業が発行する短期債務)に裏付けられています。

テザー社のチームは、Evergrande社のコマーシャルペーパーの保有を否定していますが、他の中国企業の同様の発行物を保有していることも否定していません。Evergrande社の現在の状況は、中国の株式市場を覆うより大きな問題の一部に過ぎず、Tether社(USDT)の長期的な安定性を疑問視している。

この危機の問題点は、ビットコインや他のアルトコインが「デジタル・ゴールド」として機能するという主張が今、問われていることです。デジタル・ゴールド」という言葉は、暗号通貨が市場の圧力や高インフレに耐えうる安全資産であることを示唆していますが、現在の市場状況は、暗号通貨がより伝統的な株式に近い挙動を示しています。これは、世界経済の先行きがより不透明になる中で、投資家が手元の現金を増やすために売却を急いでいることを反映しています。

ブロックチェーンを利用して現実世界の資産を担保としてトークン化する

企業が負債を支払うための資金が不足しているため、世界中のいくつかの金融機関や銀行が流動性の問題に直面することは間違いありません。現在進行中のEvergrandeの金融危機は、特に何十億ドルものお金がかかっている場合には、大規模な売り崩しが世界経済のメルトダウンを引き起こす可能性があることをはっきりと示しています。

伝統的な金融市場であろうと、分散型金融(DeFi)であろうと、流動性の必要性は最も重要です。各市場はそれぞれ独立して機能していますが、あるセクターの市場状況が他のセクターに間接的に影響を与えることがあります。ここでブロックチェーン技術が登場し、分散型アプリ(dApps)と現実のユースケースを結びつけることになります。

Centrifugeは、伝統的なエコシステムとブロックチェーンのエコシステムの両方を融合し、実世界の資産の流動性を解き放つ有望なプロジェクトです。このプラットフォームは、請求書、不動産、ロイヤリティなどの実世界の資産(RWA)をDeFiに接続します。2017年末に設立されたCentrifugeは、従来の金融システムの仲介者や非効率性を排除しながら、貸し手と借り手を透明かつ効率的に結びつけます。

Real-World DeFiと名付けられたCentrifugeのアセット・ファイナンス・プロトコルの分散化された性質は、誰もが現実世界の資産をトークン化できることを可能にします。トークン化された資産は、対応する資産担保融資dAppであるTinlakeを介して、融資の担保として提供することができます。

Centrifugeは、実物資産とDeFiの架け橋となることで、中小企業の資金調達コストを削減するとともに、DeFiの投資家には暗号通貨の市況に左右されない安定した利回り収入を提供できる可能性があります。Tinlake上に実物資産プールのオープンマーケットを持つCentrifugeでは、ユーザーは銀行や仲介者を介さずに、スマートコントラクトによって直接かつ自動的に管理された実物資産への融資を受けることができます。

DeFiにおける最初の、最大の、そして最も成功した実世界資産プラットフォームとして、Centrifugeの現在のトータルバリューロック(TVL)は33,424,656米ドルで、Polkadotのエコシステムの中で最も高い数値となっています。また、このプラットフォームは、Maker、Aave、Celoといった主要なDeFiプラットフォームと統合されており、Polkadot上に構築されているため、迅速な取引と低いガス料金を実現しています。

Centrifugeは、中小企業の流動性の問題を解決するだけでなく、投資家にもより安定した利回りを提供することができ、それぞれのステークホルダーに利益をもたらす持続可能な閉ループ経済を実現することができます。