Bankman-Fried氏がAlameda前CEOの辞任を阻止、大物証人の証言が結論づける

bankman-fried-shigaalameda-qianceono-ci-renwo-zu-zhi

Alameda Research社の元CEOであるCaroline Ellison氏は、マンハッタンの連邦裁判所で木曜の午後、元FTX創業者Sam Bankman-Fried氏に対する魅力的な証言の3日間を締めくくりました。

弁護側は主に、FTX社の崩壊において、Bankman-Fried氏以上にEllison氏が責任を負うべきだと描写しようと試みています。証人台での最終日に、Ellison氏は投資家に対してトレーディングファームを「リスクが少ない」と見せるために偽造した、スプレッドシートに関する質問を受けました。しかし、同氏は一貫して、実際に指揮をとっていたのはBankman-Fried氏だったと繰り返し強調しました。

愛の三角関係?


弁護側は、次にEllison氏に対して、Bankman-Fried氏が投資したヘッジファンドModulo Capitalについての意見を尋ねました。このヘッジファンドは、FTX創業者の元恋人Lily Zhang氏によって運営されていました。そして、Ellison氏はModulo Capitalを「競合」と見なしていたと語りました。裁判の後の段階で、Zhang氏が証言する可能性があります。

「あなたの質問が、私がAlamedaとModulo、どちらに1ドルを持っていたいかというものならば、私はAlamedaに持っていたいと思います」とEllison氏は述べました。

「心のどこかで彼らを潰したいという気持ちはなかったのですか?」と次に弁護側が質問。

「ええ、私はそのように感じたことを何度か覚えています」とEllison氏は思い出しながら語りました。

Bankman-Fried氏、彼女の退職を防ぐ


さらに、Ellison氏は以前、Alameda社の財政的な健康をその崩壊に至る数ヶ月間心配しており、「取引は『危機状態』にあった」と発言していました。そして、彼女が辞めたいと決心したとき、Bankman-Fried氏は彼女が会社にとって「あまりにも重要だ」と言って、これを拒否。渋々ながら、Ellison氏はCEOとしての役割を続けました。

「私は彼の意見を信じていましたし、FTX社やAlameda社が崩壊するのは望んでいませんでした」と彼女は述べました。

Alamedaの全社会議


次に、検察官は元Alamedaのソフトウェアエンジニア、Christian Drappi氏を証言台に呼びました。その後、陪審員には2022年11月9日にEllison氏が開催した、取引ファームが破産を申請するわずか2日前の最後の全社会議の録音が再生されました。

「私が知っている限り、FTXは基本的に常にAlamedaにユーザー資金を借りることを許可していたと思います」と、その録音でEllison氏が言っているのが聞こえます。

電話で誰が顧客の資金を不適切に使用する決定をしたのか尋ねられたとき、Ellison氏は「Sam、私はそうだと思う」と応えました。

また、検察官に「私はそうだと思う」と言った理由を尋ねられると、Ellison氏はそれは「声のチック症」だと説明しました。

Drappi氏は、Ellison氏が電話で緊張してクスクス笑い、「沈んで」見えたと共有しました。

Ellison氏は、Bankman-Fried氏に対する訴訟で証言台に立つ3人目の証人であり、彼女は最大110年の懲役刑につながる複数の詐欺罪で有罪を認めています。そして、FTXの共同創設者であるGary Wang氏と並んで、彼女はアメリカ政府からの協力合意の下で証言する2人目の証人です。