テキサス州の男性が、盗まれたNFTについてOpenSeaを提訴、100万米ドル以上の損害賠償を要求

Source: Adobe/zimmytws

 

OpenSeaのユーザーインターフェース(UI)デザインに関する問題で、非可溶性トークン(NFT)を紛失したという米国の男性Timothy McKimmy氏は、NFTマーケットプレイスが問題を認識していたにもかかわらず、「適切な安全対策を適時講じていなかった 」として訴訟を起こしています。

テキサス州の連邦裁判所に提出された訴状の中で、原告は、自分のNFTであるBored Ape #3475が、本人の同意なしに実際の価値の何分の一かで売却されたと主張しています。同氏によると、買い手はETH 0.01(25米ドル)でNFTを取得することに成功し、速やかにETH 99(251,300米ドル)で転売したとのことです。

「被告は、これらのセキュリティ問題に対処し是正するために、そのプラットフォームを停止する代わりに運営を継続した。被告は、ユーザーのNFTとデジタル金庫のセキュリティを危険にさらし、すべての取引の2.5%を途切れることなく徴収し続けた」と訴状にあり、OpenSeaの過失とプラットフォームの安全性を確保しなかったことを非難しています。

Rarity Toolsによると、問題のBored Apeは、10,000点のコレクションのうち、レア度では上位1,400点にランクされるとのことです。同ソースによると、McKimmy's Ape NFTは、カナダの歌手Justin BieberにETH 500 (USD 140m)で売却されたBored Ape #3001よりもかなり希少価値が高いとのことです。

被告は、これらのセキュリティ問題に対処し是正するためにそのプラットフォームを停止する代わりに、運営を継続しました。被告は、ユーザーのNFTとデジタル保管庫のセキュリティを危険にさらし、すべての取引の2.5%を途切れることなく徴収し続けました。

このことを指摘したマッキミーは、「Bored Apeの返還[...]および/または100万米ドルを超える損害賠償」を求めているという。

Cryptonews.comはOpenSeaにコメントを求めました。

既報の通り、1月にはOpenSeaの問題により、一部の日和見主義者が実際の価格よりも安くNFTを購入することができました。Cryptonews.comへの声明の中で、プラットフォームは、ユーザーが自分のNFTのためのリストを作成し、リストをキャンセルせずに別のウォレットにリストされたNFTを転送したときに問題が発生すると詳述しています。

「OpenSeaはユーザーの代わりに出品を取り消すことはできません。代わりに、ユーザーが自分で出品を取り消す必要があります」と、当時OpenSeaは述べていました。

マッキミーのほかにも、多くのユーザーから、保有するブルーチップNFTが無断で売却されたとの報告を受けています。

OpenSeaは、影響を受けたユーザーに750ETH(190万米ドル)の払い戻しを行いました。しかし、この払い戻しは、損失のごく一部をカバーするに過ぎません。

一方、OpenSeaは週末にフィッシング攻撃の被害にも遭いました。同プラットフォームは、影響を受けた個人を絞り込むことに成功しましたが、問題の正確な原因を突き止めることはできていません。

彼らは今日、契約移行ツールが攻撃のベクトルとして除外されたと述べ、「リスティングの移行は安全だ」と付け加えました。

一方、影響を受ける人物は17名に絞られました。 

____

詳しくはこちら:
- Crypto Security in 2022: Prepare for More DeFi Hacks, Exchange Outages, and Noob Mistakes 
- OpenSea Boosts Valuation 9X as This NFT Giant Sets Four Strategic Goals

- NFT Market Cools Down Once Again as Crypto Prices Heat Up
- Removing LooksRare's USD 8.3B in Wash-Trades, OpenSea is Still the Dominant NFT Marketplace

- Gustav Klimt's 'The Kiss' Masterpiece is Selling as 10,000 NFTs
- ETHDenver Hackathon Finalists Aim at These Pain Points Across DeFi, NFTs, DAOs, and Metaverse