TetherのPaolo Ardoino氏、リアルタイムの準備金データ報告の計画を明らかに – 透明性は新たな強気市場を引き起こすか?

TetherのPaolo Ardoino氏、リアルタイムの

画像引用先:Adobe/Jim

世界最大のステーブルコインであるTether(USDT)の発行者であるTether Holdings社が、リザーブデータのリアルタイム更新を提供する計画を発表しました。

Bloombergの最近の報告によると、Tetherの最高技術責任者であり、次期CEOであるPaolo Ardoino氏は、同社が2024年までにリザーブデータをリアルタイムで公開する予定であることを明らかにしました。

しかし、Tetherは後に、この目標を達成するための期限は設定されていないと明確にしました。

現在、Tetherは透明性ページに記載されているように、少なくとも1日1回はリザーブデータを公開および更新しています。

同社はまた、月次のリザーブレポートを公開し、四半期ごとのリザーブレビューを実施しています。

リアルタイム報告への移行は、透明性を高め、Tetherのステーブルコインのバッキングに関する懸念に対処することを目的としています。

Tether社、市場の低迷にもかかわらず成長を続ける


2023年に広範な暗号通貨市場がいくつかの低迷を経験しているにもかかわらず、Tether社は引き続き勢いを増しています。

Tether社の第2四半期のアップデートによると、同社の資産は5.7%増加して865億ドルに達しました。

特筆すべきは、Tether社が10億ドルを超える営業利益を報告し、前の四半期から顕著な30%の増加を記録したことです。

さらに、同社は2022年12月にそのような融資をゼロに減らしたにもかかわらず、2023年を通じてステーブルコインの貸し出し急増を目撃しています。

これは、Tether社のステーブルコインに対する需要の増加と、暗号市場内での貸し出し手段としてのその有用性を示しています。

会計事務所BDOによって行われた第2四半期の証明で、Tether社は850万ドルの超過準備金の増加を明らかにし、合計を33億ドルに増やしました。

また、同社は、マネーマーケットファンドによって保有される米国債への間接的な露出が約720億ドルであること、およびオーバーナイトレポを担保とする米国債を保有していることも公表しました。

ステーブルコイン市場、PayPal社のPYUSDにより混雑が予想される


PayPal社は8月に、間もなく自社のPYUSDステーブルコインを展開すると発表しました。

このドルと連動した資産は、かつてBinance USD (BUSD) ステーブルコインを発行していたブロックチェーンインフラストラクチャー企業のPaxosによって発行されます。

ステーブルコイン市場は現在、Tetherによって圧倒的に支配されており、これはドルと連動したトークンの中で最も大きく、流動性が高いものです。次いでCircle社のUSD Coin (USDC) があります。

一部の人々は、PayPalが世界中に数億のウォレットに及ぶリーチを持っていることを考えると、ステーブルコインのリーダーボードを揺るがす能力があると信じています。

この決済大手は、4億2000万人のユーザーを抱えています。そして、同社のユーザーベースのかなりの部分が低手数料取引にステーブルコインを採用すれば、加盟店もそれに倣い、ステーブルコインの主流採用を推進するでしょう。

しかし、Tetherの共同創設者の一人であるWilliam Quigley氏は、PayPalのステーブルコインが、特にアメリカ合衆国外で顕著な採用を達成することはないと考えています。

彼は最近Cryptonews.comでのインタビューで、「PayPalがステーブルコイン市場で支配的な役割を果たすことは非常に疑わしい、確実に米国外ではない」と述べています。