Terraform Labs、ステーブルコイン脱税の共謀におけるCitadel証券の役割を告発

Terraform Labs、ステーブルコイン脱税の共謀におけるCitadel証券の役割を告発

画像引用先:Yanik Chauvin/Adobe

Terra(LUNA)とTerraUSD(UST)を運営するTerraform Labsは、2022年5月に同社のステーブルコインの崩壊を引き起こしたとして、マーケットメーカーのCitadel Securitiesを“協調的で意図的な努力”で告発した。

10月10日に、Terraform Labsは、ステーブルコインTerraUSD(UST)が1ドルから0.02ドルに価値が下がるまでの間に関連する取引行動に関連する書類をCitadelに提出するよう求めるため、フロリダ南部地区のアメリカ合衆国地方裁判所に訴訟を起こしました。

Do Kwon氏が創設したTerraform Labsは、ディペグはそのアルゴリズムによる欠陥ではなく、「サードパーティの市場参加者」がステーブルコインを空売りしている結果であると主張しています。

会社はその動議で、次のように述べています:

“申動者(Terraform)は、市場が不安定化したのは、特定のサードパーティ市場参加者が協調して意図的な努力をし、USTを1ドルの価格からペグを外れさせるために「ショート」を行ったためであると主張しています。”

Terraformは、このデータが米国証券取引委員会(SEC)による同社と、元CEOであるDo Kwon氏に対する訴訟におけるその防御にとって重要であると信じています。Terraformは、Citadel EntitiesのトップであるKen Griffin氏が、USTのディペグの時点であるいはそれ前後にUSTをショートする意図を持っていたと示唆する証拠を指摘しています。

“それどころか、申し立て人は市場が不安定化したのは、特定の第三者市場参加者が意図的かつ協調してUSTを1ドルの価格からディペグさせるために、空売りした結果であると主張しています。”

Terraform、Citadel Securitiesと2022年5月のUSTディペグとの関係の可能性を発見


さらに、Terraformは、Citadel SecuritiesがUSTの取引に関与していないと公然と否定しているにもかかわらず、Citadel Securitiesと2022年5月のディペグとの間に潜在的な繋がりを示す証拠を得ています。

提出された訴訟文書では、同社はCitadelのCEO、Ken Griffin氏とランチをしたと主張する匿名のトレーダーがフィーチャーされた、Discordのチャットスクリーンショットを参照しています。

引用されたスクリーンショットによれば、このトレーダーはGriffin氏が「Luna USTをSorosのようにする」との意図を持っていたと示唆しています。ここでの「Soros」はおそらく、George Sorosが採用した戦略を指しています。

George Sorosは、ターゲットが価値の上昇または下落を経験するかどうかを推測して、ターゲットをサポートするためまたはその逆を行う高レバレッジの一方的なベットで知られています。

しかし、フロリダ南部地区は、10月10日に提出された訴訟文書に対してまだ反応していません。Terraformは、訴訟文書がSECのケースが中心となっているニューヨーク南部地区に移送されるよう要請しました。これは、SEC対Terraformのケースで裁判を取り仕切っているJed Rakoff判事が動議を監督するためです。

SEC、Terraform Labsおよび創設者に対して数十億ドルの暗号資産証券詐欺訴訟を提起


2月に、SECはTerraform Labsおよびその創設者Do Kwon氏に対して訴訟を起こし、彼らが数十億ドルの暗号資産証券詐欺に関与していたと主張しました。SECの主張は、Terraformがそのアルゴリズム安定コイン、TerraUSD(UST)、およびTerra Luna(LUNA)トークンを通じて未登録の証券を提供していた点を中心に展開しています。2022年のTerraformの失敗は、暗号市場内で400億ドル以上の損失を引き起こしました。

対応として、TerraformはUST安定コインの価格を操作する目的でTerraformと共謀したとSECが非難した、Jump Tradingが使用したウォレットに関する情報を要求するための動議を提出しました。

注目すべきは、4月に韓国の裁判所が、LUNAは韓国の資本市場法の下で証券でないと裁定したことです。しかしながら、Terraform Labsの共同創設者Hyun-seong Shin氏と、会社と関連する9人の個人は、詐欺、背信および横領の容疑で韓国で起訴されました。

詐欺容疑に対する弁護のための証拠を集める試みとして、Terraformの弁護士は、2022年3月から5月の間にショートセラーによって使用されたデジタルウォレットに関する情報にアクセスするために、7月にFTXの破産ケース内で動議を提出。

Terraformは、そのステーブルコインの失敗は空売りによる調整された攻撃の結果であり、おそらくFTXの姉妹会社であるAlameda Researchが関与していた可能性があると主張しています。