3,000万ドルの取引量が殺到したTerra Luna Classicの価格予想

Yamada
| 4 min read

Terra Luna Classicの価格チャート

出典:TradingView

Terra Luna Classic(LUNC)の価格は過去24時間に0.5%下落し、0.00010959ドルへの下落は、仮想通貨市場がほとんど動かない中で生じたものです。

LUNCの現在の価格は、1週間で12%、過去30日間で13.5%下落したことを意味し、年初から24%下落しています。

わずかな希望の光は、24時間の取引量がここ数日3000万ドルを超えて上昇していることで、売りの結果取引が増えたように見えても、ボラティリティの上昇を示唆していることです。

しかし、Terra Luna Classicコミュニティがプラットフォームの実用性を高め、LUNCの価格を押し上げる努力を続けているため、特に市場環境がより良好になる今年の後半には、大幅に回復する可能性があります。

3,000万ドルの取引量が殺到したTerra Luna Classicの価格予想


純粋にテクニカルな読み方をすれば、LUNCの指標が今どれだけ売られすぎているかを考えると、そう遠くない将来に回復すると思われます。

Terra Luna Classicの価格チャート

出典:TradingView

例えば、相対力指数(紫色)は30近くまで落ち込んでおり、この水準を大幅に下回ると通常、リバウンドのサインとなります。

LUNCの30日移動平均線(黄色)も200日(青色)を大きく下回っており、実際の価格も両平均線を下回っています。

これは通常、上方修正の可能性を示唆するものだが、LUNCの取引量が3600万ドル以上とわずかに増加していることから、その推測が強まったと考えられます。

しかし、3600万ドルは、ここ数週間のLUNCの平均値よりは若干高いとはいえ、取引量としてはかなり低いです。

その上、LUNCはサポートレベルを下落し続け、ほぼ1年中落ち続けているという事実は、末期の衰退を描き出しているのです。

したがって、LUNCが今後数日のうちに現在の0.00010959ドルから0.00009ドル、あるいはそれ以下に下落してもあまり不思議はないでしょう。

一方、LUNCが中長期的に徐々に回復していくというTerra Luna Classicコミュニティの考えを受け入れると、このコインは劇的に割安になるのです。

つまり、今のLUNCが安く、買い時なのです。

また、公平を期すために、このコインの開発者と検証者のコミュニティは、コインの成長を助けるための提案を出し続けており、最近では、USTCの再ペグ化計画を推進する提案も出てきています。

言うまでもなく、USTCを1ドルに再ペッグすることは、LUNCの価格に大きなプラス効果をもたらし、このアルトコインの供給はシスターステーブルコインに直接リンクしています。

その他、最近提出されたレイヤー1タスクフォースの提案は、LUNCのネットワーク開発における彼らの仕事に対する資金を増やす一方で、Cosmosとの相互運用性の向上など、多くの有用な技術的変更を導入するものです。

LUNCが「死に」コインにならないためには、このようなTerra Luna Classicの開発作業が必要です。また、定期的なLUNCの燃焼も続いており、Binanceでは3月中に合計16億LUNCを燃焼していることは心強いです。

このような焼失により、LUNCの燃焼総量は531億となり、LUNCの供給量の0.9%に相当します。

これは、LUNCの価格が大幅に回復するために必要なTerra Luna Classicの消費量のほんの一部に過ぎませんが、重要なスタートとなります。

また、USTCの再ペグ計画が受け入れられると仮定すると、LUNCの大規模な燃焼により、その後の数ヶ月で価格が小数点以下1~2桁下がる可能性があります。

Terra Luna Classicを購入する

高いポテンシャルを持つ仮想通貨


Terra Luna Classicのコミュニティでは、いまだに内乱が続いており、エコシステムとLUNCの価格を向上させるための真剣な計画が実現しない可能性もあるのです。

このため、トレーダーによっては、(間違いなく)より可能性のある新しいアルトコインが気になるでしょう。ここ数週間、初期投資家に平均以上の利益を約束するプレセールトークンが数多く登場しています。

その一つが、Web3分野でリモートワークのためのイーサリアムベースの分散型マーケットプレイスDeeLanceです。

DLANCEトークンのプレセールを開始してから1ヶ月足らずで、DeeLanceは現在450,000ドルを超える資金を調達しています。

今年後半にプラットフォームを立ち上げる予定のDeeLanceは、既存のリモートワーク向けサイト(例:Upwork)と差別化するために、いくつかのユニークな機能を持っています。

興味深いのは、完成した作品の所有権を主張し、譲渡するためにNFTを使用することです。

この機能により、フリーランスの方々は、自分の作品が取引可能な商品となることで、安定した副収入を得ることができるようになるかもしれません。

DeeLanceは、独自のメタバースも立ち上げ、そこでフリーランスや企業はバーチャルオフィスを立ち上げ、オンラインミーティングを行うことができるようになり、その過程で、より効果的にネットワークを構築し、より多くの仕事(またはより多くのフリーランス)を見つけることができるようになります。

DeeLanceのこのような特徴が、トークンの初期投資家を惹きつけたのです。

新規の投資家は、公式サイトにアクセスし、仮想通貨ウォレットを接続した後、USDTまたはETHを使用してDLANCEを購入することで参加できます。

DLANCEトークンは1個当たり現在0.029ドルですが、19日後には0.033ドルに上昇する予定です。
今期末には取引所への上場が予定されており、その際には初期投資家が大きな利益を得るチャンスがあります。

DeeLanceへ行く