`
. 0 min read

Terraの創業者Do Kwon氏がモンテネグロの裁判所で保釈条件を不服として訴えられた

モンテネグロで逮捕されるDo Kwon氏

モンテネグロで逮捕されたDo Kwon氏。 出典:a video screenshot, Inside Edition / YouTube

モンテネグロの検察当局は、Terra/LUNAの共同設立者であるDo Kwon氏と最高財務責任者のHan Chang-Joon氏の保釈条件について不服を申し立てました。

同国の首都ポドゴリツァにある国家検察庁は、5月12日に裁判所がKwon氏とHan氏にそれぞれ40万ユーロ(約43万6000円)の保釈を認めた決定に対して、公式に控訴を行った

また、二人は身柄を拘束されることなく、自宅軟禁となりました。彼らは、定期的に裁判所の呼び出しに応答することが要求されます。

「本件はポドゴリツァの高等裁判所に送られ、控訴の判断が下された。」とプレスリリースされています。

手続きの結果については、入手でき次第、一般の方々にお知らせするとしています。

本稿執筆時点では、控訴後にポドゴリツァの裁判所からの関連した発表はありません。

Kwon氏とHan氏は先月、ベルギーとコスタリカの偽パスポートを使用した疑いで、モンテネグロの検察当局から偽造罪で告発された。偽造書類の使用は5年以下の懲役に処される可能性があります。

両者とも無罪を主張しています。

三大陸で手配中

Kwon氏、Han氏、そしてTerraform Labs(Terraを開発した会社)の他の幹部たちに鉄槌を下すのは、モンテネグロだけではありません。韓国、シンガポール、米国の裁判所も同様に彼らを追いかけています。

米国証券取引委員会(SEC)は、Kwon氏らを未登録の証券を故意に取引した罪で起訴しました。

韓国の検察も同様の容疑でクォン氏を裁判にかけることを希望しています。

しかし、Terraの弁護団は、SECの告発は根拠がなく、Terraのステーブルコインは「通貨」であり、SECはTerraに対して管轄権がないことを意味すると主張し、SECを攻撃しました。

そこで、弁護団は、告訴の棄却を求める申し立てを行いました。

キャッシュアウトは続く

先週、Kwon氏は「モンテネグロで保釈される前に280万ドル相当の仮想通貨を現金化した」と報道されました。

複数の情報源によると、約7日前にKwon氏のものと思われるウォレットから約50万ドル相当のTether(USDT)が引き出されたとのことです。さらに、Terra Luna Classic(LUNC)コイン約239万枚が、同じくKwonに関連するウォレットから引き出されました。

さらにポドゴリツァの裁判資料には、Kwon氏とHan氏がともに韓国に財産があると主張していることが記されていました。
とはいえ、韓国の検察はKwon氏の資金をすべて犯罪収益とみなしています。しかし、CEOの仮想通貨資金をすべて凍結することはできなかったと主張しました。

ソウルは、モンテネグロ政府を説得し、Kwo氏を詐欺罪で母国に強制送還することを希望しています。

一方、ソウル南部地検は4月下旬、Terraの共同創業者Daniel Shin氏を含む10名を、失敗したTerra/LUNAプロジェクトに関連した資本市場法違反などの容疑で起訴しています。

しかし、Shin氏の弁護士は、クライアントは2020年にTerraform Labsを退社しており、したがって2022年のTerraの大規模事故には関与していないと述べています。