Terra共同創業者のBinance資金が検察の要請により凍結される可能性

Tim Alper
| 1 min read

Binanceと映っているスマホとビットコイン

出典:Koukichi Takahashi/Adobe

韓国当局は、仮想通貨取引所Binanceに対し、Terraform共同創業者Daniel Shin氏の所有する仮想通貨を凍結するよう要請したことを確認しました。

放送局KBSは、検察がBinanceに対して、「Shin氏が所有していると思われる(暗号資産)に関して、凍結措置を要請した 」と報じました。

ソウル南部地方検察庁の関係者は、Shin氏が 「Binanceを含む海外の取引所 」に「多種多様な」コインを送っていたと主張しました。

同関係者は、Shin氏が本当に所有者であることが「確認され次第」資金を「凍結」するよう取引所に要請されたと説明しました。

検察は、コインの隠し場所にはビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)テザー(USDT)の保有が含まれていると主張しています。

BinanceはTerra共同創業者の仮想通貨を凍結するのか?


昨年、仮想通貨取引所であるKuCoinとOKExは、検察からの要請に応じ、Shin氏のTerraform共同設立者であるDo Kwon氏のものと思われるコインを凍結しました。

Binanceは最近、韓国の運営ライセンスを保有する取引プラットフォームGopaxと投資契約を締結しました。

そのため、要請に協力する可能性は十分にあります。

Terraform共同創業者のDaniel Shin氏とは?


Shin氏(本名:Shin Hyun-seong)は、Chai Corporationのペイメントプラットフォームの創設者です。

2020年頃にTerraやKwon氏との関係を断ち切ったと主張しています。

しかし、韓国のメディア関係者や検察は、特に2022年5月のTerra・エコシステム事故の3週間前に行われたインタビューからして、この主張には懐疑的なようです。

インタビューの中でShin氏は、Chai製品は “Terraステーション “で補充や充電ができることを明言しました。

検察当局は、Shin氏の自宅や事務所を複数回にわたって家宅捜索しています。

また、昨年末に失敗したShinの逮捕状の確保も試みていると思われます。

検察は、さらに多くの仮想通貨が「Terra関係者によって」隠されていたと考えており、この件に関する調査を「継続」していると付け加えました。

Kwon氏は先月、モンテネグロでTerra社の同僚職員とともに偽造書類で渡航しようとした疑いで逮捕されました。