台湾、暗号規制を前進させる法律案が国会で初審を通過

暗号規制を前進させる法律案が国会で初審を通過

画像引用先:Pixabay

台湾の議会である立法院は、暗号資産業界を規制する暗号法の初審を可決しました。

台湾は、立法院(台湾の国会)で初審を通過した暗号特別法を提案することで、暗号セクターの規制に向けて重要な一歩を踏み出しました。この法律は、Yung-Chang Chiang氏と他の16人の議員の共著によるもので、台湾で運営されるすべての暗号通貨プラットフォームに許可を取得することを義務付けるものです。

また、これに従わない場合、規制当局から業務停止命令を受ける可能性があります。台湾の金融監督委員会(FSC)は以前、自己監督ルールを形成するために暗号セクターのガイドラインを発表していましたが、これらの措置は法的強制力を欠いていました。

その目的は、暗号ビジネスに対する監督と法的強制力を提供する規制の枠組みを確立することであり、暗号通貨分野における適切な規制を確保するためにこのような法律が必要であることを強調しています。

台湾の立法院議員であるYung-Chang Chiang氏は今月初め、この法律の最初の草案を2023年11月末までに、あるいはさらに早く議会の審査にかける意向を表明。

この新特別法は、自主規制規則に違反した事業者に対して行政処分を科す権限を監督当局に与えるものです。これまでの自主規制ガイドラインにはそのような権限がなかったため、この法律はこの分野における法的強制力の必要性に対処することを目的としています。

特別法を共同提案した立法院のYung-Chang Chiang議員は、次のように述べました。

“私たちは、金融監督委員会も立法院に法案を提出することで、社会のさまざまなセクターがその過程でさらにコンセンサスを固めることができるようになることを望んでいます。”

台湾、オフショア市場の懸念に対処し規制を強化するための暗号法を提案


台湾で提案されている暗号法は、オフショア暗号市場の活動に対する懸念に応えるもので、「規制による裁定取引」を防ぐことを目的としています。そして、 議員らは暗号資産は従来の金融商品とは異なるものであり、特別な規制が必要であると考えています。

台湾の金融監督委員会は9月26日、提案された法律に加えて、仮想通貨分野における投資家保護を強化するためのガイドラインを導入。

これらのガイドラインは、顧客資産から取引所資産を分離すること、デジタル資産の上場と上場廃止を見直すこと、外国の仮想資産サービスプロバイダーに現地の規制当局から必要な承認を取得することを義務付けることなど、業界のさまざまな側面をカバーしています。

また、同じ日に、台湾で運営されている主要な仮想通貨取引所も業界の利益を促進するために協会を設立しました。

ただし、法案の第2回読会の正確なスケジュールは指定されていません。 それでも、台湾の全議員の現在の任期は来年1月に終了するため、実行されるのは2024年1月のみになる可能性があります。

現在、台湾は仮想資産サービスプロバイダーに対しマネーロンダリング防止法の遵守を義務付けていますが、仮想通貨業界は依然としてほとんど規制されておりません。