BTC 1.17%
$65,075.64
ETH 4.84%
$3,568.92
SOL 5.35%
$138.43
BNB 3.88%
$600.92
XRP 4.16%
$0.49
DOGE 3.81%
$0.12
SHIB 4.49%
$0.000018
PEPE 14.52%
$0.000011
WienerAI(WAI)
限定セール中

台湾警察、3億2,000万ドルの仮想通貨マネーロンダリング事件を摘発

Yamada
| 2 min read

台湾警察、3億2,000万ドルの仮想通貨マネ

画像引用先:Pexels

台湾の刑事局の電子捜査チームは、合計で3億2,000万ドル相当のUSDTに関与する大規模な暗号通貨マネーロンダリングのオペレーションを摘発しました。

この犯罪ネットワークは、Qiu氏という名前の商人に率いられ、マレーシア、フィリピン、香港を含む東南アジアの複数の国にまたがっています。

捜査は去年にスタートしました。地元メディアの報道によれば、電子捜査チームがTaishin Securities社に関連する詐欺的なモバイルソフトウェアのケースを発見した後、当局はお金の流れを追って、この精巧な計画の要とされる40歳のQiu氏が仕掛けた詐欺の網に辿り着きました。

台湾は現在、確固たる暗号通貨の規制を導入する過程にあります。

台湾最大の仮想通貨絡みのマネーロンダリング事件


この違法なオペレーションの手口は、巧妙に考案されていました。被害者のお金は、最終的にQiu氏に到達する前に、複数の仮名口座を通して送金されました。一旦彼の手元に資金が渡ると、その資金は暗号通貨に変換され、その起源を効果的に隠蔽し、マネーロンダリングのプロセスを容易にしました。

Qiu氏は、各取引につき1%の手数料を獲得していたとのこと。特に、ギャンブルや詐欺団体への頻繁な海外旅行が、他の犯罪活動への関与についての疑惑をさらに高めました。

証拠が集まるにつれて、検察庁は迅速な行動を取りました。6月13日、Qiu氏が桃園空港から台湾に帰国する際、当局は彼を逮捕しました。

捜査の過程で、警察はQiu氏の携帯電話を押収。これには、決定的なデジタル証拠が含まれていました。

警察はまた、Qiu氏の高級品も押収しました。ここでは、ランボルギーニURUS、レクサスLM、100万元相当の3つのAppleウォッチ、現金21万元、ラップトップ、デビットカード、通帳、そしてコーヒーポッドやKタミンといった薬品が含まれていました。

Qiu氏の仮想通貨ウォレット、320百万USDTを処理していた


Qiu氏の仮想通貨ウォレットは、前年の2月半ば以降、320百万Tether(USDT)にもおよぶ額を処理していました。

これらのトークンは、10.48億元以上の市場価値に換算されます。

Qiu氏は、約7,000万元の市場価値を持つ2,166,177個の不正取得されたTetherコインを処理していたことがわかりました。このマネーロンダリング操作は、電子調査チームによって検出および押収された不正資金の額で新記録を樹立しています。

この事件には、他にも3人の個人が関与していました。25歳の外交官であるLiao氏、30歳のオペレーターであるChen氏、および同じネットワーク内で働いている31歳のHuang氏です。

警察による徹底的な調査の後、これらの個人は詐欺とマネーロンダリングの活動の共犯者として特定されました。