分散型取引所SynFutures、Pantera Capital社主導の2,200万ドル投資を確保 – 暗号通貨の資金調達は復活している?

synfutures

画像引用先:Screenshot from synfutures.com

分散型デリバティブ取引所であるSynFuturesは、シリーズBの資金調達ラウンドを終了し、2200万ドルを調達したことを発表しました。

このラウンドは、暗号通貨投資スペースで重要なプレイヤーであるPantera Capital社によって主導され、Susquehanna International Group(SIG DTI)の子会社であるSIG DT Investments社とHashKey Capital社の参加を得ました。

SynFutures V3


大規模な投資のニュースは、SynFuturesが取引プラットフォームのバージョン3を発表したと同時に発表されました。

更新されたプラットフォームは現在テストネットでロールアウトされており、メインネットのリリースは今年の第4四半期に予定されています。

「ユーザーは現在、テストトークンを発行し、取引を開始し、プラットフォームを探索することができます」とチームはXの投稿で述べています。

その他の点では、アップグレードされたバージョンは、オンチェーンに完全に展開されたOyster自動市場メーカー(AMM)を導入します。

この革新的なAMMは、取引所で使用される従来のオーダーブックとAMMモデルの両方の特徴を組み合わせ、分散型ファイナンス(DeFi)内の流動性と資本効率を向上させます。

Polygonブロックチェーン上に構築されたこのプロトコルは、主要な暗号通貨、ステーブルコイン、および非代替性トークン(NFT)を含む、幅広い取引ペアの許可なしリスティングを容易にします。

このアプローチはまた、二面的な流動性を確保し、ユーザーが取引ペアの単一のトークンで流動性を提供することを可能にします。

Xに投稿されたコメントで、Pantera Capital社は、SynFuturesが更新された分散型取引プラットフォームを導入するにあたって、投資について興奮していると述べました。

その間、SynFuturesのCEOであり共同創設者のRachel Lim氏は、暗号通貨ニュースアウトレットのDecryptに対し、暗号通貨が主流に受け入れられる能力は「DeFiがそのデリバティブエコシステムを再活性化し、強化する能力」に依存すると考えていると述べました。

彼女はまた、SynFutures V3はDeFiが「CeFiおよびTradFiの競合他社の後塵を拝さない」ように設計されており、プラットフォームが主流および機関採用の準備ができていることを確認するためのものだと付け加えました。