不審な活動: FTXハッカーが3,700万ドル相当の22,500ETHを移動 – 何が起きているのか?

ftx-logo

画像引用先:AdobeStock/Rafael Henrique

一連の懸念される取引において、昨年の悪名高いFTXハックの背後にいると信じられているハッカーまたはハッカーグループは、盗まれた暗号通貨を数百万ドル相当動かしています。

過去数日間で、いわゆるFTXハッカーは22,500 Ether (ETH)を転送し、これは今日の為替レートによると約3700万ドル相当です。このレポートは、オンチェーン分析会社LookonchainのX上の投稿によるものです。

トータル額のうち、先日の月曜日に約1,240万ドル相当の7,500ETHが転送されました。

注目すべきことに、これらの動きは、詐欺とマネーロンダリングの容疑で起訴されているFTXの前CEO兼共同創設者であるSam Bankman-Fried氏の迫る裁判と一致しています。

Bankman-Fried氏は、すべての罪状で有罪とされれば、100年以上の刑期を宣告される可能性があるでしょう。

2022年最大規模の暗号通貨強盗の1つ


FTXを狙った2022年のハッキングは、その年における最大のクリプトハッキングの一つで、損失は3億5000万ドルを超えると見積もられています。

Bankman-Fried氏がチャプター11の破産保護を申請し、会社を去った直後に、攻撃者は取引所のウォレットをターゲットにしました。

昨年のチェインアナリシスの報告によれば、流出した資金は元々RenBridgeを通じてエーテリアムからビットコイン(BTC)に変換されていました。RenBridgeは、異なるブロックチェーン間での分散型クロスチェーン転送を可能にするプロトコルです。

内部が関与か?


ハッカーの正体は未だ不明ですが、Bankman-Fried氏は以前のインタビューで、内部関与の可能性、つまり「元従業員」や他の悪意のある行為者が、FTXのクリプトウォレットのプライベートキーにアクセスした可能性があると示唆しています。

この事件は、ハッキングの責任者となる個人やグループを特定することを目指して、米国司法省の調査を引き起こしました。

Bankman-Fried氏の後任であるCEO、John J. Ray III氏は以前、FTXは適切なセキュリティ対策が施されていない状態で、ウォレットのプライベートキーを暗号化せずに保持していたと明らかにしています。